Top
タグ:ニュース ( 34 ) タグの人気記事
住友化学に、惚れた。
石油化学・精密化学・医薬品の住友化学が年間1000万張りもの蚊帳を作っている。

正確に伝えたいので、「エキサイトニュース」の記事を下記に引用した。

ここから-----

2008年8月26日 09時15分
 植民地と宗主国の関係にあった歴史的経緯からアフリカ各地に多くの拠点や情報網を持つ欧州の企業と比べて、日本企業のアフリカ進出は遅れている。そんななかで、着実にアフリカでの存在感を上げているのは住友化学だ。
 その原動力となっているのが、マラリアを媒介する蚊から身を守るために、防虫剤を練りこんだ同社の蚊帳「オリセットネット」である。

 世界で毎年5億人がマラリアを発症し、100万人以上が命を落としているとされるが、その約9割はアフリカのサハラ砂漠以南の地域、サブサハラで発生している。
 防虫剤のスローリリースができるオリセットネットは、洗濯しながら5年間の使用に耐えるとあって、マラリア対策向けに需要が一気に拡大。
 2004年には、米タイム誌の「世界で一番クールな技術」にも選ばれた。現地企業と合弁企業で進出しているタンザニアでの生産量は、年間1000万張りに達している。

 住友化学では、蚊帳事業はもっぱら「社会貢献が目的」(米倉弘昌社長)と考えている。だが、主な購入先となっている国際機関からは、適正な利益は確保するよう要請されている。というのも、事業継続ができなければ、蚊帳の供給も止まってしまうからだ。そのため、住友化学では「いったん上がった利益は学校建設などの形で、再度地域に還元することにしている」(米倉社長)という。

 じつは蚊帳事業から生まれる社会貢献は、それだけではない。
アフリカは現金収入がある職が極めて限られた地域だが、住友化学のタンザニアの工場では、「直接雇用だけで3200人、運送や補修など周辺ビジネスも考えれば3〜4倍の雇用を生み出している」(米倉社長)という。
 現地では、一人の従業員の現金収入で一家を養っていることも珍しくないというから、工場一つで、数万人規模の生活を支えていることになる。

 今年5月、住友化学はナイジェリアに年間2000万張を生産する新たな蚊帳工場の建設を決定した。ナイジェリアはサブサハラ全体の約2割に相当する1億4000万人の人口を持つ国で、オリセットネットへの高いニーズが期待されるうえ、今回生まれる約5000人もの直接雇用を確保しやすいことも決め手となった。
 今年度に立ち上がる、サウジアラビアの拠点との連携など、まだまだ発展の余地もありそうだ。

(『週刊ダイヤモンド』編集部 佐藤寛久)

-----ここまで

私はこの記事に感動した。そして複雑な思いに、ちょっと泣きそうになった。
マラリアで毎年100万人以上が命を落としている現実に。
蚊帳を吊すだけでたくさんの命が救われるという現実に。
アフリカでは、現金収入がある職がきわめて少ないという現実に。
そして、その現実を変えようと貢献する日本の企業が存在することに。

お金さえあれば、物資を支給する事で「援助」はできるし、立派な行為だと思う。
でも、それは一時的なもので結局物資が無くなれば、元の状態に戻ってしまうだろう。

私が、素晴らしいと思うのは、蚊帳が必要な地域に蚊帳工場を建設し、現地の人を雇って生活を成り立たせていること。
学校を建設し、将来の地域社会を担う子どもが教育を受けられる環境を整えていること。
の2点だ。
物資を待っているだけでは地域の生活は変わらない。自分の手に職を持ち報酬を得る機会を与え、ましてやそれは自分たちの命を脅かすマラリアから身を守る蚊帳を作る仕事。その報酬で家族を支え、子どもを学校へ行かせることも出来る。
住友化学は彼らに、生活の安定の他にも、日々の充実感や未来への希望ももたらせたのではないだろうか。

好き、住友化学。

惚れました。出来ることなら株を買って応援したい、無理だけど(笑)。


広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-08-26 10:06 | こう思っています
AED (自動体外式除細動器=Automated External Defibrillator)
a0068930_21204913.jpg今日、救急隊員による救命講習会を受講した。
かねてより希望していたが、なかなか開講場所や日時の都合が合わず、ようやく受講できた。
私の第一の目的は、AEDに触り、実際に使ってみることだった。

目の前で人が倒れている、意識がない。救急車を呼ぶ。
呼吸が確認できない場合、つまり心臓が動いてない場合、4分後には脳に影響が出るといわれ、蘇生しても元の状態には戻れない。救急車が到着するまでの間に死んでしまう場合もあるだろう。
AEDは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器で、救急車を待つ間に私たち一般市民ができる救助活動だ。

以前、こんなニュースを見た。
高校の野球部員(ピッチャー)の心臓を打球が直撃したのだ。
ピッチャーは倒れ、心臓は止まった。
たまたま野球好きの救急隊員が非番で観戦に来ていて、学校が用意していたAEDを使用し、一命を取り留めたというニュースだ。
AEDには録音機能が付いていて、電源を入れると同時に現場の様子が録音される。その番組で流れた音声は、現場のパニックをリアルに伝えていた。
「目を開けて!○○ちゃん、起きて!誰か助けて!」泣き叫ぶ少年の母親・・・
「救急車呼んだか!誰か救急車は!」
周りの誰もが、その少年を案じ、助かってほしいと思っている。でも誰も何もすることができない。
私は、回復した少年の、「助かったことに心から感謝している」という言葉が今も耳に残っている。命はひとつしかない。

AEDを使わなくてよければ、それが一番いい。
でも、もし、使わなくてはならない時には、躊躇わずAEDにファスナーを開けたい。
そのために、講習を定期的に受けていきたいと思っている。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-07-06 21:20 | プロフィール
ミャンマーへ・・・
a0068930_15535721.jpg着なくなった衣類をミャンマーの難民キャンプへ。
たくさん送りたくて規定ギリギリ(縦+横+高さ=150cm)のダンボール箱を探し、できるだけきれいな衣類を詰めた。特に子どもの衣類が足りないらしい。娘の押入をゴソゴソと探した。子供服はすぐ着られなくなるので、きれいな物がたくさんあって嬉しかった。
ここ数ヶ月、心が痛むニュースばかり。新聞もテレビもネットも、事件や事故や?災害で、たくさんの子ども達が悲しい目に遭っていた。
自分の無力さに、現実の、真実の厳しさに、目と耳をふさぐ日々。

涙と心の澱をいっぱい流しながらの私の話を聞いてくれた大事な友人に感謝しながら、自分のできることを自分にできるだけやっていこうと決めた。
このダンボール箱2つが、私の第一歩。
私の気持ちも一緒に詰めた。


----------
今年の受付期間は6月14日まで。ダンボール1箱につき送料募金を1,500円します。
衣替えなどで不要な服が出た方、いかがですか。

わかちあいプロジェクト
フェアトレード・難民支援・自立支援を支援の柱として活動しているNGO
http://www.wakachiai.com/wp/clothes/index.html

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-06-06 16:07 | こう思っています
お母さんと赤ちゃんのために。
*** 書き損じハガキ、未使用切手でささやかな支援ができます。 ***

こんな言葉が目に留まった。こう、続いている。

Q> 書き損じハガキ一枚で何ができますか?

A> ネパールで安全なお産を行うための「安全分娩キット」一個を買うことができます。


私は妊娠19週で入院した。戌の日に巻く腹帯もまだしていなかった。
入院していたのは個人の産婦人科だったが、早産の可能性も高く、NICU(新生児集中治療室)のある大きな病院へ転院した。1000gに満たない超出生体重児でも母胎と同じような環境の保育器で過ごし、助けることができると聞いた。
お腹の赤ちゃんは、まだ700gだった。
助産師さんに「1000gまでもう少し。」「1200gまで」と励まされながら過ごした。
結局私は、出産まで病院で過ごした。その間、寝たきりのときでも、体を拭いてもらい、洗面用具を運んでもらい、食事をベッドまで届けてもらった。
おかげで子どもは予定日近くまでお腹にいてくれて、3444gで生まれてくれた。
私は恵まれている。


書き損じハガキは5円の手数料で新品のハガキと交換できる。
ということは、ネパールの妊婦に必要な「安全分娩キット」は高くても45円ということになる。こういう支援が行われるということは、充分な設備や道具が無くて、出産時に命を落とす女性や赤ちゃんがたくさんいるのだろう。
書き損じハガキがネパールのお母さんの「安心」や「安全」に変わることに現実の厳しさを感じる。
つい昨日、半袖から出る無数の点滴痕を格好悪いと思った自分を恥じた。

使っていない年賀ハガキが確かあったはず、
宛名を間違えてそのままのハガキがあったはず・・・
まずは、引き出しの中を探すことから始めることにする。



----------
ミクシィで、友人の日記に転記してあるのを見ました。私もそのまま転記します。

書き損じハガキ、未使用切手でささやかな支援ができます。

送り先:〒167-0041 杉並区善福寺2-17-5 チャイルド・ファンド・ジャパン 
 
チャイルド・ファンド・ジャパンについて  http://www.childfund.or.jp/

たまたま新聞で書き損じハガキの募集をしていたので送ったところ、案内が送付されてきたので紹介します。フィリピンやネパールの家族や地域の自立に向けた支援をしている団体のようです。
ボランティア団体を装った詐欺まがいの団体も存在するのが実情なので、ご自分で内容を確認して判断されてください。
なお、団体の理事長は青山学院院長 深町正信氏です。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-05-07 11:01 | 母として考える
端午の節句における「広島がんぼ」の図
a0068930_10363328.jpg
6ヶ月の赤ん坊には、こどもの日もへったくれもない。
とりあえず、初節句の記念写真を撮ろうとしたものの、そう簡単にはいかない。
広告で折った兜を頭に乗っけられ、座布団に一人座らされ…。
うちのがんぼったれは「いやなんじゃー」全開!
「がんぼ」とは、広島弁で「やんちゃ」とか「いたずらっ子」とか「がき大将」とか、そんな意味。でもなんか違うな、やっぱり「がんぼ」のニュアンスは標準語には直せない。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-05-02 12:17 | 日々のできごと
生まれました!
a0068930_1244678.jpg10月20日、晴れ。
わが家に大きな男の子が誕生しました。
おかげさまで母子ともに元気です。
「産みの苦しみ」と言いますが、同時に何にも代えることのできない「いのち」を目にした途端、その痛み、苦しみが吹っ飛んでしまう訳です。
なので、お産はニ度目の私ですが、その件はすっかり忘れておりました(笑)。
体調を崩し長期入院の中、家族をはじめ、多くの方々の励ましやご協力をいただきながら、お腹に宿った「いのち」を産みたい一心で過ごしてきました。
我が子を抱く度に、有り難さ・感謝の重みを感じています。
職場に復帰するまでには、もう少し時間がかかりますが、もうすぐ以前のような…いえ、以前より少し忙しくて幸せな毎日がやってきます。
ドタバタと働くママに早く戻りたいと思っています。なにせ、年です。
少し、ゆっくりしようと思っています。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-10-25 12:04 | 家族
怒りなんかとっくに
a0068930_9543353.jpg今日の雨といっしょ。めちゃくちゃブルー・・・。
憤りとか、そういう爆発的な感情を通り越したら、
哀しすぎて少し微笑んでしまいそう。

爪の先ほどしか脳みそがない鳥だって、
孵ったヒナのために、せっせと餌を巣に運ぶ。
大きな鳥にヒナが狙われないように警戒し、
それでも狙われようものなら体当たりでぶつかっていく。

あーあ、人間って何なのだろう。母親って何なのだろう。

産んで、発泡スチロールの箱に入れて、小屋に放置。
赤ちゃんは、生きていたに違いない。しばらくは泣いていたかもしれない。

バイクのヘルメット入れには、赤ちゃんじゃなくてヘルメットを収納してくれ。
「入れてみたら入ったから入れた」って、どういうことなんだろう・・・
考えていることが理解できない、したくもないけど。

へその緒の付いたままの赤ちゃんは、裸のまま・・・
ビニール袋に入れられ、その上から紙袋に入れられ、ゴミ集積場へ捨てられた。
確かに生きていた赤ちゃんは、おそらくは母の手で。

大きな声で泣かなければ、収集トラックの中で押しつぶされて
死んでしまったのだろう。

何にも考えないで、妊娠し、お金がない、お腹がふくれてきた、ひとりで産んで、捨てた。

なんだ?これ。人間って脳みそ無いのか?

文化的な生活をしているはずの人間は、鳥以下か。


もう、違う生き物なのか、人間。

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-05-22 08:23 | 母として考える
護憲。
私のようなものが個人的ブログを通して意見を言っても許されるのなら、
私は護憲派、憲法改正には反対だ。
そして、憲法を改正しようとする第一の目的が9条の改正を念頭に置いてのこととなれば、
なおのこと反対だ。

一年近く、通勤・仕事で使う車の中で、憲法を聴いてきた。
私のように知識の乏しいものでも、「憲法ってすごいなぁ」そう思う。

「敗戦の末、一方的に押しつけられた憲法だ」と誰かが言ったけど、
いいもんはいいんじゃないかと思う。

国民主権・平和主義・基本的人権の尊重、この3大原則をもって、
憲法は国民を守ってくれている。
そして、納税と勤労と教育を国民に課して、
結果、国民の生活の安定と向上を図っている。

一度、崩れたら元にはきっと戻らない。
絶対、戻らない。

もしかしたら、「僕らがせっかく作った憲法を変えちゃったんだから、
その新しい憲法に倣って、アメリカの戦争を手伝ってよね」
とか、言われるかも・・・かもしれない。

私としては、外国のえらい人を招くのに、日本のどこが美しいかを探したり、
やれ、子守唄を歌えの、食事中はテレビを消せだの言っているような、場合じゃない。

「美しい国へ」というのも聞き飽きたけど、その言葉を借りて言うなら
日本で一番美しいのは9条じゃないのかな。

すごい大変なことが起こりませんように、そう祈るばかり。


おおよそ法学生とは言い難い、稚拙な文章ですみません。



---追記---
日本国憲法 第9条は、「戦争の放棄」「戦力の不保持」「交戦権の否認」の3つの要素から構成されている。
条文は下記の通り。

1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-05-15 15:38 | 法律を勉強中
お父ちゃんなんかじゃない
a0068930_18471319.jpg保護責任者遺棄

保護責任者遺棄とは、老年者、幼年者、身体障害者又は病者を保護する責任のある者がこれらの者を遺棄し、又はその生存に必要な保護をしないことをいう。

ここ数年、この言葉が新聞に載らない日はないのではないかと思う。ただ、悲しい。


私は、子どもが辛い目に遭った事件に触れると、必ず思い出す映画がある。
緒方拳と岩下志麻が演じた、1978年公開の映画、「鬼畜」だ。

少し前に、北野武と黒木瞳でリメイクされ、ドラマが放映されたが、私には見る勇気がなかった。

小さな印刷会社を営んでいた男の許に、ある日、妾が三人の子どもを置いたままいなくなる。妻は、男と子ども達に辛くあたり、放ったらかしの乳呑み児は窒息死してしまう。
その後、妻に何も言えない男は途方に暮れて、小さな娘を東京タワーに置き去りにし、(私が思うのには小学2年くらいの)息子に至っては、断崖絶壁から投げ落とす。
もちろん、男の本意ではなかっただろう、男は妻にわからないように彼なりの愛情をかけてやっているようにも見えた。がそうであっても妻の冷たい仕打ちや子育てに疲れたからと言って子どもを捨てていいはずがない。小さな娘は、一緒に東京タワーに上った男にこう耳打ちするのだ、これから捨てられることも知らずに。
「あのね、よっこ、お父ちゃんのこと大好きですよ」・・・

親には、義務がある。
子どもが途方に暮れるような、明日が見えないような生活をさせてはいけない。
自分の足で歩けるようになるまで、手放しで信頼している子どもを裏切ってはいけないと言う義務がある。

以前、書いたこと(母が娘を殺める)と重なるけれど、非道い事件がつづくといたたまれないのだ。
しつけの名の下に紐で縛られ、物置に宙づりにされたまま亡くなった女の子。
殴られ寒空に二時間立たされた上、唐辛子を喉に詰まらせて亡くなった男の子。
子ども達は、死ななければならないような大きな罪を犯したのか、不憫でならない。

親が子を思う心など、存在しないのかもしれない。
「お腹を痛めて産んだ」、血と肉を分けて生を受けたことなど
意味がないのかもしれない。
そう思えてくる。
実際、血の繋がりがなくても労り合い思い合う親子は数え切れないほどいるだろう。


崖から落とされた男の子は、木の枝にかかり、一命を取り留める。
保護されていた警察に迎えに行った男に、
「お父ちゃんなんかじゃない。知らない人だ。」と言い放つ。

保護責任者遺棄は刑法218条で3月以上5年以下の懲役と定められており、
遺棄致死は219条で、傷害の罪と比較して、重い刑により処断するとなっている。


絆という言葉があまりにも重いです。

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-02-13 18:52 | 映画
高田・向井夫妻の代理母問題について「個人的に」私が思うこと。
代理出産で双子の子供を授かった高田延彦・向井亜紀夫妻が出生届を受理されなかったことで品川区を訴え、東京高裁は品川区に対して出生届を受理するように命じる決定をした。

時期はずれな話題だと思われるかもしれない。
けど、私は判決が出てから今日まで、ずっとこの問題を考えていた。
なんだか、これでよし。と思えない。
胸につっかえたものが私にこの話題を忘れさせずにいた。
結果からいうと、私は、受理すべきではないと考える。
確かに今の医学に法律は追いついていないのかもしれない。
でも現時点では、「分娩した人が母親」である。
まず、代理母といういわゆる「借り腹」をしたこと、その子を実子として届け出たこと、
ふたつもルール違反をしていて、それがまかり通るというならルールは無いに等しい。
彼らは嫡出子として届け出たから不受理になったまでのことだ。
戸籍のないまま子どもが成長し、年齢に達しても義務教育が受けられないようなことが
あってはならないとの配慮ではないかと思うが、それを解決する方法は他にはなかったのか。

この判決後の彼女のコメントなどを聞いていて、ふたつのことに気付いた。

まず、彼女はきっと「養子縁組」という親子関係を認めてはいないのだろう、、ということ。それから、「不妊治療を受けられている方々の明るい光になれば」とコメントしているが、それは勘違いではないか、ということ。

以前、「養子縁組をした親子」がどのようにして「本物の絆」を手に入れるかを知る機会があった。
5才くらいの子どもでも、これから自分の親になってくれる人を本能で試すという。
廊下でお漏らしをし、親の買ってきたヨーグルトのフタを全部開けて一口ずつ食べる。
部屋中を散らかして歩き、母親のおっぱいを求める。生まれてからずっと親の元で育った子どもがする全てのことを、もしかしたら自分の親になってくれるかもしれない大人にやって見せるという、意図的ではなく本能で。
一度親に棄てられた、もしくは親を無くした子どもは、「いなくなる親は要らない。こんなに悪いことをしてもそれでも自分の親になってくれるのか、自分を子どもとして受け入れてくれるのか。」
そう、からだ中で訴えてくる。
親になろうとする大人は、子を持ちたいという大人は、それを受け入れて、赦して、抱き留めて・・・
そうやって血よりも濃いかもしれない親子の絆を作ってゆく。
それでも、その親子らは長い人生の中で「血のつながりのないこと」に幾度となく傷つくだろう。
彼女は、判決後のコメントで「親とは何かという議論がされればと思う」とあったが、その言葉を借りていうなら私は、血縁関係が無くても親にはなれると強く思う。
親が幼い我が子を殺してしまう世の中では、血縁関係があればという考えももう危くなっている。
彼女の場合は、間違いなく自分と夫の遺伝子を受け継いだ子どもである。
そして、たとえ実子として受理されても二人の子ども達は自分の生まれ出でた経緯を知ってしまうだろう。同時に紛れもない二人の実子だと言うことも知ることになる。それならば戸籍上、養子であってもその事情さえ子どもに話せば、そのことはあまり問題にならないような気がする。問題になるとするならばそれは、もっと別の部分ではないか。


不妊治療は、出口が見えないトンネルのようだな、といつも思っていた。
子宮があって卵巣もある。卵子が出てきても妊娠するかどうかは、神様しか知らない。
彼女は妊娠と同時に子宮経ガンが見つかったという。だから多分、不妊治療は受けてはいないのだろう。
子宮を失うということは、私には想像もできないほどの悲しみや苦しみを伴うに違いない。
でも、彼女は知らない。
子宮もあって排卵もあって、それでも子どもが授からずに、毎日毎日治療を続ける人の気持ちは。
妊婦に囲まれて、待合室で雑誌に目を落とし、知り合いに「あら、おめでた?」と訪ねられては微笑んで言葉を濁す。両肩と両お尻の皮膚は注射で紫に変色し、薬を飲んで、朝に体温が下がっていませんようにと眠りにつく。毎月毎月、繰り返す。
私は、3年続けてとうとう逃げ出した。二人目不妊故のつらさもあったが、ひとり授かっているだけでも幸せでありがたいという思いもあった。
世の中には、不妊症で悩む人がたくさんいる。もっと長く続けている人は、もっとつらい思いを繰り返しているに違いない。
その人たちに差す明るい光とは、多分代理母問題ではないと思うのだ。
例えば、市や県は「少子化対策」として、3人目を産んだ世帯にはまるで手柄を立てたように報奨金が贈るが、そんなものさっさと止めてそのお金を不妊治療の助成金として遣うとか。
現在も制度はあるがそのほとんどが2年まで10万円が上限である。これくらいの助成は治療費の前には「焼け石に水」なのだ。早々に逃げ出した私でさえ3年間は治療した。
一回5,000円前後の注射を毎月5本以上打つのに・・・
産んだ者への褒美の方が判りやすくてよいのだろうか。
そういうことを決める場に、女性はいないのだろう。少なくとも私はそう思う。

「高田の遺伝子をこの世に残したい」という向井亜紀の名ゼリフ、
気持ちはよく解るが愛しい人の子供がほしいと思っている人はこの世の中に数え切れないほどいる。
だから、悩み苦しむ。

恵まれた条件の揃った彼らの、フライング気味の行動に、賛同はできない。

広島ブログに参加しています。ぜひ、ワンクリックを!

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-11-15 18:32 | 母として考える



(有)松浦デザイン事務所広島県福山市曙町5-4-29
by おはつ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
事務所へようこそ
仕事場にて
日々のできごと
行って来ました
こう思っています
ひと
プロフィール

映画
音楽
法律を勉強中
母として考える
モノと私
美味しいもの
手づくり
家族
好き
着物と和生活
たちまちケータイから
未分類
タグ
(196)
(133)
(72)
(58)
(57)
(40)
(35)
(34)
(32)
(32)
(30)
(28)
(24)
(24)
(21)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
mail:info@cox10.com
http://www.cox10.com
松浦初実 プロフィール
je-pu-pu 無料カウンタ

Facebookは随時更新しています。ぜひ、お立ち寄りください。

ランキングに参加しています。クリックをよろしくね↓広島ブログ
広島関係のブログを集めたブログ紹介サイトです。

--------------------
● 初めまして松浦初実です。
私のことが見えやすい記事を抜き出してみました。
仕事場ははこんな感じ。
「玄関あけたら・・・」
41歳で二人目の母に。
生まれました!
私のイカシた相棒。
新しい彼は・・・
40以降のKIKKAWAが好き。
燃やせ、パッション
いつも気持ちは卓球少女。
シューズさえあれば
ぜひ、ヒロシマに。
明日の神話
今、法律を勉強しています。
「便所の中でも…」
--------------------
最新の記事
風も吹くなり 雲も光るなり
at 2016-06-16 18:16
ポジャギ、始めます。
at 2016-06-14 10:23
2016年3月15日、かさこ..
at 2016-03-22 12:17
ただいま。
at 2016-03-19 14:07
私を作った、いくつかのモノ。
at 2012-04-20 08:38
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 03月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
最新のコメント
片想い様初めまして! ..
by おはつ at 15:11
はじめまして 三原の写..
by 片想い at 23:14
鍵コメ様 長いことブロ..
by matsuura-hatsumi at 16:01
ご無沙汰しております。 ..
by いりこ at 08:27
そうそう、私も幼稚園の頃..
by じゅんちゃん at 12:18
「自己中」という怪物が何..
by じゅんちゃん at 17:37
イイネ! よらんし..
by じゅんちゃん at 10:23
改めましておめでとうござ..
by じゅんちゃん at 21:19
乙女ちっくでいいと思いま..
by じゅんちゃん at 10:27
お姉ちゃん、ご卒業おめで..
by じゅんちゃん at 10:21
検索
画像一覧
ライフログ
映画なら
音楽って
私の10冊
お気に入りブログ
人気ジャンル
ファン
ブログジャンル