Top
タグ:本 ( 35 ) タグの人気記事
風も吹くなり 雲も光るなり
林芙美子…

長い間、彼女が嫌いでした。
一作品も読んだこともなく、読む気もありませんでした。

その理由は、彼女が色紙に好んで書いたという

「花のいのちはみじかくて 苦しきことのみ多かりき」

この一文のせいです。

一生懸命生きているのに、花咲ける日々は短く苦しいことばかり。
もしかしたら人生は、そういうものかも知れないけれど、
「なんでそれをわざわざ色紙に書かにゃあいけんのんよ。
希望を失くすようなこと書きなさんなや」
そんな気持ちでいました。

そんな彼女が思春期を過ごした広島県尾道市。
尾道商店街の入り口には彼女の銅像があり、「あじさい忌」と呼ばれる、在りし日の彼女を偲ぶイベント等も催されます。(2016年は6月26日日曜日)

尾道は好きな町でよく訪れますが、私はこの銅像に何度となく恨みがましい視線を送ったものです。

半年ほど前、この言葉は詩からの抜粋だと知りました。
そして全文を読んでみたのです。

------

風も吹くなり
雲も光るなり
生きてゐる幸福(しあわせ)は
波間の鷗のごとく
漂渺とたゞよひ
生きてゐる幸福は
あなたも知ってゐる
私もよく知ってゐる
花のいのちはみじかくて
苦しきことのみ多かれど
風も吹くなり
雲も光るなり

------

ああ、よかった...

苦しいことは多いけれど、風を感じて、雲を光らせる太陽を知ることもできる。
そんな人生も悪くない。生きるって幸せだね。

そう書いてあると感じました。

彼女の書いたものを読んでみようかな、と思い始めています。
先日尾道で、林芙美子の銅像に「いままでゴメンね」と小さく謝ったのは、ここだけの話にしておきましょう。

a0068930_1894611.jpg

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2016-06-16 18:16 |
読書リハビリ
a0068930_20343384.jpg「真夜中のパン屋さん」、「ビブリア古書堂の事件手帖」。
読み易そうな本を二冊、ぼちぼちやります。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2012-01-18 20:34 |
読書年間! ( 父のたくらみ)
a0068930_1424320.jpg昨年は、本を読むことをあきらめた一年だった。のめり込み体質の私は本の内容に、めっちゃ影響受けるし、もちろん感情移入もする。そんなことになったらさあ大変、いっぺんに使い物にならないオバサンが仕上がるのだ。
とにかく、心に余裕がなければ本は読めない。時間なら何とかなる。夜なべして読み通すことなど屁でもないのだ。

基本、本は小説のみ。ハウツー本は、だいたい挫折するか途中で腹を立ててやめる(笑)。雑誌も読後の空しさが耐えられない。私自身の胸の中、整理整頓して読書スペースを確保した。
きっかけは、年末の掃除で発掘した新聞の切り抜きだ。地方紙中国新聞の随筆欄に掲載された記事の切り抜き。およそ15年前。

読書は、父が私の中にキッチリ遺してくれた大切なライフワーク。復活せんと申し訳ない。


-------

父のたくらみ

 本を読むのが好きだ。未知の場所の様子を知り得たり、今のとは別の幾つもの人生を歩んだ気にすらさせられる。本を読むことで改めて言葉というものの奥の深さを知ったように思う。「本好きに生まれてよかった」と、これまで何度思ったかしれない。
 ある日、思いがけないことを父から聞いた。初めてのお産で実家へ帰ったときだった。父は女の子なら本好きがよいと、生まれたばかりの私のかたわらで本を読みふけり、私に本を読む姿を見せるために空き時間のすべてを費やしたというのだ。
 やがて、私は母に読み聞かせをねだるようになり、それは夜中まで続き、母の方が先に眠ってしまうこともしばしばあったそうだ。
 ショックだった。私の本好きは生まれ持ってきたものではなかったなんて。私は父の思惑通りになったのだ。してやられた、という感じだ。けれどもなぜか、うれしい。感謝こそすれ、腹など立つはずがない。読書という趣味に何度も助けてもらったのだから。
 私も父のように生まれたばかりの娘のそばで一生懸命に本を読んだ。ある時は並んで横になり、ある時は膝の上に乗せながら・・・。それは娘と初めて分け合った時間で、私自身、満ち足りて忘れがたい。
 今、一歳にも満たない小さな娘は上手にページをめくる。分かっているかどうか。そんな姿に、私はこう語りかけるのだ。
「本が好きな子に生まれてよかったね」
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2012-01-13 13:14 | こう思っています
母とクリスマス
・・・・いつのまにか、とっても寒くなっていて、
いつのまにか12月。早いなぁと思いながら、ダラダラと書いている。

-----
お久しぶりです。松浦です。覚えてくださってますか?
不義理に不義理を重ね、仁義を欠いた私のブログですが、まだ見に来てくださってますか?もし、そうだったらありがとうございます。愛想を尽かさずこうして見に来てくださった方に感謝します。
長く書かない間にたくさんの「書きたいネタ」を貯金しました。ぼつぼつ、小出しにしながら、気長にやっていこうと思っています。

まずは、クリスマスのネタから。
-----

a0068930_1173658.jpg私には、大切にしている「新聞記事の切り抜き」が3枚ある。
そのうちの1枚に、12月には必ず、そして母を思うときに取り出して読みたくなるものがある。2008年12月2日付のもので芥川賞作家の川上未映子が書いた「母とクリスマス」という随筆だ。

全文を載せたい思いだが、それは我慢して内容を少しだけ。

子どもにもハッキリと判るくらいの貧しい家に育った彼女にとって、友達の家との格差を思い知らされるクリスマスなどちっとも楽しみではなかった。ある日彼女は、スーパーで母の買い物を待っている時、ワゴンに積まれた服の山の中に銀のラメや小さなフリルで飾られた可愛いトレーナーを見つけ夢中になる。こんな自分を母が見たら買ってあげられないことを辛く思うだろうと、サッと手を放しワゴンの一番下に隠した。疲れた顔をした母に、はよ行くで、と促されスーパーを後にした。
それから数日後のクリスマスの朝、枕元にそのトレーナーが置いてあり、信じられないくらい嬉しい気持ちやお母さんが無理をしたのではないかという気持ちで涙が止まらず、それから毎日そのトレーナーを着た。

そんな内容だ。

豊かな世の中が悪いわけではない。お金の苦労をしなくてもいいのならそれに越したことはないのだと思う。だけど、ものが溢れた世の中で、「ずーーっと欲しくても親に言うことが出来なかったもの」をサンタさんに届けてもらった子どもがどれだけいるのだろう。
おそらく、クリスマスでなくても欲しいものを手に入れることが出来る子どもが殆どではないだろうか。大型おもちゃ店のクリスマスプレゼント用と思われるカタログを手にプレゼントを選
んでいる息子を見ながら、「贈られる歓び」や「ありがたい、という気持ち」、「ものを大切にする心」、「誰かを気遣う思いやり」をこの子は知ることができるのだろうかと考える。そしてそんな心を養える人になるように導いていく責任を感じるのだ。


「わたしのたったひとつのクリスマスの思い出は、喜んだわたしを見て、本当に本当にうれしそうだった、母の顔。」

随筆はそう結ばれており、何度読んでも泣いてしまう。最近年のせいか涙もろい。
自分の子ども時代の事を思い出しては、また、今、母の立場で・・・
子ども達が「よろこび」を感じることのできる世の中であるように、祈るばかりだ。

※この文章を読んでから、彼女の本を全部読んだが、残念ながらこの短い随筆に勝る作品に出会うことができなかった。正直なところ、私のテリトリー外の作風で、今後読むことはないだろうと思いながら本を閉じた。それでも私は川上未映子のことが好きだ。
彼女は最近結婚し、もうすぐ母親になる。そんな彼女をたまに覗いてみたいとも思う。
「母とクリスマス」はエッセイ集として文藝春秋社から出ている「世界クッキー」の中に収められているので機会があったら是非読んでいただきたい。素の川上未映子を見ることができると思う。     
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2011-12-08 17:13 |
さようなら、少女時代の私。
a0068930_15552991.jpg本棚の片づけをした。
独身時代に比べ随分減らしたので3分の1以下の量になったけど、それでもやはりスペースがとれない。
「お菓子全集 ---1950円---」およそ300ページのこの本は、実用と言うより既に「捨てられない想い出」本だ。お菓子のレシピなど、本を持たずしても今やHP、ブログは元よりクックパッド、mixiなどに至っては「いかに簡単に」「いかに安価で」「いかに短時間で」「いかに美味しく」と、人が試行錯誤した末のベストレシピが容易に手に入る、しかもタダで。
とても便利な世の中だ。ありがたい。
30年以上前にお小遣いで“震えながら”買った「お菓子全集」も今となっては使い物にならない。今日日のレシピは「レンチンで(レンジでチンして)」「FP(フードプロセッサー)でガーッして」「HB(ホームベーカリー)へ投入してポン」なのだ。

開いたページのベイクドチーズケーキは100回近く焼いているはずだ。ページが卵の白身かなんかでくっついて剥がした後がある。分量を変えたものが鉛筆で書かれていたり、卵の個数を基準に他の分量を変えようと、
χ:3 = 250:200
とか書かれている。クリームチーズが1つ250gだったから使い切りたくての方程式と見た。内項の積と外項の積を出してから割ってχを求めていたのね、中学生の私(笑)。ホントに想い出いっぱい、見てるだけでウルウルくる。

ま、ともかく想い出は胸の中にしまって、本は処分することにした。今のように自由に買えなかったし、子どもにとっては高価だったから、処分するのには勇気が要った。

大げさだけど、新しいものを手に入れなくちゃ。
そろそろ過去に浸ってばかりはいられない。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2011-09-26 16:02 |
お釈迦さま
a0068930_15572371.jpg好きなんよねー仏像、とりわけお釈迦さま。
特集されていると、つい買ってしまう。何冊目だか。
これは「日経おとなのOFF」バックナンバーフェアだけど、薄い雑誌に690円はきついなぁ。
ま、中身が濃けりゃ言うことは無し。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2011-06-30 15:57 |
お腹を…
a0068930_8281965.jpg
旧知の方々、何も言わないで(笑)
一応、そういう気持ちはあるのよ、ホントに。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2011-04-25 08:28 |
モモエちゃん
a0068930_1048733.jpg私は三浦友和が好きだ。
最近のちょっと汚い役をやってる三浦友和は、ますます好きだ。
いつから好きかというと・・・小学校のころから。
私はモモエちゃん、歌手の山口百恵が大好きだった。今では伝説のように語られる、あの、ステージにマイクを置いて芸能界から去っていったモモエちゃんだ。
写真は、モモエちゃんのサイン。およそ32年前にもらった私の宝物だ。当時「小6時代」という月刊誌があった。アイドルのことや勉強のこと、小学6年生が興味を持ちそうな記事が載っていて、その中で「大好きなアイドルにファンレターを書こう」という企画があり、それを読んだアイドルが一番心に残ったファンレターに誌面上で返事を書いてくれ、サインを送ってくれるというものだった。対象のアイドルは5〜6人いたように記憶しているが、山口百恵の他には、ピンクレディーと西城秀樹しか覚えていない。あとはどんな人がいたんだろう?

モモエちゃんは、好きな人との温かい家庭を築くことが唯一無二の夢だった。だから当時の芸能界での名声も何もかも、捨てることを惜しいとはこれっぽっちも思っていなかったはずだ。
「頂点で引きたい」「満開の時に消えたい」そんな話をするときには決まってモモエちゃんが例に挙げられる。私は、芸能界でもスポーツ界でもボロボロになるまで頑張る人を応援したいけど、モモエちゃんのような生き方もそれはそれで勇気のいる選択で信念を貫くにはかなりの強さも必要だったろうと思う。

三浦友和が1999年に出した本「被写体」を読んだ。婚約発表後、結婚後、おびただしい数の報道陣と戦いながら、妻を守り、子どもたちを守り、「家族」を守った彼の姿が書いてある。
婚約後、あまりにも大きすぎるモモエちゃんの存在に、「彼女の夫にふさわしいと言われる人になりたい」とインタビューで答えた情けなさや自分の妻になることに何の迷いもなく家庭に入ったモモエちゃんと生きていく覚悟や、子どもたちに子どもらしい毎日を送らせたい一心で全身でマスコミから守る(それでも入学式は当日の過剰な報道であきらめなくてはならなかった)彼とその妻の姿が書いてある。
まっすぐで不器用で、だけどそんな彼が本当に男らしく、カッコよく、ますます好きになったのだ。
なんか、もっさい弁護士とか、おっさん刑事とかを「土曜ワイド劇場」とかで見てると、あぁ、いいなぁって思う。最近は、映画なんかでもちょっとカッコイイ役で出たりして。
娘の見ている連ドラで、主役の女の子のお父さんをやってる彼を見て、思わず自慢しそうになった。あ、私がどの立場で自慢するのかわかんないけどね。

当時ゴールデンコンビと呼ばれたモモエちゃんと三浦友和、今でもゴールデンコンビだと、思う。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2011-04-06 10:48 | ひと
内田樹ざんまい
a0068930_9472830.jpg友人に薦められ、まずは図書館で借りることに。読書は好きだけど小説にしか価値を見出ださず他のものは読めない私には、思い切り冒険的な行動だ。ついこの前も話題の「断捨離」を勇気出して買って読んだんだけど、マジ疲れた。「ふんふん、こういうことなんだ〜」とか、そんな感じにはならない私の場合は。
、というわけで内田本、貸し出し期間は二週間なのに6冊 f^_^; 読めるんだろか??
合う本があれば買おうと思っている。

ちなみに、今回借りたのは・・・

邪悪なものの鎮め方 (木星叢書)
14歳の子を持つ親たちへ (新潮新書)
若者よ、マルクスを読もう 20歳代の模索
こんな日本でよかったね 構造主義的日本論 (木星叢書)
下流志向 学ばない子どもたち働かない若者
村上春樹にご用心

の6冊で、まだ5冊も予約中のものがある。まさに凝り性、飽き性の私、せめて全部読み終えたい。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2011-03-23 09:47 |
55人!
a0068930_1136451.jpg下で書いた「団子BOn」ブログをBaseに、そこから私のブログ放浪が始まるわけだけど、その中で気になった本「断捨離」。あまりにウロウロしすぎで、いったいどなたのブログで読んだのか覚えてない。

要は「片付け本」なんだけど、なんでも「断捨離」したら・・・
[仕事の効率が上がる],[早起きが楽しくなる],[素敵な偶然が増える],[自分を好きになる]そうな。
〜〜 開かずの段ボール、ギチギチのペン立て、積ん読本…モノを断ち、ガラクタを捨てれば、執着も離れていく。 〜〜 とも書いてあるし。
自他共に認める片付け下手な私は「読んでみたい」でもHOWTO本が苦手な私が「ダメダメ、読まないよきっと」葛藤する・・・

葛藤の結果、図書館で借りることに決めてネット検索、なんと55人待ちで、スムーズに手にしても最短で770日かかる計算だ!え〜〜〜〜今読みたいのに2年も待てん!、で楽天BOOKSにて購入。

実は、まだ読んでないんだけど・・・「あなたは、○○だと思い込んでいませんか?実は○○なのです。」という苦手なフレーズがチラリと見えた(泣)。
脳裏に浮かぶ、モノに囲まれた落ち着かない部屋とこの本を行ったり来たりしながら、やっぱり読まなくちゃ・・・と言う結論に。

すでに頭の中のリビングが、すっきりオシャレに。
よお〜し、頑張るぞ!ふぁいてぃ〜〜〜〜ん!
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2010-09-21 11:36 |



(有)松浦デザイン事務所広島県福山市曙町5-4-29
by おはつ
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
事務所へようこそ
仕事場にて
日々のできごと
行って来ました
こう思っています
ひと
プロフィール

映画
音楽
法律を勉強中
母として考える
モノと私
美味しいもの
手づくり
家族
好き
着物と和生活
たちまちケータイから
未分類
タグ
(196)
(133)
(72)
(58)
(57)
(40)
(35)
(34)
(32)
(32)
(30)
(28)
(24)
(24)
(21)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
mail:info@cox10.com
http://www.cox10.com
松浦初実 プロフィール
je-pu-pu 無料カウンタ

Facebookは随時更新しています。ぜひ、お立ち寄りください。

ランキングに参加しています。クリックをよろしくね↓広島ブログ
広島関係のブログを集めたブログ紹介サイトです。

--------------------
● 初めまして松浦初実です。
私のことが見えやすい記事を抜き出してみました。
仕事場ははこんな感じ。
「玄関あけたら・・・」
41歳で二人目の母に。
生まれました!
私のイカシた相棒。
新しい彼は・・・
40以降のKIKKAWAが好き。
燃やせ、パッション
いつも気持ちは卓球少女。
シューズさえあれば
ぜひ、ヒロシマに。
明日の神話
今、法律を勉強しています。
「便所の中でも…」
--------------------
最新の記事
風も吹くなり 雲も光るなり
at 2016-06-16 18:16
ポジャギ、始めます。
at 2016-06-14 10:23
2016年3月15日、かさこ..
at 2016-03-22 12:17
ただいま。
at 2016-03-19 14:07
私を作った、いくつかのモノ。
at 2012-04-20 08:38
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 03月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
最新のコメント
片想い様初めまして! ..
by おはつ at 15:11
はじめまして 三原の写..
by 片想い at 23:14
鍵コメ様 長いことブロ..
by matsuura-hatsumi at 16:01
ご無沙汰しております。 ..
by いりこ at 08:27
そうそう、私も幼稚園の頃..
by じゅんちゃん at 12:18
「自己中」という怪物が何..
by じゅんちゃん at 17:37
イイネ! よらんし..
by じゅんちゃん at 10:23
改めましておめでとうござ..
by じゅんちゃん at 21:19
乙女ちっくでいいと思いま..
by じゅんちゃん at 10:27
お姉ちゃん、ご卒業おめで..
by じゅんちゃん at 10:21
検索
画像一覧
ライフログ
映画なら
音楽って
私の10冊
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル