人気ブログランキング |
Top
タグ:着物 ( 30 ) タグの人気記事
記念日
a0068930_1818489.jpg記念日を作るのは、苦手なんだけど・・・。
開業記念には、親子で写真を撮っている。
個人事業開業からだから、今年で9枚目。
窓の下に写っているのは、以前の事務所の看板。私が手書きをし、夫がペイントしたもの。
COX graphic factory
社名が変わっても事務所が移転しても捨てられずに、置いている。私たちの「初心」だ。
夫婦二人で始めたので定収入のない初期はしんどかったけど、夢や目標というものがどれほど心の支えになったか、出せるチカラの源になったかを知った貴重な時期だ。

私たちも、徐々に老けてきているが、娘の成長は写真で見ると楽しい。
娘の着物は、実は私が着ていたもの。
確か、私が12才の時に作ってもらったものだが、最近の子は発育がいい。
開業一周年記念に撮ったときには、まだ2才で夫が抱いていたのに、
あっという間にこんなに大きくなりました。

周りのみんなのおかげで、10年目を迎えることができる。

ありがたいなあ。

大好きな仕事だから、ずっと続けていきます。

by matsuura-hatsumi | 2007-03-04 18:17 | 家族
古布の人形
別にひとつ、ブログを持っていましたが、閉じることにしました。日にちを遡り、書いた記事をこのブログに残そうと思っています。一部ではアップ日の日付が表示されますが2〜3年前に書いたものです。この記事から入られた方、最新記事には下記クリックで飛んでいきます。読んでやってください。
「あ、松浦初実のブログ。」の最新記事へ
※フリーペーパー掲載用の原稿なので他と文体が違います。


b0094438_11394633.jpg 突然ですが、宗教とかに関係なく、こういうお地蔵さんって本当にカワイイと思いませんか?
大きさは、二体一緒に手のひらに乗るくらいです。カラーでないので残念ですが、服は古布の泥大島。真っ赤な縮緬の前かけをしています。
 小学生の頃は、道ばたのお地蔵さんに手を合わせることは、そんなに珍しいことではありませんでした。糸崎町界隈では、4月の終わり頃に「おせったい」と子どもが呼ぶ、お地蔵さん巡りの風習があります。おさがりのお菓子が目当てだった気もします。
 この人形の笑顔を見ていると、そういう、遙か昔の出来事が懐かしく思い出されます。そういえば、5、6年生にもなるとフエルトでマスコットをたくさん作りました。カバンにぶら下げたり、机の上に飾ったり・・・。今、一人娘は小学4年。針と糸に興味津々で、親子でマスコット作りを始めました。私が子どもの頃より何倍も忙しい今の親たち、子ども達。布に触れ、大切に切って縫い留める。私はまるで、親子の絆を確かめ合うように針を動かしています。出来たものが何だかわからなくても忙しい毎日に潤いを与えてくれる、針や糸には不思議なチカラがあるような気がするのです。


2006年の記事ですが古い物の話なのであんまり古さは感じない?かな?
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
by matsuura-hatsumi | 2006-11-08 10:36 | 着物と和生活
黒留袖、誂えました。
別にひとつ、ブログを持っていましたが、閉じることにしました。日にちを遡り、書いた記事をこのブログに残そうと思っています。一部ではアップ日の日付が表示されますが2〜3年前に書いたものです。この記事から入られた方、最新記事には下記クリックで飛んでいきます。読んでやってください。
「あ、松浦初実のブログ。」の最新記事へ
※フリーペーパー掲載用の原稿なので他と文体が違います。


b0094438_1256557.jpgもう誰の、どんな色にも染まらないという、
既婚者の象徴、黒留袖。

40才、ちょうど二回目の成人式というこじつけの元、末妹の結婚を機に、誂えました。
着る機会は近親者の結婚式くらいだからとても少ないでしょうが、やはり黒留袖は欲しい着物です。母が20年来のおつき合いをしている呉服店で買うことに。50あまりのなかから選ぶのだけれど、どうしてもその中の一枚から目が離せません。聞けば、手描き友禅で一点もの。お店の黒留のなかで一番よいものとか。
ダメダメ、普通のでいいからと思えば思うほど気になって…一生に一枚の黒留袖、後悔はしたくないと決心しました。大奮発で、お値段は言えない。夫にも…。

貸衣装に抵抗があったのは、やはり「紋」でしょうか。自分の「紋」がついていないと違和感があります。

迷っていたために出来上がりがギリギリでした。揚羽蝶の紋の入った、私の黒留袖。大切にします。
時々は箪笥から出して眺めることにいたしましょう。

ちなみに次妹の黒留袖はこちら。各々の個性が柄に出ています。



2006年の記事ですが古い物の話なのであんまり古さは感じない?かな?
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
by matsuura-hatsumi | 2006-11-07 10:34 | 着物と和生活
美しいキモノ
a0068930_2347320.jpg涼しくなると「あーキモノ着ようかなー」って思う。着物はルールを外さないタイプ。
なので「美しいキモノ」は大好きだ!
書店で最新号を購入したあと、実家に何冊か残るものも一緒に堪能した。
1992年秋号と一緒にカシャ!
左のイトイ夫人、若い!口紅の赤さが時代を物語っていますね。
by matsuura-hatsumi | 2006-10-14 23:47 |
紋入れ、出来ました。
別にひとつ、ブログを持っていましたが、閉じることにしました。日にちを遡り、書いた記事をこのブログに残そうと思っています。一部ではアップ日の日付が表示されますが2〜3年前に書いたものです。この記事から入られた方、最新記事には下記クリックで飛んでいきます。読んでやってください。
「あ、松浦初実のブログ。」の最新記事へ
※フリーペーパー掲載用の原稿なので他と文体が違います。


b0094438_9432723.jpg紋入れが出来てきました。

紋を入れる方法は、刺繍などもありますが、私は描き紋を希望しました。色もうっすーい緑で。
この、色無地は本当にしっかりしていて「絹は軽い」という何の根拠もない私のイメージを砕きました。着ていてもちょっと重いので、いいのか悪いのか。

17年前に一度、、、友人の披露宴にこの色無地を着て出席しました。銀の袋帯を締め、伊達襟、半襟を思いっきり派手にして。でも、仲居さんに間違えられ、ビールを注文されたといういわく付き。

あと30年は着られるから、考えてみればお得かも。


2006年の記事ですが古い物の話なのであんまり古さは感じない?かな?
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
by matsuura-hatsumi | 2006-06-17 10:30 | 着物と和生活
紗の小紋、出来ました。
別にひとつ、ブログを持っていましたが、閉じることにしました。日にちを遡り、書いた記事をこのブログに残そうと思っています。一部ではアップ日の日付が表示されますが2〜3年前に書いたものです。この記事から入られた方、最新記事には下記クリックで飛んでいきます。読んでやってください。
「あ、松浦初実のブログ。」の最新記事へ
※フリーペーパー掲載用の原稿なので他と文体が違います。


b0094438_128352.jpg紗の小紋が仕立てから返ってきました。これ、化繊です。正絹の絽を買いに行ったのですが予定変更でこれに決めたのです。
私にしては、ちょっとした冒険です。花柄・・・どう考えても、おそらく誰に聞いても、私らしくない。

化繊と言えば「ガシガシ」したイメージを持っていた私ですが、触ってみると大違い。肌触りがよく、指の間をスルスルっとすべる生地にも満足です。そして何より薄紫色が少しさしてあるこの花がなんとも可愛かったのです。

待つこと一ヶ月。最初の予算にくらべれば、随分安く上がりました。帰り際に、目に留まった夏帯をお願いしてしまっては、安く上がったも何もないのですが・・・



2006年の記事ですが古い物の話なのであんまり古さは感じない?かな?
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
by matsuura-hatsumi | 2006-06-13 10:28 | 着物と和生活
対丈(ついたけ)、裄丈(ゆきたけ)足らず、NG.
別にひとつ、ブログを持っていましたが、閉じることにしました。日にちを遡り、書いた記事をこのブログに残そうと思っています。一部ではアップ日の日付が表示されますが2〜3年前に書いたものです。この記事から入られた方、最新記事には下記クリックで飛んでいきます。読んでやってください。
「あ、松浦初実のブログ。」の最新記事へ
※フリーペーパー掲載用の原稿なので他と文体が違います。


私、思いがけず着物に対しては、けっこう真面目なタイプで。
ルールに沿って着るというのが、ルールの中でどれだけ遊べるか、っていうのが、趣味の着物の醍醐味だと信じてやまないのです。

中でもアンティーク着物は大好きで、25才くらいの時に小紋を誂えようとして、「どんなのがお好み?」と聞かれ、「戦時中に都会の人が芋と交換するために田舎に持っていったような着物」と答えて、店員を焦らせました。
それにしても「昔の人は何でそんなにちっちゃいんだ」と、着たいアンティーク着物を見るたびに、心の中で叫びます。現代の仕立てでは余分な布は縫い込んでしまうため、お直しの時には、解いてその分を出すという方法で難しくはないけれど、昔は余り布で、バッグや草履を作ったり、パッチワークのように継いで、布団皮や子どものちゃんちゃんこにしたりと縫い込む余裕はなかったようです。

私の身長は161センチだから、本では前後10センチの身丈ならイケる、と書いてありますが、短い着物は実に着付けにくいのです。
私の一番着付けやすい身丈は4尺3寸5分。だいたい165センチくらいです。
最近の若い子は端折らず対丈(ついたけ・・・着物の丈が着丈と同じ寸法で、おはしょりを取らないこと)でも全然平気、着たいものを着たいの!なんて、よく聞きます。
絶対にその方が着物を楽しめる、と心から思うのです。いろんな考え方があるけれど、私には対丈を着るという冒険は到底考えられず、同じ理由で、裄丈(ゆきたけ・・・首のうしろのグリグリから手首の関節までの丈のこと)足らずも。
アンティーク着物、いくら柄行が素敵でも裄が足らなけりゃ話にならない。

って、どうしても欲しかったアンティーク着物が小さすぎたんです。

ちょっと愚痴ってみました。


2006年の記事ですが古い物の話なのであんまり古さは感じない?かな?
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
by matsuura-hatsumi | 2006-06-05 10:32 | 着物と和生活
おんなの浴衣姿について思うこと
別にひとつ、ブログを持っていましたが、閉じることにしました。日にちを遡り、書いた記事をこのブログに残そうと思っています。一部ではアップ日の日付が表示されますが2〜3年前に書いたものです。この記事から入られた方、最新記事には下記クリックで飛んでいきます。読んでやってください。
「あ、松浦初実のブログ。」の最新記事へ
※フリーペーパー掲載用の原稿なので他と文体が違います。


b0094438_1720840.jpg夏到来!といった天気が続いています。備後地方では、各地で土曜夜市が始まりました。どこの商店街も不況の中、手作りのゲームやストリートミュージシャンの演奏会など、知恵をしぼった催しで毎年にぎわいます。

だけど、だけど、ここ数年の夜店の風景に私は多大なる不満を持っているのです。その原因は、若い女性の出で立ちにあります。2、3年前から浴衣(ゆかた)にヒョウ柄やらハイビスカス柄を見かけるようになりました。
「せっかくの浴衣なんだから、日本情緒を楽しめばいいのにな〜」
なんてちょっと残念に思っていましたが、今にして思えばヒョウ柄やハイビスカス柄なんてまだまだ可愛いもんでしたね。去年の夏は黄色にオレンジ、スカイブルーと、まあ 目の覚めるような原色のオンパレード。驚いたのは、20歳前後の女の子たちがなんとトロピカル柄の甚平を纏っているのです。そう甚平、じんべいさんは小さな子どもかおじいちゃんのものではないのでしょうか。 おまけに袖を肩までまくり上げ脇の下も丸見えなのです。自転車に二人乗りをして通りすぎる彼女らを、あんぐり口を開けて見送った次第です。
そうそう、浴衣の裾を膝上まで切っていた人もいましたね。 その浴衣は多分彼女の母親の物なのでしょう、紺地に可憐な桔梗の花がいくつもちりばめられています。黄色い帯でも文庫に結んで、髪をまとめて飾りを付ければ本当に可愛らしい女の子のできあがりなのに…と、ついつい余計なことまで考えてしまいます。

  私は浴衣が大好きです。夫や娘の浴衣もチクチクと縫いました。だけど普段は穴だらけのジーンズも履くし、迷彩やゼブラのカーゴも持っています。ラメ入りシルバーのアイラインを引いて大きなピアスも付けちゃったりします。
でもそれは洋服の時だけ。浴衣を着るときは出来るだけ浴衣のルールにあわせたいと思っています。

理由は【それが一番かっこいいと思うから】。

それだけです。

浴衣を着るなら夕涼みをイメージしてみたりします。化粧は最小限にして、でもアイラインは黒できちんと。爪も短く切ってエナメルはつけません。背筋はしゃんとのばして。
お気に入りの浴衣は藍にトンボ柄で自分サイズにお誂え。それに合う団扇(うちわ)を探しに尾道まで出かけました。値札の3600円には少々悩みましたが、思い切って買いました。以来10年、その団扇を使っています。下駄は絶対白木の桐芳町。若い頃には渋めのグリーンの塗り下駄や少しかかとの高い草履なども履いてみたけれど、結局は桐の木目が見えて、歩くとカタン、カタン、と二本の歯の音がする昔ながらの物に落ち着きました。こうやってひとつひとつ道具をそろえるのも楽しみのひとつです。

あなたがもし、浴衣を着てみようと思うなら、洋服の時の自分を忘れて浴衣美人を気取ってみてはいかがでしょうか? いつもと違う自分に会えるかもしれませんし、透明のネイルに淡いピンクの唇をして金魚すくいに興じるあなたを見て、彼は二度惚れするかもしれませんよね!


2006年の記事ですが古い物の話なのであんまり古さは感じない?かな?
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
by matsuura-hatsumi | 2006-05-16 14:22 | 着物と和生活
か、からだが、重い。
別にひとつ、ブログを持っていましたが、閉じることにしました。日にちを遡り、書いた記事をこのブログに残そうと思っています。一部ではアップ日の日付が表示されますが2〜3年前に書いたものです。この記事から入られた方、最新記事には下記クリックで飛んでいきます。読んでやってください。
「あ、松浦初実のブログ。」の最新記事へ
※フリーペーパー掲載用の原稿なので他と文体が違います。


b0094438_13354711.jpg最近からだが重い気がします。
気がするのではなくて、重くなっているのです確実に。何をするにも「ヨッコイショ」と声が出るような・・・
第一、自分の着物姿に納得がいかなくなってきました。考えてみると、コツコツと脂肪を貯め始めて、早10年。たまった脂肪はいつのまにか12kgに。

アルバムを見ながら、「あ〜これくらいに戻りたいなぁ〜」と思わずため息が漏れてきます。
もちろん、若さは取り戻せないだろうけど、せめて、キビキビしたおばさんにはなれるでしょう?
で、ダイエットを決意しました。
何回も失敗しているので、ブログで明言しておきます。引っ込みがつかなくなるように・・・

そして、失敗しても笑わないでね。


2006年の記事ですが古い物の話なのであんまり古さは感じない?かな?
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
by matsuura-hatsumi | 2006-05-13 14:25 | 着物と和生活
こどもの日
a0068930_1438817.jpg父の産着です。ランドセル、輪投げ、コマ、毬、張り子の犬・・・お弁当箱。和の柄ではないですが、小さい子どもに着せるための可愛い布ですね。
着物だったものを最近、母が解きました。父は他界しましたので、多分近くに感じておきたいのでしょう、タペストリーに仕立ててくれました。私もひとつもらい、事務所の壁に掛けました。こどもの日らしく、イイ感じです。


広島ブログに参加しています。
by matsuura-hatsumi | 2006-05-05 14:34 | 着物と和生活



(有)松浦デザイン事務所広島県福山市曙町5-4-29
by おはつ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
事務所へようこそ
仕事場にて
日々のできごと
行って来ました
こう思っています
ひと
プロフィール

映画
音楽
法律を勉強中
母として考える
モノと私
美味しいもの
手づくり
家族
好き
着物と和生活
たちまちケータイから
未分類
タグ
(196)
(133)
(72)
(58)
(57)
(40)
(35)
(34)
(32)
(32)
(30)
(28)
(24)
(24)
(21)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
mail:info@cox10.com
http://www.cox10.com
松浦初実 プロフィール
je-pu-pu 無料カウンタ

Facebookは随時更新しています。ぜひ、お立ち寄りください。

ランキングに参加しています。クリックをよろしくね↓広島ブログ
広島関係のブログを集めたブログ紹介サイトです。

--------------------
● 初めまして松浦初実です。
私のことが見えやすい記事を抜き出してみました。
仕事場ははこんな感じ。
「玄関あけたら・・・」
41歳で二人目の母に。
生まれました!
私のイカシた相棒。
新しい彼は・・・
40以降のKIKKAWAが好き。
燃やせ、パッション
いつも気持ちは卓球少女。
シューズさえあれば
ぜひ、ヒロシマに。
明日の神話
今、法律を勉強しています。
「便所の中でも…」
--------------------
最新の記事
風も吹くなり 雲も光るなり
at 2016-06-16 18:16
ポジャギ、始めます。
at 2016-06-14 10:23
2016年3月15日、かさこ..
at 2016-03-22 12:17
ただいま。
at 2016-03-19 14:07
私を作った、いくつかのモノ。
at 2012-04-20 08:38
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 03月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
最新のコメント
片想い様初めまして! ..
by おはつ at 15:11
はじめまして 三原の写..
by 片想い at 23:14
鍵コメ様 長いことブロ..
by matsuura-hatsumi at 16:01
ご無沙汰しております。 ..
by いりこ at 08:27
そうそう、私も幼稚園の頃..
by じゅんちゃん at 12:18
「自己中」という怪物が何..
by じゅんちゃん at 17:37
イイネ! よらんし..
by じゅんちゃん at 10:23
改めましておめでとうござ..
by じゅんちゃん at 21:19
乙女ちっくでいいと思いま..
by じゅんちゃん at 10:27
お姉ちゃん、ご卒業おめで..
by じゅんちゃん at 10:21
検索
画像一覧
ライフログ
映画なら
音楽って
私の10冊
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル