Top
タグ:法律 ( 13 ) タグの人気記事
子どもは親を選べない。
a0068930_1137725.jpg子どもは親を選べない。そう思いながら、児童虐待のニュースをぼんやりと見る。小さな子どもの中には「しつけ」という名の下で、殴られ、縛られ、吊され、水すらも与えられないで短い命を終わらせる者がいる。「まさか」と信じられないような状況で、しかも親の手によって幼い命が奪われる、そんなニュースが後を絶たなくなってからどれくらい経つのだろう。「育児ノイローゼ、孤立した子育てからのストレスが虐待に繋がる」という人もいるが、本当にそうだろうか?そういう人もいるだろう、子育て相談電話や地域ごとの子育てサークルなどで解決しようという試みもあるが、それが解決されたところで多数の虐待事件には何の関係もないことだろう。オレンジリボン(子ども虐待防止のシンボルマークとしてオレンジリボンを広めることで、子ども虐待をなくすことを呼びかける市民運動)を車や自転車にくっつけて表明したところで、虐待を受けている子どもは減らないんじゃないか、そんな風に思いながら。

児童虐待の摘発数は、2011年には6年連続過去最多と警察庁が発表した。実態は間違いなくその数十倍だろう。数百倍かもしれない。死なせる親もいれば、子に稼がせる親もいる。児童ポルノ事件の検挙件数も過去最多だそうだ。残酷な仕打ちに耐えながら、それでも子どもは親の下でしか生きていけないのだ。

「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。」

中学校の授業で暗記した「憲法第25条」、万人が生きる権利をもっているという信念をあらわす生存権保障の盛り込まれた条文だ。私は、幼い子が虐待によって死に至ったニュースを耳にするとき、もう片方の耳にこの条文が流れる。親権を有した親であっても、この人生を自由にもてあそぶ権利など無く、ましてや命を脅かすような危害を加えられるはずもない。

私は、今まで、児童虐待のニュースについて、自分の思うことを書いてきた。

殺人罪 (子が受けた虐待によって死に至った場合の親の罪は・・・)
怒りなんかとっくに
母が子を殺める

結局、暴力をふるう親(親権者)から離すことが一番いいのだと私は思う。罪悪感を持ちながら虐待している親なら子どもと距離を置いて自らを見つめ直すためにも、もちろん、罪の意識など微塵もない親ならひとえに子どもの命を救うためにも。「家」という一番小さな、他者が介入しにくい中にいて虐待を受けている子どもを救うには、そこから出してやることがまずすべきことなのだと。
「血は水より濃い」とか言うけれど、それがどうした、と問いたい。血のつながりのない親子が、血よりも濃い深い深い絆を結ぶことだってある。(高田・向井夫妻の代理母問題について「個人的に」私が思うこと。

他の人が手を貸してくれたら、子どもが自分の尊厳を取り戻す機会を得られるかもしれない、そう思ったことがあった。民法の一部改正だ。親権停止の審判(834条の2)が新設された。条文は下記の通り。

------
(1)父又は母による親権の行使が困難又は不適当であることにより子の利益を害するときは、家庭裁判所は、子、その親族、未成年後見人、未成年後見監督人又は検察官の請求により、その父又は母について、親権停止の審判をすることができる。
(2)家庭裁判所は、親権停止の審判をするときは、その原因が消滅するまでに要すると見込まれる期間、子の心身の状態及び生活の状況その他一切の事情を考慮して、2年を超えない範囲内で、親権を停止する期間を定める。
------

子どもに対して不利益を与える親は2年の期限付きで親権を停止しますよ、と言うことだ。難しいことは解らないが、たとえば子どもが長期間ネグレクトの状態で栄養失調どころか、生死に関わるほど衰弱していても、玄関先で親権を持つ親が「大丈夫です、子どもをきちんと監護しています。お気遣いは無用です。」と、児童相談所の職員や学校の担任に告げて、面会を拒否してもそれ以上、無理を言って家に押し入り子どもと面会することは出来ない。そういう中で子が死に至った事件をニュースで何度も見た。他に、「しつけ」だと言って親が子どもを折檻する。他人には虐待に見えても親には「しつけで親が叱ることが出来る“懲戒権”」がある。児童保護法によって一時的に子どもを児童養護施設に「避難」させても施設長が持てるのは「監護権(身の回りの世話、教育、躾や身分行為の代理人になる)」のみ。親権を持っている親が子を連れ戻しに来たら・・・。今まで民法には、親権喪失の宣告(現行民法第834条)しか無く、親権があるか無しかの判断は時間もかかる上、効果の強い制度のためか実際にはあまり利用されず生きた法律とはなかなか言い難かったようだ。期限付きの「親権の停止」が施行されることで一時的に児童養護施設の施設長が親権を持つことも出来るそうだ。

息も絶え絶えの、死と隣り合わせで一日を生きている子どもがいることだろう。どうかこの法律が、子どもが痛い思いをしないでもすむよう、希望の持てる毎日を送れるよう、温かくて美味しいご飯を食べられるよう、震える夜のないよう、学校へ行けるよう、将来の夢が語れるよう、役に立って欲しいと願っている。

民法834条の2は、明後日4月1日から施行される。


※お願いがあります。法曹関係の方、また、この記事を読まれて「法の解釈が間違っているのではないか」と思われる方は、どうかご教示ください。正しい知識が欲しいです。また、私個人の考え方・感じ方につきましては、この記事の通りです。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2012-03-29 11:27 | 母として考える
検備沢センセ★ By特上カバチ
a0068930_17594740.jpgやっと、センセをアップした。テレビももう終わっちゃったけど(http://www.tbs.co.jp/tokujyokabachi)ドラマでは浅野ゆう子の役どころ。このギャップ、ええよね〜。マンガ万歳!
「特上カバチ」について、私のメイン記事はココだよ。
左にチョットだけ写っているのは「ダイ先生」こと大野先生で、「特上カバチ」では中村雅俊が、「カバチタレ」では陣内孝則が演じてた。これまた、ギャップ。

『特上カバチ!』
田島隆 原作、東風孝広 漫画
週刊モーニングに連載

しかし、キャラ濃い・・・
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2010-03-23 17:59 |
特上カバチ
a0068930_9431551.jpgあれれ〜〜もう始まってたのね〜、特上カバチ。初回見逃しで見る気が下降気味・・・。

「特上カバチ」は「カバチタレ」の続編。私ももちろん(何で「もちろん」なのかわからんけど)全巻持っていて、原作マンガとドラマのギャップについては、この前書いたとおり。
前回の「カバチタレ」では、脇役のイカついオッサンの栄田千春が深津絵里で主役。このギャップにのけぞったが、今回の「特上カバチ」では、ちゃんと田村君が主役で千春ちゃんはオッサンに戻っている。
パパッとキャストを見たところ、原作に近い。特に堀北真希は、一見清楚だが異常に気が強くバリバリ働く住吉美寿々役にピッタリだと思う。大野先生は今回の中村雅俊より陣内孝則のほうが好きだけど。
が、が、今回もやはり・・・すごいギャップの人がいる。
弁護士の検備沢先生だ。
a0068930_9382143.jpgホントはこんな人なのに、テレビでは、イケメンのイソ弁(自分で開業せずにお勤めしてる弁護士)を両脇に従えた、オシャレで切れ者の弁護士となって浅野ゆう子が演じている。
思うに原作には「華やかさ」が無いのだろう。物語を愉しむのにはそんなもんいらないけど、テレビドラマとなるとそうもいかないんだろうな。

書きたいことが「カバチタレ」の記事と重複してしまうので、こっち(2006.11.14)も合わせて読んでね。

このシリーズは、自分の身近に潜んでいるたくさんのトラブルを「法の助け」を借りて解決していく話だけど、原作に書かれていることのどれくらいがドラマに反映されるのかが気になるところだ。
だって、とてもじゃないけど、「夫が借金残したまま事故で亡くなり、やくざみたいな人たちに家財を根こそぎ取りに来られ、小さい娘に最後にもう一回ピアノを弾かせてやりたいと頼み込むと身体と引き換えだと条件を出され、子どもが弾くピアノの拙い音が流れる中、表の外車が揺れてる(カバチタレ1巻)」なんて、「実は夫には落ち度がなく、加害者が先に法の力で責任を逃れた」なんて、「その後も借金を返すために風俗で働かされる」なんて、櫻井君には扱わせない事件でしょう?
これ、私には相当ショックな話で、何日も何日も頭から離れなかった・・・。
「知らないものが負ける」という現実の怖さを教えられた。

このマンガ、楽しむだけのもんじゃないと思う。キッチリ、型にはめられる。


『特上カバチ!』
田島隆 原作、東風孝広 漫画
週刊モーニングに連載
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2010-01-22 09:43 |
護憲。
私のようなものが個人的ブログを通して意見を言っても許されるのなら、
私は護憲派、憲法改正には反対だ。
そして、憲法を改正しようとする第一の目的が9条の改正を念頭に置いてのこととなれば、
なおのこと反対だ。

一年近く、通勤・仕事で使う車の中で、憲法を聴いてきた。
私のように知識の乏しいものでも、「憲法ってすごいなぁ」そう思う。

「敗戦の末、一方的に押しつけられた憲法だ」と誰かが言ったけど、
いいもんはいいんじゃないかと思う。

国民主権・平和主義・基本的人権の尊重、この3大原則をもって、
憲法は国民を守ってくれている。
そして、納税と勤労と教育を国民に課して、
結果、国民の生活の安定と向上を図っている。

一度、崩れたら元にはきっと戻らない。
絶対、戻らない。

もしかしたら、「僕らがせっかく作った憲法を変えちゃったんだから、
その新しい憲法に倣って、アメリカの戦争を手伝ってよね」
とか、言われるかも・・・かもしれない。

私としては、外国のえらい人を招くのに、日本のどこが美しいかを探したり、
やれ、子守唄を歌えの、食事中はテレビを消せだの言っているような、場合じゃない。

「美しい国へ」というのも聞き飽きたけど、その言葉を借りて言うなら
日本で一番美しいのは9条じゃないのかな。

すごい大変なことが起こりませんように、そう祈るばかり。


おおよそ法学生とは言い難い、稚拙な文章ですみません。



---追記---
日本国憲法 第9条は、「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」の3つの要素から構成されている。
条文は下記の通り。

1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-05-15 15:38 | 法律を勉強中
涙、ナミダの、「裁判官の爆笑お言葉集」
a0068930_17363910.jpg ちょっと訳あって、法律の勉強を中断している。
(訳あって、なんて言い訳じみていてイヤだな。)

それでも、立ち寄った本屋でこういう本を見つけると、
思わず手に取ってしまうし、買ってしまったりもする。

裁判官の爆笑お言葉集  幻冬舎新書  長嶺超輝

タイトルには、「爆笑」って入ってるけど、爆笑なんてとんでもない。
私は、いろんなページで胸を打ち、涙も出そうになってしまった。

法律が感情で動かされることは、あってはならないことだと承知しているが、
実際に起こる事件には、事実の背景にたくさんの事情が絡んでいる。
そして裁判官は、その事情を判った上で量刑相場と照らし合わせながら判決を出している。私がこの本から学んだことは、裁判官の出した判決に対して、重いだの軽いだの、ましてや甘いだのと、世間は口にしてはならないと言うことだ。

刑事訴訟法を勉強中に、ある弁護士の先生に刑事裁判の傍聴を薦められた。
教科書を読むだけよりも、ずっと刑事訴訟法を身近に感じられるとの助言だった。
しばらくして、私は傍聴に出かけた。傍聴人は私ひとり。

判例集などを読んでもピンとこない裁判の有様がすうっと身体に入って来るような気がした。弁護士の汗、検事の眼光、そして時折見られる裁判長の笑顔。

この本の中に、「いくら裁判をこなしたか、で裁判官の出世は決まる。だから、時間をかけて、更正を願いながら語りかける人間らしい裁判官は素晴らしい。」そのようなことが書かれている。

覚醒剤の常習者は、「今、この場で子どもを抱きなさい。我が子の前で二度としないと誓えますか?」そう裁判官に言われて泣き崩れたそうだ。

傍聴席からでないと知り得ない、裁判官の「情」を知ることのできる一冊だと思う。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-05-07 17:36 |
15円。
a0068930_1732452.jpg通信教育のレポート等(※)は、第四種郵便物の通信教育用郵便物にあたり、通常であれば開封を条件に送料が15円だ。
しかし、私は今までで数えるほどしか15円で出したことがない。
なぜならば、「間に合わないから」である。

レポートには、当然の事ながら〆切がある。通常郵便物として投函したのでは、その〆切に間に合わないのだ。

例えば、31日の15時に事務局必着だったとする。
宛先は東京八王子なので、28日の投函でギリギリだろう。
しかし28日の段階で、私は清書も出来ていないことがほとんどだ。(こんな状態)
それでも28日の晩に清書が出来れば、29日に本局へ行き「速達」で出す。
これで15円プラス270円。
29日の晩(といっても夜が明けるが)に清書が出来れば、30日に本局へ行き「翌朝10時郵便(別名、モーニング10)」で出す。これで530円(泣)。

それでも間に合わなかったときは、30日の朝から事務所にお願いしてファミレスに耳栓持参でこもり、クロネコヤマトへ走り込む。「ヤマト便タイムサービス」これで1250円(号泣)。(その状態はコチラ参照)

もし、不合格だった場合には再提出の〆切も待っているので、返信の方も速達仕様にするからプラス270円。

私がいけないのだ。どうしていつもこうカツカツなのか。

大体270円切手をこんなに買い込んではいけない。
年度末にあたり、ブログを通じて自分自身に言い聞かせてみる。

(※)法令に基づき監督庁の認可又は認定を受け通信教育を行う学校とその受講者との間で発受されるものに限ります。
いつもギリギリ、もうオトナなのに・・・
中央大学 法学部 法学科 通信教育課程 社会人大学生 通信制大学 憲法 民法 刑法 知的財産法 中央大学法学部通信教育課程 中大 通信教育学部 白門 レポート スクーリング 多摩キャンパス 司法試験 弁護士 行政書士 司法書士 弁理士 六法 憲法 民法 刑法 民事訴訟法 刑事訴訟法 商法 学問 勉強 国家試験 戸川初実 
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-02-07 17:02 | 法律を勉強中
高田・向井夫妻の代理母問題について「個人的に」私が思うこと。
代理出産で双子の子供を授かった高田延彦・向井亜紀夫妻が出生届を受理されなかったことで品川区を訴え、東京高裁は品川区に対して出生届を受理するように命じる決定をした。

時期はずれな話題だと思われるかもしれない。
けど、私は判決が出てから今日まで、ずっとこの問題を考えていた。
なんだか、これでよし。と思えない。
胸につっかえたものが私にこの話題を忘れさせずにいた。
結果からいうと、私は、受理すべきではないと考える。
確かに今の医学に法律は追いついていないのかもしれない。
でも現時点では、「分娩した人が母親」である。
まず、代理母といういわゆる「借り腹」をしたこと、その子を実子として届け出たこと、
ふたつもルール違反をしていて、それがまかり通るというならルールは無いに等しい。
彼らは嫡出子として届け出たから不受理になったまでのことだ。
戸籍のないまま子どもが成長し、年齢に達しても義務教育が受けられないようなことが
あってはならないとの配慮ではないかと思うが、それを解決する方法は他にはなかったのか。

この判決後の彼女のコメントなどを聞いていて、ふたつのことに気付いた。

まず、彼女はきっと「養子縁組」という親子関係を認めてはいないのだろう、、ということ。それから、「不妊治療を受けられている方々の明るい光になれば」とコメントしているが、それは勘違いではないか、ということ。

以前、「養子縁組をした親子」がどのようにして「本物の絆」を手に入れるかを知る機会があった。
5才くらいの子どもでも、これから自分の親になってくれる人を本能で試すという。
廊下でお漏らしをし、親の買ってきたヨーグルトのフタを全部開けて一口ずつ食べる。
部屋中を散らかして歩き、母親のおっぱいを求める。生まれてからずっと親の元で育った子どもがする全てのことを、もしかしたら自分の親になってくれるかもしれない大人にやって見せるという、意図的ではなく本能で。
一度親に棄てられた、もしくは親を無くした子どもは、「いなくなる親は要らない。こんなに悪いことをしてもそれでも自分の親になってくれるのか、自分を子どもとして受け入れてくれるのか。」
そう、からだ中で訴えてくる。
親になろうとする大人は、子を持ちたいという大人は、それを受け入れて、赦して、抱き留めて・・・
そうやって血よりも濃いかもしれない親子の絆を作ってゆく。
それでも、その親子らは長い人生の中で「血のつながりのないこと」に幾度となく傷つくだろう。
彼女は、判決後のコメントで「親とは何かという議論がされればと思う」とあったが、その言葉を借りていうなら私は、血縁関係が無くても親にはなれると強く思う。
親が幼い我が子を殺してしまう世の中では、血縁関係があればという考えももう危くなっている。
彼女の場合は、間違いなく自分と夫の遺伝子を受け継いだ子どもである。
そして、たとえ実子として受理されても二人の子ども達は自分の生まれ出でた経緯を知ってしまうだろう。同時に紛れもない二人の実子だと言うことも知ることになる。それならば戸籍上、養子であってもその事情さえ子どもに話せば、そのことはあまり問題にならないような気がする。問題になるとするならばそれは、もっと別の部分ではないか。


不妊治療は、出口が見えないトンネルのようだな、といつも思っていた。
子宮があって卵巣もある。卵子が出てきても妊娠するかどうかは、神様しか知らない。
彼女は妊娠と同時に子宮経ガンが見つかったという。だから多分、不妊治療は受けてはいないのだろう。
子宮を失うということは、私には想像もできないほどの悲しみや苦しみを伴うに違いない。
でも、彼女は知らない。
子宮もあって排卵もあって、それでも子どもが授からずに、毎日毎日治療を続ける人の気持ちは。
妊婦に囲まれて、待合室で雑誌に目を落とし、知り合いに「あら、おめでた?」と訪ねられては微笑んで言葉を濁す。両肩と両お尻の皮膚は注射で紫に変色し、薬を飲んで、朝に体温が下がっていませんようにと眠りにつく。毎月毎月、繰り返す。
私は、3年続けてとうとう逃げ出した。二人目不妊故のつらさもあったが、ひとり授かっているだけでも幸せでありがたいという思いもあった。
世の中には、不妊症で悩む人がたくさんいる。もっと長く続けている人は、もっとつらい思いを繰り返しているに違いない。
その人たちに差す明るい光とは、多分代理母問題ではないと思うのだ。
例えば、市や県は「少子化対策」として、3人目を産んだ世帯にはまるで手柄を立てたように報奨金が贈るが、そんなものさっさと止めてそのお金を不妊治療の助成金として遣うとか。
現在も制度はあるがそのほとんどが2年まで10万円が上限である。これくらいの助成は治療費の前には「焼け石に水」なのだ。早々に逃げ出した私でさえ3年間は治療した。
一回5,000円前後の注射を毎月5本以上打つのに・・・
産んだ者への褒美の方が判りやすくてよいのだろうか。
そういうことを決める場に、女性はいないのだろう。少なくとも私はそう思う。

「高田の遺伝子をこの世に残したい」という向井亜紀の名ゼリフ、
気持ちはよく解るが愛しい人の子供がほしいと思っている人はこの世の中に数え切れないほどいる。
だから、悩み苦しむ。

恵まれた条件の揃った彼らの、フライング気味の行動に、賛同はできない。

広島ブログに参加しています。ぜひ、ワンクリックを!

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-11-15 18:32 | 母として考える
栄田千春 by  カバチタレ!
a0068930_8152696.jpg「知らない」ということがとっても恐いことだと、このマンガを読んで強く思った。
身近に起こりうるトラブルを「法の助け」を借りて解決していくと言う考え方を持つことが、大切なのだと、このマンガを読んで強く思った。

「カバチタレ」(公式HP)


大野行政書士事務所には、ニュースになるような大きな事件ではないけれど、私たちの身近でいつ起こってもおかしくないような庶民のトラブルが次々持ち込まれる。そして私たちの生活はそんな小さなトラブルによって簡単に崩れてしまうほど、脆い。大野事務所の社員は、弱いものが、法律を知らないものが泣き寝入りをしないよう、親族がバラバラにならないよう、そして家庭が崩壊しないよう、西へ東へ奔走し、依頼者にとって何が一番いいのかを模索しながら解決していく。
原作のマンガは知らなくても、深津絵里や常盤貴子が出演したドラマを覚えている人は少なくないだろう。残念ながら、私はドラマの方は見ずじまい。レンタルビデオ店で何度も手に取るが、今ひとつ乗らないのは、多分、「栄田千春」のギャップのせいだろう。


原作の栄田千春は、こんな人だ↓
a0068930_972028.jpg親の商売が失敗、借金で小さい頃に夜逃げをし、幼い妹の面倒を見ながら肩を寄せ合って生きてきた経験から、人情派で熱血漢。そして彼自身は資格者ではないという設定。でもって、実は彼はマンガの中では主役ではない。でも、私の一番好きな人物だ。警察を訴え、保険会社に怒鳴り込み、きっつい事実を被害者に淡々と伝えて罵られ、帰った後から深々と頭を下げ、屋台のおでん屋で冷や酒を煽って泣く。
栄田千春は、シビレる男である。 

ところで、「カバチタレ」とは、広島弁で「屁理屈をこねる人」のこと。
「おんどりゃー、なにカバチばぁぬかしよんなら!シゴしたるど!」
みたいな感じで使われる。訳すと・・・
「お前ら、そんな屁理屈ばかり並べるんじゃない!いためつけてやろうか!」
という感じだろうか?
こういうのが、このマンガのそこかしこに出てくるが、ちゃんと欄外に解説が付いているので広島県人以外の方にも安心だ。
私にとっては広島弁のマンガだということで感情移入もしやすかったのだろう。男性向けのマンガだから、けっこうエグい話が多く、その話に落ち込むこともしょっちゅうある。けれど、児童虐待・交通事故・遺産相続・夫の急死など、どれも「明日は我が身」的内容なので、コミックを一冊ずつ、一話一話を大切に読むようにしている。


『カバチタレ!』
青木雄二監修、田島隆原作、東風孝広作画
週刊モーニングに連載

広島ブログに参加しています。ぜひ、ワンクリックを!


このブログは、広島県福山市のグラフィックデザイナーが個人的に感じたことを書いています。三原市 糸崎町 尾道市 デザイン イラスト 戸川初実 松浦宏美 コックス cox 
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-11-14 08:15 |
ハロー、デイリー!
a0068930_16322480.jpg2007版デイリー六法、購入。
六法とは、憲法、刑法、民法、刑事訴訟法、民事訴訟法、商法のこと。
法律は目まぐるしく変わっていくので、学生も六法は毎年買い替える。
罪刑法定主義といって、犯罪を行った時点での法律で罪責が決定するので、古い六法は捨てられない。法律の仕事をしている人はきっとあの、ものすごく分厚い六法全書を毎年本棚に並べていくのだろうな、床が抜けそう…。
もしかしたらデータベースとかがあって調べられるのかもしれない。

小さい六法をいろんな出版社が出しているが、私は三省堂デイリー。
試験の時に見回してもデイリーは少数派、ほとんどが有斐閣のポケット六法だ。

三年前に、民法の教授がデイリーにだけ、児童福祉法の抜粋が載っていると教えてくれた。家族法に興味があるので、何となくデイリーを買うように。
ただ、使っていると情が湧いてきて、デイリーが遣いやすいような気もする。

毎年、まっさらな六法を前にして、また、赤鉛筆を握る。
ちょっとダレたときに、新年度の六法が発売されるようにできているらしい。
(んな訳ない、か。)

広島ブログに参加しています。ぜひ、ワンクリックを!


このブログは、広島県福山市のグラフィックデザイナーが個人的に感じたことを書いています。中央大学 法学部 法学科 通信教育課程 社会人大学生 通信制大学 憲法 民法 刑法 知的財産法 戸川初実 レポート スクーリング
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-10-18 16:32 | 法律を勉強中
予想どおり。
a0068930_10321099.jpg夏のスクーリングの結果が返ってきた。
刑法はレポートを落としてしまったから、結局遡り受験資格もなかったことになる。
敢えて予想外といえば、債権のB。
何が足らなかったんだろう?てっきりA評価だと思っていた私が恥ずかしい。
深いなー。
不安になってきた。初心に還れ、私。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-10-11 10:32 | 法律を勉強中



(有)松浦デザイン事務所広島県福山市曙町5-4-29
by おはつ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
事務所へようこそ
仕事場にて
日々のできごと
行って来ました
こう思っています
ひと
プロフィール

映画
音楽
法律を勉強中
母として考える
モノと私
美味しいもの
手づくり
家族
好き
着物と和生活
たちまちケータイから
未分類
タグ
(196)
(133)
(72)
(58)
(57)
(40)
(35)
(34)
(32)
(32)
(30)
(28)
(24)
(24)
(21)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
mail:info@cox10.com
http://www.cox10.com
松浦初実 プロフィール
je-pu-pu 無料カウンタ

Facebookは随時更新しています。ぜひ、お立ち寄りください。

ランキングに参加しています。クリックをよろしくね↓広島ブログ
広島関係のブログを集めたブログ紹介サイトです。

--------------------
● 初めまして松浦初実です。
私のことが見えやすい記事を抜き出してみました。
仕事場ははこんな感じ。
「玄関あけたら・・・」
41歳で二人目の母に。
生まれました!
私のイカシた相棒。
新しい彼は・・・
40以降のKIKKAWAが好き。
燃やせ、パッション
いつも気持ちは卓球少女。
シューズさえあれば
ぜひ、ヒロシマに。
明日の神話
今、法律を勉強しています。
「便所の中でも…」
--------------------
最新の記事
風も吹くなり 雲も光るなり
at 2016-06-16 18:16
ポジャギ、始めます。
at 2016-06-14 10:23
2016年3月15日、かさこ..
at 2016-03-22 12:17
ただいま。
at 2016-03-19 14:07
私を作った、いくつかのモノ。
at 2012-04-20 08:38
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 03月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
最新のコメント
片想い様初めまして! ..
by おはつ at 15:11
はじめまして 三原の写..
by 片想い at 23:14
鍵コメ様 長いことブロ..
by matsuura-hatsumi at 16:01
ご無沙汰しております。 ..
by いりこ at 08:27
そうそう、私も幼稚園の頃..
by じゅんちゃん at 12:18
「自己中」という怪物が何..
by じゅんちゃん at 17:37
イイネ! よらんし..
by じゅんちゃん at 10:23
改めましておめでとうござ..
by じゅんちゃん at 21:19
乙女ちっくでいいと思いま..
by じゅんちゃん at 10:27
お姉ちゃん、ご卒業おめで..
by じゅんちゃん at 10:21
検索
画像一覧
ライフログ
映画なら
音楽って
私の10冊
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル