Top
タグ:本 ( 35 ) タグの人気記事
え゛? うそ・・・
a0068930_10512036.jpg
発売当日に売り切れって・・・。
翌日10件以上当たってみたけど、全敗。

-----
即日完売で、増刷されるようだ。月刊雑誌史上初だという。
今、東方神起はコメントもままならない厳しい状況下にあり、今後のスケジュールも未定。「奇跡の五人」とまで言われた彼ら、過酷な練習生時代を耐えてきた彼らが、活動を続けられないのはとても残念だ。彼らにとってプラスの解決というわけにはいかないのかな?
今、下世話な週刊誌ネタ以外で彼らの情報が皆無の状態だから、久しぶりの雑誌への露出はファンにとって本当に嬉しいものだったに違いない。
彼らの人気がどれほどのものかということが、今回の出来事に表れていると思う。
-----

● 記事を読んで書店をいっぱい回ってくれたじゅんちゃん。ありがとうございます。その上、光文社にも問い合わせてくれて・・・じゅんちゃんの気持ちがとても嬉しかったです。
● 出張中の島根で、コンビニ18件回って見事ゲットしてくれた義弟、ホントありがとう。娘の友達用にともう一冊探してくれて、重ねてありがとう。
● 遠い滋賀でも本屋巡りしてしてくれた次妹、ありがとう。

増刷では手に入らないほどの思いやりを頂きました。ありがとうございます。

福山のブロガーさん、いっぱい紹介されています。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2010-01-24 23:02 | 好き
特上カバチ
a0068930_9431551.jpgあれれ〜〜もう始まってたのね〜、特上カバチ。初回見逃しで見る気が下降気味・・・。

「特上カバチ」は「カバチタレ」の続編。私ももちろん(何で「もちろん」なのかわからんけど)全巻持っていて、原作マンガとドラマのギャップについては、この前書いたとおり。
前回の「カバチタレ」では、脇役のイカついオッサンの栄田千春が深津絵里で主役。このギャップにのけぞったが、今回の「特上カバチ」では、ちゃんと田村君が主役で千春ちゃんはオッサンに戻っている。
パパッとキャストを見たところ、原作に近い。特に堀北真希は、一見清楚だが異常に気が強くバリバリ働く住吉美寿々役にピッタリだと思う。大野先生は今回の中村雅俊より陣内孝則のほうが好きだけど。
が、が、今回もやはり・・・すごいギャップの人がいる。
弁護士の検備沢先生だ。
a0068930_9382143.jpgホントはこんな人なのに、テレビでは、イケメンのイソ弁(自分で開業せずにお勤めしてる弁護士)を両脇に従えた、オシャレで切れ者の弁護士となって浅野ゆう子が演じている。
思うに原作には「華やかさ」が無いのだろう。物語を愉しむのにはそんなもんいらないけど、テレビドラマとなるとそうもいかないんだろうな。

書きたいことが「カバチタレ」の記事と重複してしまうので、こっち(2006.11.14)も合わせて読んでね。

このシリーズは、自分の身近に潜んでいるたくさんのトラブルを「法の助け」を借りて解決していく話だけど、原作に書かれていることのどれくらいがドラマに反映されるのかが気になるところだ。
だって、とてもじゃないけど、「夫が借金残したまま事故で亡くなり、やくざみたいな人たちに家財を根こそぎ取りに来られ、小さい娘に最後にもう一回ピアノを弾かせてやりたいと頼み込むと身体と引き換えだと条件を出され、子どもが弾くピアノの拙い音が流れる中、表の外車が揺れてる(カバチタレ1巻)」なんて、「実は夫には落ち度がなく、加害者が先に法の力で責任を逃れた」なんて、「その後も借金を返すために風俗で働かされる」なんて、櫻井君には扱わせない事件でしょう?
これ、私には相当ショックな話で、何日も何日も頭から離れなかった・・・。
「知らないものが負ける」という現実の怖さを教えられた。

このマンガ、楽しむだけのもんじゃないと思う。キッチリ、型にはめられる。


『特上カバチ!』
田島隆 原作、東風孝広 漫画
週刊モーニングに連載
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2010-01-22 09:43 |
心の小腹を満たします、深夜食堂。
a0068930_11574979.jpg沁みた、このマンガ。
「ビッグコミックオリジナル」で連載中のマンガだが、私は単行本で。4巻まで出ている。物語は大きく繋がっているんだけど、短く一話ずつに分けられている。

みんなが眠って、私ひとり。布団の傍の電気スタンドを点けて、一話だけでも読んで眠る。

営業時間は深夜0時から。深夜の食堂で「食事」するのは、みんな「ワケアリ」な人ばかり。
出来るものならなんでも作ってくれる食堂で注文されるのは、[タコのウインナー]や[昨日のカレー]
[刺身のツマだけ]、[猫まんま]・・・それぞれにまつわるエピソードがある。

もし、ウチの近所に「深夜食堂」があったなら、私は家をコッソリ抜け出して行くかもしれない。もし、行ったなら何を注文するだろう・・・

小さい頃、母と作った[おはぎ]?
父に連れられて入った食堂の[バラ寿司]?
母の帰りを待ちながら妹たちと作った[魚肉ソーセージ入りの卵焼き]?

う〜ん、難しいな。ただ判っていることは、少しの間だけでも思い出の中に身を置きたがっている私がいること。子どもに還りたいのだろうか。

そんな「深夜食堂」、連続ドラマ化(全10回)されてるらしい。知らなかったぁ。
あのマスター、小林薫なんだ。好きな俳優さんでよかった。
毎週水曜日の深夜24:34〜25:04、やっぱり深夜か・・・・

マンガを読んだときと同じように、心が温かくなれば嬉しい。



復活記念に「福山市のブログランキング」に登録しました。励みにしたいので応援お願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-10-27 11:58 |
チェロ?
a0068930_20381794.jpg

コントラバスに娘のパートに決まってから、刺して仕立てたいという思いが募り、ようやく見つけたチャート本。フランスDMC社、2000円。
・・・・・・・んー・・・
これ、コントラバスじゃないで、すね?
だって、なで肩じゃない。・・・・・・・私、やるけー、が、がんばるけー!このチェロみたいなのをコントラバスに改造するけー!
小さな、そして私にとってはけっこう無謀な宣言をしてみた。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-07-02 20:38 | 手づくり
ちょっと早めのクリスマスプレゼント
a0068930_12445752.jpgじゅんちゃんからメール便が届いた。
洋書のクロスステッチ本だ。
福山市の書店では洋書もごくわずかで限られたものしか手に出来ない。
ネットが普及していても送料も高く、欲しくてもなかなか手が出ないのが現状だ。
届いたものはクリスマスのオーナメント特集で、まさに今、私が欲しいチャートがいーーーっぱい載っている。
クロスステッチというのは、私にとって「魔法」で、刺している間は「魔法にかかった時間」のようなものだ。無心?いいや、いろいろなことに思いめぐらせながら刺し続ける。ひとつの×が集まって、素敵な図柄になるクロスステッチ・・・

プレセントされたのは本だけではない。じゅんちゃんからの「がんばれ」が、プレゼントにこもっている。ありがたいなぁと思う。ほんとにありがたいなぁ。
これから、めっちゃ刺していく!
プレゼントしたい人がたくさんいるのだ。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-10-30 12:44 | 手づくり
ステッチide´es 8号
a0068930_1022242.jpg10月11日発売の、日本ヴォーグ社「ステッチide´es」の8号。
地方発売は10月13日。
7号から約半年、首を長ぁ〜くして待っていた。
刺繍の図案本は高価だ。フランスの本にはため息の出るような図案が載っているが軽く5,000円は超えてしまう。「ステッチide´es」はちょっとフランス風味のシンプルでしゃれた図案がいくつも掲載されていて1,000円でお釣りが来るから嬉しい。

刺繍は昔から好きだけど、最近どっぷりハマリ中だ。息子を寝かしつけてからの約1時間、チクチクタイムを満喫している。小さなクッキー缶に、直径10センチの刺繍枠と赤糸、リネンと小さなハサミを入れて、いつでも手の届くところに置いている。

毎日少しずつしか刺せないので、完成するまでに時間がかかり、肩も思いっきり凝っているが、今いちばんのリフレッシュタイムであることは間違いない。

たぶんこういう時間は、まったりとボサノバやジャズなど聴きながら過ごすのがいいのだろうが、まぁご承知のように吉川晃司で(笑)。
ミリ単位以下のリネンの布目に、吉川晃司はちとキツい。
そう言いながら、私のお気に入りの時間なのだ。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-10-13 10:02 |
あ゛ーー!やっぱり。
a0068930_1723822.jpg本日は実家なり。
この前、ヤフオクで「新・平家物語」と「新・水滸伝」を購入したことを記事に書いたけど・・・

あーるーじゃんかぁーー!まったく同じ本がぁー。
DNAのなせる業に感心しながら、どこかで「あるんじゃないかなぁ」と思って書棚を覗いた私のこともちょっと笑える。
天国の父の苦笑いも見えるようだ。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-10-04 17:02 |
織田信長
a0068930_1236661.jpg2009年1月から始まるNHK大河ドラマは、兜に「愛」の一文字を掲げた上杉家の家臣、直江兼続が主役の「天地人」。

放送が日曜の8時なので、大河ドラマは今まで一度も見たことがないんだけど、「天地人」は録画作戦でも立てて必ず見るつもりでいる。年末までに予習をしておこう、ということで父の本棚から山岡荘八の「織田信長」を拝借した。
昭和38年の本だが、安土桃山時代の話だから大丈夫だろう。

「信長は特異な存在ですからね。ある意味、魔王であり、何かの犠牲者でもあっただろうなと思っているので。寂しい面と、強い面と、その二つを出せればいいと思っています。」

侍が大好きで歴史に造詣が深い吉川晃司。どんな信長を演じてくれるのか、吉川信長を深く理解するためにも、読み込んでおこうと思っている。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-09-03 12:36 |
新・平家物語
a0068930_21174161.jpgヤフーオークションにて落札。
昭和42年発行吉川英治全集のうち「新・平家物語」全6巻、「新・水滸傳」全2巻の計八冊を120円で。送料・振り込み手数料を含め、締めて980円也。
米が10キロで1,200円の時代に一冊1,300円の豪華本だ。

有り難いなぁとつくづく思う。こういう本が廃棄されずに残っていることや縁あって私の元へ来てくれたことに感謝だ。
いつかは必ずきちんと読まなくてはいけないと思いながら後回しにしてきた「新・平家物語」、とうとう手にして読み始める。期待で胸は膨らんでいる。

けど、この茶色のケース、とうの昔から見知っていて懐かしい気すらするのだ。
父の書棚には、これと同じケースに入った本が数冊あった。歴史小説が特に多く、同じテーマを複数の作者で読み検証してみたり、読んだ作品の一部を紐解くため新たな作品を読んだような節が見受けられる。
父の本棚は子どもの私にとっては神聖なもので近づきがたい圧倒的な雰囲気を醸していた。
父は読書家だったが、いつか私にこう言ったことがある。
「女の子が産まれたとき、本の好きな子にしておけば間違いがないだろうと思ったから、まだまだ赤ん坊のお前の横で、ワシは必死になって本を読んだ。絵本を読んで聞かせるとかそんなもんじゃあダメだ。本を読む姿を見せる、親が一生懸命読書する姿を見せんと、本が好きになるはずがないんじゃ。」
こうして私は、父の思惑通りの読書好きになったわけだ。

父が他界して、どさくさの中で随分たくさんの父の蔵書を処分した。どんな本があったかもうろ覚えで、今頃惜しがっても後の祭りだ。

実家に帰っても相変わらず父の書棚には独特のオーラがあり、二階の隅にありながら大いに威厳を誇示している。私は大人になった今でも、父の蔵書に手を伸ばすとき緊張する。明らかに、私のアイデンティティーはそこに在るのに。だからこそ、かもしれないが歴史小説に手を出すには、多少でない勇気が要った。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-08-04 21:17 |
娘心にブルースを
a0068930_10593118.jpgサザンオールスターズが活動を休止してしまった。
ニュースを知った時、不思議と驚くことなく「また、いつか再開するのだろう」なんて思って聞き流していた。新しい曲(歌)は、自分の好みのタイプだとやっぱり嬉しいし、いい曲だなと思えば感激もする。でも、私は昔のサザンが好きかな?多分、よく聴いていた高校時代の想い出を一緒に丸め込んでいるからだと思うけど、あの頃のサザンを特別扱いしている私がいることは確かだ。「過去の人」扱いでは無い、しっかり現役の「昔の曲」たち。だから正直なところ、活動休止もあまり関係ないような気がする。

私は、桑田佳祐の奥さん「原坊」こと「原由子」が大好き。
歌も、歌声も、あの笑顔も大好きだ。年上の女性だけど、とっても可愛いと思う。
あの「にっこり」が、ちらりとテレビに映ったときは「はらぼーかわいー」と口にしてしまう。

「原由子」のアルバムも何枚か出ているが、こちらの原坊は「ママモード」。母親になった今では、彼女の2枚組アルバム「mother」を久しぶりに聴いてみたい気がするが、どちらかというとサザンのアルバムに、嬉しいオマケ的存在で入っている彼女の歌が好きだ。アルバムから原坊の歌だけ抜いたCDを愛聴していた頃、図書館で「娘心にブルースを」という本を見つけた。1998年4月発売だから、私が読んだのは本が出て2年後くらいだ。
できたら読んでもらいたいところだけど、いいエッセイだった。
ご実家の天ぷら屋さんの話、小さい頃に太っていてコンプレックスを持っていたこと、受験期、自分の殻を破るべく思い切った大学受験、そしてご主人との出会い、子育て。
読んでいる最中は、まるでご近所のママさん友達かと思うような親近感が微笑ましく、みんなフツーに悩んで、フツーに恋して、フツーに一生懸命なんだって、教えてくれる原坊だ。

今、働く母親の私にとって「娘心にブルースを」は息抜きのエッセイ本だ。包み込むような、温かく優しい彼女の歌声の源を知ることができる。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-06-08 10:59 |



(有)松浦デザイン事務所広島県福山市曙町5-4-29
by おはつ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
事務所へようこそ
仕事場にて
日々のできごと
行って来ました
こう思っています
ひと
プロフィール

映画
音楽
法律を勉強中
母として考える
モノと私
美味しいもの
手づくり
家族
好き
着物と和生活
たちまちケータイから
未分類
タグ
(196)
(133)
(72)
(58)
(57)
(40)
(35)
(34)
(32)
(32)
(30)
(28)
(24)
(24)
(21)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
mail:info@cox10.com
http://www.cox10.com
松浦初実 プロフィール
je-pu-pu 無料カウンタ

Facebookは随時更新しています。ぜひ、お立ち寄りください。

ランキングに参加しています。クリックをよろしくね↓広島ブログ
広島関係のブログを集めたブログ紹介サイトです。

--------------------
● 初めまして松浦初実です。
私のことが見えやすい記事を抜き出してみました。
仕事場ははこんな感じ。
「玄関あけたら・・・」
41歳で二人目の母に。
生まれました!
私のイカシた相棒。
新しい彼は・・・
40以降のKIKKAWAが好き。
燃やせ、パッション
いつも気持ちは卓球少女。
シューズさえあれば
ぜひ、ヒロシマに。
明日の神話
今、法律を勉強しています。
「便所の中でも…」
--------------------
最新の記事
風も吹くなり 雲も光るなり
at 2016-06-16 18:16
ポジャギ、始めます。
at 2016-06-14 10:23
2016年3月15日、かさこ..
at 2016-03-22 12:17
ただいま。
at 2016-03-19 14:07
私を作った、いくつかのモノ。
at 2012-04-20 08:38
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 03月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
最新のコメント
片想い様初めまして! ..
by おはつ at 15:11
はじめまして 三原の写..
by 片想い at 23:14
鍵コメ様 長いことブロ..
by matsuura-hatsumi at 16:01
ご無沙汰しております。 ..
by いりこ at 08:27
そうそう、私も幼稚園の頃..
by じゅんちゃん at 12:18
「自己中」という怪物が何..
by じゅんちゃん at 17:37
イイネ! よらんし..
by じゅんちゃん at 10:23
改めましておめでとうござ..
by じゅんちゃん at 21:19
乙女ちっくでいいと思いま..
by じゅんちゃん at 10:27
お姉ちゃん、ご卒業おめで..
by じゅんちゃん at 10:21
検索
画像一覧
ライフログ
映画なら
音楽って
私の10冊
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル