Top
タグ:着物 ( 30 ) タグの人気記事
ふだん着の襦袢、お誂え
a0068930_16141724.jpg出来上がってきた。普段の襦袢。着物がほぼ正絹なので、襦袢も正絹で。着物と襦袢は同素材だと馴染みがよいと聞いたので、そのようにした。汗かきなので「うそつき」(上下二部式に分かれていて、肌襦袢に長襦袢の袖だけ付けた物)の方がいい気もするが、あのシュルシュル感が好きなので・・・。
ケータイは色が出ないなぁ、、これは灰桜色と黒の市松模様。地模様が桜の花びらで可愛い。
今、寒すぎて着物のことが考えられないけど、春になったら着ようと思う。紺色で模様の入った黒い紬があったな。あれにしようかな。いや、黒に水色で細〜い格子の入ったたれもんがあったな。うん、黒字に紅型でちいちゃいカルタを染めたのは?・・・って結局ぜんぶ黒じゃんか!
次にお願いするなら、赤・・・にしようか?濃い濃い赤に芥子の帯なんてどうだろう?

こんな私を応援してほしい。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2010-01-09 16:14 | 着物と和生活
中学校 入学式
a0068930_1034756.jpg
入学式。いよいよ娘は中学生だ。当日は5時起きで仕度にかかる。7時12分の電車に乗らなければならない。
駅のホームでようやく落ち着いて娘の制服姿を眺める。ジャケットがちょっと大きい。スカートも今どきの中高生の標準より少し長め。初々しく可愛いと思うのは親の欲目だろう。娘と二人、電車に揺られながらいろんなことを考える。だんだんと手がかからなくなり、そして、だんだんとひとつひとつの悩み事が大きくなる。
これからいろんな事があるだろう。メゲそうに辛いことも泣きたいほどイヤなことも・・・
どうか、それを乗り越える強さを身につけて欲しい。社会に出ると理不尽な困難が身に降りかかってくることもある。それを突破できる生命力をこの6年間で養って欲しい。
抱きしめる腕を、受け留める胸を、母はいつでも用意している。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-04-08 10:03 | 日々のできごと
黒絵羽
a0068930_1046572.jpgとても近くでは見ることのできない着付け。私も計算では、着付けにかける時間が30分もあったはずだ!
今日に限って息子が目覚めない。時間がずれていく・・・

娘の卒業式には絶対に黒の絵羽織で行く。何年も前からそう決めていた。私の小学校の卒業式に母が黒羽織で来てくれた。その姿が忘れられなかった。母は小柄なので私には裄も丈も何もかも足りず、妹のタンスへと行ったわけだが、持っていなければ手に入れるのだ。
黒絵羽を誂えに行ったときに呉服屋の主人が「需要がゼロに近い」とおっしゃった。需要がゼロに近いから、生産がゼロに近い、というか生産が無い訳で、柄も選ぶ余地がない・・・。
私の希望をまず伝える。「伊勢海老が背中にドンとあるような・・・無い?」「じゃあ鯉でも鶴亀でも岡目火男でも・・・無い。」「花唐草、玉手箱、うう〜ん、歌留多!無い!」「束ね熨斗のデカイのが・・・無いんですね。」
要は小花散らしたみたいな無難な柄しか無いわけだ。考えてみれば伊勢海老を背負うのを望む人間がそんなにいるはずもない、もっともな話だ。
というわけで、せめてと「松」の入った柄に決めた。礼装なので長羽織の丈は無理としてもお尻の隠れる丈にしてもらった。
着物は砂色とクリーム色の間くらいの「蒸栗色」に、ところどころ暈かしの白い水玉と金で羊歯の紋模様が入った小紋。茶席では色無地で通用するということで、背に揚羽蝶の縫い紋を入れてある。帯は残念ながら全然見えないが、金地に風神雷神の袋帯。お気に入り。

足袋を履いたのが10分前、羽織が幸いし、辛うじて間に合った。
もう諦めようか、と途中チラリと思ったがグダグダでも着ていってよかった。
あまり、人のことは気にしないのだが、卒業生の保護者で着物姿はもう一人、ピンクの訪問着に伊達襟プラスして、袋帯を飾り結び。大きな造花をアップした髪にあしらっていて、若い。そして来賓の琴クラブの先生が若草色の付下げを着ておられた。春に萌える草色で素敵だった。

たまにしか着ないとは言え、もう少し練習をしなくてはいけないな。



中学入学式には、もちっとましな着付けをします。
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-03-23 10:44 | 着物と和生活
カラス
a0068930_20563996.jpgカラス下駄、おきにいり。
紬やウールの時に履こうと、5年くらい前に「ひらいや」で購入した。(カラス下駄のページはコチラ)
鼻緒が選べたので、草木染めのものにした。畳の上にいるようで軽くて履き心地がいい。このゲタを履いて歩くとだいたい足下をを誉めてもらえる。ええ、着物でもなく、着手でもなく、下駄を・・・
私は、真っ白い半襟&真っ白い足袋が好きで、余程のことがないかぎり「そこ」は遊ばない。着付けはグダグダだけど、白のキッチリ感が「着物のお約束」って感じがして。
たれもの(“やわらかもの”ともいいますが)の時はコチラの畳表五段重草履を履く。もちろんこちらも軽くて履き心地満点。
けど、性格的にはカラス下駄の方があってるなあと思う。自分で言うか「数寄ごのみ」(笑)。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-03-14 20:56 | 着物と和生活
記念日
a0068930_11493860.jpg
今年もやってきました、記念日。ホントは2月1日なんだけど・・・
去年は息子が生まれたてほやほや2ヶ月で。(2008.2.3)
おととしは、娘が私の子どもの頃の着物を初めて着て。(2007.3.4)
今年はガンバって、私も先日手許に来たてのウールで。
慌ててきたので背中心が左に寄ってしまい、右の襦袢がチラチラとはみ出る始末。落ち着いて着付けないと1日ブルーだ。とは言っても2年ぶりくらいの着物にウキウキしてしまった。
10年前に娘に縫った夏の甚平を息子に着させてみた。
来年は、息子も着物でね。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-03-01 11:47 | 家族
織りウール
a0068930_11481724.jpgああ、写メのたよりなさよ・・・
色が違う!ベースはミルクティ、柄はオレンジ。

違う用事で行った呉服屋で、一目惚れ。ご主人は開口一番「地味ですよ」。確かに80才のおばあちゃんが着てもしっくりくる色だ。でも着たい!
「これはね、織りウールだし品がいいですよ。」とご主人がおっしゃる。
「え????ウールって織りじゃないものもあるんですか???」私が尋ねる。
「こちらが染めウールですよ。」と反物をほどき、生地裏を見せてくれた。私が手にしたものの生地裏を比べてみる。なるほど・・・表から見るとほとんど見分けがつかないが、裏なら一目瞭然。織りウールは織って柄を出している。ということは糸を染めているので裏から見ても柄がきちんと判る。一方、染めウールはその織り柄をプリントしているもの。
私は、プリントで織り柄を表現する技術の高さに感心しながら、その技術を超えた「織りの技」にため息がでた。量産できるのと織りウールに比べ安価だからか、最近はほとんどが染めウールなのだそうだ。染めじゃないと出ない柄行を楽しむという手もある。

小中学生時代は、もっぱらウールのアンサンブル。初釜などもそれで出かけたが、本来はNGのところを子どもだから大目に見てくれていたんだろうな・・・。
そのウールも娘が着るようになり、私も一枚欲しいと思っていたところだったので、即決でお願いした。

春にかけて、娘の卒業・入学と息子の保育所への入所準備でバタバタと過ごしているが、このウール、いつデビューできるのだろう。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-02-17 11:48 | 着物と和生活
華麗なる…
a0068930_1284347.jpg広島県立歴史博物館で開催されていた、「徳川家・姫君の華麗なる世界 -徳川美術館の名品-」に子どもを連れて行ってきた。
24日までだったのと「篤姫」人気で多くの人が来ていた。
感想は、と聞かれたら「ため息の連続です」と答えよう。豪華な調度品が数々並んでいた。
そのほとんどは将軍家に次ぐ格式を誇った尾張徳川家のもので、「奥道具」と呼ばれる姫君ゆかりの婚礼調度品、絵巻や書、楽器、香道具など国宝・重要文化財を含む110点が展示されていた。
一番の目玉は輿入れの時に使用したという籠「牡丹唐草蒔絵乗物」だろう。葵紋をちりばめながらの唐草と牡丹の花にびっしりと覆われた籠だ。お姫様の乗る内装は金箔が貼られ、金襴の座布団が敷かれている。
私は着物が好きなので、打ち掛けや刺繍の施された可愛らしい半襟、ビラ簪なども心に残った。
化粧道具や漆器の蒔絵に見とれ、しばし、その生活を想像するとき、その対局にある底辺で土まみれに働く貧しい農民の姿が頭をよぎった。その農民が血のにじむような苦労をして納めた大切な年貢の上に、自分の暮らしがあることをきっとお姫様はご存じなかっただろう。
あまりの豪華さに穿った見方をしてしまった。
娘は自分のお小遣いで記念にお姫様の絵はがきを買っていた。感想は聞かずにおいた。

それにしても、豪華絢爛とはこういうもののことだ。
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-11-25 12:08 | 行って来ました
福山、鞆の浦
a0068930_17455682.jpg今日は町並ひな祭。
きもの日和の日。
この期間は、鞆の町が賑やかになる。
一般の民家も玄関にお雛様を飾って公開するので
たくさんの人が集まるのだ。

同じ日に鞆を訪れた方のブログをリンク。
写真がたくさんで、ココよりずっと鞆の雰囲気が伝わる。
是非、行ってみて!

プランツビュッフェ  (娘さんと・・・)
尾道てごう座 (レトロ着物の着付け・貸し出しのスタッフさん)
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-03-02 14:30 | 行って来ました
お宮参り
a0068930_1115659.jpg生後100日ちょうど。
お宮参りに出かけ、その後にお食い初めも。
三原から母も来てくれ、総勢7名。
母に祝ってもらった産着をかけて(かけたのはお義母さんだけど)、すくすく育ってくれるよう、祈願。
密かに、私も着物で行こうと計画を練っていたのに、周囲の反対と、お乳の心配と、考えてみれば私が一番バタバタ動くんだったと思い出し、しょんぼりとスーツに・・・。
神社から写真館へ、記念写真を済ませて料理屋へと、忙しい1日だった。

こうやって、ひとつひとつ行事を終えながら、子どもの成長を見守っていくんだなぁと疲れて寝入った息子を眺め、自分もまた、両親に同じようにして育ててもらったことに感謝。
父が生きていたならば、息子の誕生をどんなに喜んでくれただろうと、厳しく、石頭で、融通の利かない、強くて恐い父が、目を細めて息子を見る姿を思い描く。
母はカバンの中に父の写真も忍ばせていた。

たくさんの人の愛情を受けながら、どうか元気に大きく育ってほしい。

わんぱく坊主の片鱗を表してます。

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-01-27 11:29 | 着物と和生活
悪い人
別にひとつ、ブログを持っていましたが、閉じることにしました。日にちを遡り、書いた記事をこのブログに残そうと思っています。一部ではアップ日の日付が表示されますが2〜3年前に書いたものです。この記事から入られた方、最新記事には下記クリックで飛んでいきます。読んでやってください。
「あ、松浦初実のブログ。」の最新記事へ
※フリーペーパー掲載用の原稿なので他と文体が違います。

b0094438_1221112.jpg

悪い人みたいな、着物姿にちょっと憧れて。


2006年の記事ですが古い物の話なのであんまり古さは感じない?かな?
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-03-09 10:46 | 着物と和生活



(有)松浦デザイン事務所広島県福山市曙町5-4-29
by おはつ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
事務所へようこそ
仕事場にて
日々のできごと
行って来ました
こう思っています
ひと
プロフィール

映画
音楽
法律を勉強中
母として考える
モノと私
美味しいもの
手づくり
家族
好き
着物と和生活
たちまちケータイから
未分類
タグ
(196)
(133)
(72)
(58)
(57)
(40)
(35)
(34)
(32)
(32)
(30)
(28)
(24)
(24)
(21)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
mail:info@cox10.com
http://www.cox10.com
松浦初実 プロフィール
je-pu-pu 無料カウンタ

Facebookは随時更新しています。ぜひ、お立ち寄りください。

ランキングに参加しています。クリックをよろしくね↓広島ブログ
広島関係のブログを集めたブログ紹介サイトです。

--------------------
● 初めまして松浦初実です。
私のことが見えやすい記事を抜き出してみました。
仕事場ははこんな感じ。
「玄関あけたら・・・」
41歳で二人目の母に。
生まれました!
私のイカシた相棒。
新しい彼は・・・
40以降のKIKKAWAが好き。
燃やせ、パッション
いつも気持ちは卓球少女。
シューズさえあれば
ぜひ、ヒロシマに。
明日の神話
今、法律を勉強しています。
「便所の中でも…」
--------------------
最新の記事
風も吹くなり 雲も光るなり
at 2016-06-16 18:16
ポジャギ、始めます。
at 2016-06-14 10:23
2016年3月15日、かさこ..
at 2016-03-22 12:17
ただいま。
at 2016-03-19 14:07
私を作った、いくつかのモノ。
at 2012-04-20 08:38
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 03月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
最新のコメント
片想い様初めまして! ..
by おはつ at 15:11
はじめまして 三原の写..
by 片想い at 23:14
鍵コメ様 長いことブロ..
by matsuura-hatsumi at 16:01
ご無沙汰しております。 ..
by いりこ at 08:27
そうそう、私も幼稚園の頃..
by じゅんちゃん at 12:18
「自己中」という怪物が何..
by じゅんちゃん at 17:37
イイネ! よらんし..
by じゅんちゃん at 10:23
改めましておめでとうござ..
by じゅんちゃん at 21:19
乙女ちっくでいいと思いま..
by じゅんちゃん at 10:27
お姉ちゃん、ご卒業おめで..
by じゅんちゃん at 10:21
検索
画像一覧
ライフログ
映画なら
音楽って
私の10冊
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル