Top
<   2010年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
だけどだけども人生は長いじゃない、って歌った浅川マキが死んじゃった。
a0068930_10183989.jpg 浅川マキ、享年67才。
また、私の大好きな歌手が亡くなってしまった。1月17日に。

 私が彼女を知ったのは、たったの10年ほど前で、CDを探すのに苦労した。10年前にはもう、新しいアルバムは出していなかった。
新星堂のオジサンも「あーあーあーあー懐かしいね、浅川マキね、置いてないよ、おそらく何処にも」って言われた。

「アングラの女王」って呼んでいる人がいた。
黒くて長い髪、黒いサングラス、黒い服・・・いつも「黒」。
初めて手にしたCDは、「浅川マキの世界」。1970年に出したアルバムのリマスター盤だ。リアルタイムで購入した人は、レコードに針を落とすとき、どんなに緊張しただろう。「女王の歌」を聴くのだから。
彼女は捨てるように歌う。でもこよなく歌を愛している。

「夜が明けたら」が好きだ。あと「ちっちゃな時から」。
意識してはいないけど、なぜか誰もいないときに口ずさむ。多分これからもね。

「時代に合わせて呼吸をするつもりはない」って言ってた浅川マキ。彼女の音楽に時代は全く関係ないんなら、これからもずっと生きていくんだね。

♪いつかうわさに聞いたあの街へ あの街へ行くのよ
いい人が出来るかもしれないし ンーあの街へ行くのよ♪

そんな感じだね。


寂しくなんか、ないぞ。


----------

「 夜が明けたら 」

夜が明けたら一番早い汽車に乗るから
夜が明けたら一番早い汽車に乗るのよ
夜が明けたら 夜が明けたら

夜が明けたら一番早い汽車に乗るから 
切符を用意してちょうだい 私のために一枚でいいからさ
今夜でこの街とはさよならね わりといい街だったけどね

夜が明けたら一番早い汽車に乗って
いつかうわさに聞いたあの街へ あの街へ行くのよ
いい人が出来るかもしれないし ンーあの街へ行くのよ

夜が明けたら一番早い汽車に乗るわ
みんな私に云うの そろそろ落ち着きなってね
だけどだけども人生は長いじゃない そう あの街はきっといいよ

夜が明けたら一番早い汽車に乗るから
切符を用意してちょうだい 本当本当よお 一枚でいいのよ
いつだって身軽なあたしじゃない そうー乗るのよ

夜が明けたら 夜が明けたら
そう 夜が明けたら
夜が明けたら 夜が明けたら

歌:浅川マキ 作詞:浅川マキ 作曲:浅川マキ


吉川やユノにキャーキャーシビレる私と、山崎ハコや浅川マキに身をゆだねる私、どっちも「私」だよ(笑)。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2010-01-25 10:16 | 音楽
え゛? うそ・・・
a0068930_10512036.jpg
発売当日に売り切れって・・・。
翌日10件以上当たってみたけど、全敗。

-----
即日完売で、増刷されるようだ。月刊雑誌史上初だという。
今、東方神起はコメントもままならない厳しい状況下にあり、今後のスケジュールも未定。「奇跡の五人」とまで言われた彼ら、過酷な練習生時代を耐えてきた彼らが、活動を続けられないのはとても残念だ。彼らにとってプラスの解決というわけにはいかないのかな?
今、下世話な週刊誌ネタ以外で彼らの情報が皆無の状態だから、久しぶりの雑誌への露出はファンにとって本当に嬉しいものだったに違いない。
彼らの人気がどれほどのものかということが、今回の出来事に表れていると思う。
-----

● 記事を読んで書店をいっぱい回ってくれたじゅんちゃん。ありがとうございます。その上、光文社にも問い合わせてくれて・・・じゅんちゃんの気持ちがとても嬉しかったです。
● 出張中の島根で、コンビニ18件回って見事ゲットしてくれた義弟、ホントありがとう。娘の友達用にともう一冊探してくれて、重ねてありがとう。
● 遠い滋賀でも本屋巡りしてしてくれた次妹、ありがとう。

増刷では手に入らないほどの思いやりを頂きました。ありがとうございます。

福山のブロガーさん、いっぱい紹介されています。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2010-01-24 23:02 | 好き
特上カバチ
a0068930_9431551.jpgあれれ〜〜もう始まってたのね〜、特上カバチ。初回見逃しで見る気が下降気味・・・。

「特上カバチ」は「カバチタレ」の続編。私ももちろん(何で「もちろん」なのかわからんけど)全巻持っていて、原作マンガとドラマのギャップについては、この前書いたとおり。
前回の「カバチタレ」では、脇役のイカついオッサンの栄田千春が深津絵里で主役。このギャップにのけぞったが、今回の「特上カバチ」では、ちゃんと田村君が主役で千春ちゃんはオッサンに戻っている。
パパッとキャストを見たところ、原作に近い。特に堀北真希は、一見清楚だが異常に気が強くバリバリ働く住吉美寿々役にピッタリだと思う。大野先生は今回の中村雅俊より陣内孝則のほうが好きだけど。
が、が、今回もやはり・・・すごいギャップの人がいる。
弁護士の検備沢先生だ。
a0068930_9382143.jpgホントはこんな人なのに、テレビでは、イケメンのイソ弁(自分で開業せずにお勤めしてる弁護士)を両脇に従えた、オシャレで切れ者の弁護士となって浅野ゆう子が演じている。
思うに原作には「華やかさ」が無いのだろう。物語を愉しむのにはそんなもんいらないけど、テレビドラマとなるとそうもいかないんだろうな。

書きたいことが「カバチタレ」の記事と重複してしまうので、こっち(2006.11.14)も合わせて読んでね。

このシリーズは、自分の身近に潜んでいるたくさんのトラブルを「法の助け」を借りて解決していく話だけど、原作に書かれていることのどれくらいがドラマに反映されるのかが気になるところだ。
だって、とてもじゃないけど、「夫が借金残したまま事故で亡くなり、やくざみたいな人たちに家財を根こそぎ取りに来られ、小さい娘に最後にもう一回ピアノを弾かせてやりたいと頼み込むと身体と引き換えだと条件を出され、子どもが弾くピアノの拙い音が流れる中、表の外車が揺れてる(カバチタレ1巻)」なんて、「実は夫には落ち度がなく、加害者が先に法の力で責任を逃れた」なんて、「その後も借金を返すために風俗で働かされる」なんて、櫻井君には扱わせない事件でしょう?
これ、私には相当ショックな話で、何日も何日も頭から離れなかった・・・。
「知らないものが負ける」という現実の怖さを教えられた。

このマンガ、楽しむだけのもんじゃないと思う。キッチリ、型にはめられる。


『特上カバチ!』
田島隆 原作、東風孝広 漫画
週刊モーニングに連載
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2010-01-22 09:43 |
濃い、コーヒー。
a0068930_19182074.jpg
グラマーペインでパンを買うと、帰り際にコーヒーのサービスがある。
上手く言えないけど外国のコーヒーの味がする。
寒さに身を縮めながら、紙コップ片手に車へと戻る途中、暮れかかった薄いブルーグレイと黒のコントラストに思わず携帯を取り出し一枚。
立ち止まると左手の濃いコーヒーの香りが私の胸の奥まで入ってきた。

その足で娘を迎えに駅へ。車の中で美味しそうにパクついていた。よかった。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2010-01-21 19:18 | 美味しいもの
ユッキーナ先生のこと
a0068930_16301763.jpg「好きすぎて死ぬ。」最近こういう言い回しを耳にするが、いくら好きでも本当は死なない(笑)、要は「死ぬほど好き。」ってことだ。知ってると思うけど。

先日書いたように、スポーツクラブに通い始めたそこに大好きなインストラクターさんがいる。名前をユッキーナ先生と言う。二周りとはいかないかも知れないが、間違いなく私より一回りは若い。彼女は、エアロビクスを教え、Zumba(ズンバ)を教え、スローヨガを教え、スイミングを教え、スタジオプログラムのない時間には、マシンを使う会員に声をかけたり、受付で笑顔を振りまいたりしている。
いつも元気いっぱいで、一生懸命で、みんなを見ていて、大きな口を開けて思いっきり笑う。とてもチャーミング(←ちょっと昭和風味な表現か?)でホント素敵、でも仕事に対してはメチャメチャ男前で、真剣に取り組んでるのが割れたお腹の筋肉に表れている。
私がこのクラブに通い始めて思ってることは、ここに彼女がいてくれて本当によかった、ということだ。そんなに親しくもない私が言ってもいいのなら、彼女はこのクラブの華で、宝物なんじゃないかな。
デザインとスポーツ、ジャンルは違っても「人」を相手にして「ニーズに応える」というミッション以上のものを持っていると感じられる働きぶりに、仕事人としても見習うべき点が多くあり尊敬もしている。

ユッキーナ先生が担当するZumbaクラスに初めて参加したとき、その楽しさにビックリした。「あぁ、こんな楽しい世界があるんだ。」40を過ぎての初体験に心臓が高鳴り、戸惑いすら覚えた。スタジオの一番後ろでオタオタしていた(今も・・・)私だけど底抜けの明るさでスタジオ中を駆けて弾けている彼女を見ると、ノリのいいラテン系の音楽に煽られて、何だか心躍りワクワクしてきた。自分までイケてる気がして(笑)思いっきり汗もかけるのだ。
帰り際に「Nice Fight! 」なんて言葉をかけてもらうと充実感が20%くらい増える(笑)。
それからユッキーナ先生のクラスを狙っての「追っかけ」(ここらあたり、年甲斐もなく・・・)が始まった訳だけど、彼女のクラスはいつもスタジオいっぱい、数えてはいないけど100人近いはず、広いスタジオは飽和寸前の状態だ。前の方には「あなたたちは・・・プロじゃろ!」と思うような人たちがたくさんいて、ユッキーナ先生と共にクラスを盛り上げている。Zumba自体の楽しさも多少は手伝っているのだろうが、そのスタジオで巻き起こる底抜けの楽しさは、やはり彼女の魅力以外の何ものでもないだろう。
そして私が考えているようなことは、他の会員の方もとっくの昔に気付いていて、「ユキちゃんじゃないといけん。」とか「ユッキーナ先生のクラスを増やすよう直訴してきた。」とか「ユキちゃん、明るいし、笑顔がええ。」とか「ユキちゃん最高!」とか、、、とにかく毎回あちらこちらから常に聞こえる。彼女が代行で入ると知ると、予定を変えてクラブに残る人もいっぱいいる。

私は、彼女に元気をもらっている。そう思う。

運動神経はいい方ではないけれど、それでも楽しく一生懸命身体を動かし汗をかけるのはユッキーナ先生のおかげ。たいぎい時でも「行こうかな」って思わせてくれる。
「好きすぎて死ぬ。」とは言わないけど、「死ぬほど好き。」だ。
この記事の中に、何回「楽しい」って書いただろう。語彙のバランスを取るために随分消したのに、まだまだ残ってる「楽しい」の文字。私、ホンマに「楽しい」んじゃなぁ・・・

がんばろ。

※ 彼女の笑顔を載せてみたいけど、写真撮影禁止なので・・・探して見つけたこの画像!
クラブのスーパーバイザーをされている水野博美さんのブログから。先日来福された時の記事より。黄色いパンツがユッキーナ先生だ!(可愛い!)


動いた分、食べるんじゃけぇ、痩せませんとも、ええ。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2010-01-18 16:30 | ひと
私が、八ツ場ダム一連の騒動に思った、たったひとつのこと。
a0068930_11424046.jpg
ちょっとタイミングがズレた感もあるけど、それでもやっぱり書きたくて。

なんか、どうなんだろう。1200億円とか2600億円とか・・・想像も出来ないような金額が「意味のない(かもしれない)」ダムに遣われ、この先も工事を続けるなら、もひとつお金が掛かるという。
行っても地獄、戻っても地獄。みたいな状態・・・
どっちの政党が悪いとか、どの大臣が悪いとか、そういうのにもうんざりだ。
56年もの間、地元のためになると信じて立ち退いた人がどれだけいただろう、先の人生が変わった人だって少なくないはずだ。
いい加減にして欲しい。政治って何だろう。それだけの資金を投入する大仕事が、役に立つものかどうかも判らないのか、いやいや判っていても勧めちゃうだけの理由があるんでしょう。なんだそれ。

タイトルにした「私が、八ツ場ダム一連の騒動に思った、たったひとつのこと。」

それは、八ツ場ダムに関係した人には悪いけど、私の実家の立ち退きのことだ。
37年くらい前、私の父は家を建てた。もともと先祖のものだった土地を買い戻し、そこに家を建てた。私は6才だった。家を建てて2,3年して「家がバイパス道路に取られる」と聞いた。聞いたと言っても私は子どもで、そんなことを話している大人たちの話を聞いた。ということだけど。
その間、家を増築したり、修理したり、家に手を加えるときにはいつも「いつバイパスに取られるかもしれんのに」と家族でつぶやいていた。
10年くらい前、説明会が頻繁に行われるようになった頃、父は体を壊していて入退院を繰り返し、私が出席することも少なくなかった。
父は、「なんぼ“この家がええ”ゆうても国が決めたことじゃけん、もろうた金で今と一緒くらいの家が建ったらそれでええわ。」と言っていた。
バイパス工事の終点近くだった実家に金額を提示に来たのは、8年くらい前で国全体が「不景気」と言われ始めた頃だった。国土交通省の代理で市役所の担当者が家に来る。始めに提示された金額は声も出ないようなもので、「この金で土地を買い家を建て、引っ越し、今の家を転かして、更地にするのか。出来るはずがないじゃろう・・・」
工事が始まったのは、バブル全盛期だ。同じ工事でも始めに取りかかった地域には、土地の値段に相場の2倍近くが支払われたと聞いていた。「築20年以上の中古を買って住んでいたのに、いっぺんに長者になった。」という知人の話を複雑な思いで聞いていたことを思い出す。
そして、ウチの実家も余所様から「ようけもろうたんじゃろう?」「大儲けじゃね。」と言われだす。日ごろおつき合いのある人からの「妬み」を受けて、社交家の母も神経がずいぶんまいっていた。父は心労が重なり、思い悩み、眠れず、それから10日も経たないうちに突然息を引き取った。
新しい家はバリアフリーにしよう。「別荘地のようだ」とみんなが言ってくれる素晴らしい景色は見られなくても、やっぱり海は眺めたいね、お父ちゃん。
a0068930_12124560.jpg
↑実家から筆影山が見える。体調を崩してからの父は、部屋から双眼鏡でこの景色をよく眺めていた。
100年をとっくに越える大きな庭木が何本もあったけど、全部連れてはいけない。切った椿の切り株からは、何日も何日も止まらない涙のように水が溢れていた。
父が生前どうしても連れてきたいと願った、柊の老木だけを連れて行った。

金では到底まかなうことの出来ないものをみんな山ほど捨てて移るのだ。

墓参りに行くとき、必ず実家の跡を通る。
オレンジ色の金網で入口を塞がれ、その先に見えるのは土の塊と、雑草と、ショベルカー・・・何万回も昇って下りた階段のコンクリートの欠片さえ、もう無い。

後から判ったことだけど、初回の提示額というのは諸経費等の細かい計算が必要なものが入っておらず決定金額より幾分か少なめになっている。実際のところはもう少し多かったので、結局、土地の広さを以前の3分の2に減らしたり、立木の伐採と処分を親戚の男衆で行ったり、とにかくなんとか賄うことが出来た。

意味のない道路やダムのために退く人の気持ちは測り知ることが出来ない。

また、書かなければならないのは、立ち退く側の苦しみだけではない。国土交通省の代理として市の職員が交渉にあたっておられたが、父の葬儀には(おそらく)個人的においでくださり、契約の折りには数珠を持参され納骨前の父を参ってくださった。いろいろなところで立ち退き該当者に辛く当たられたことと思う。他に言って行くところがないのだ。大変な仕事だったに違いない。
その証拠に、実家の担当だった方はひどい発作で入院したと聞いた。

望むのは、ただただ望むのは、、

利用する人が「この道路が出来て、本当に便利になった。」と思ってくれること。

それ以外、救われない。

※かなり感情的になって書いています。後日、加筆修正するかもしれません。ごめんなさい。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2010-01-10 22:42 | こう思っています
ふだん着の襦袢、お誂え
a0068930_16141724.jpg出来上がってきた。普段の襦袢。着物がほぼ正絹なので、襦袢も正絹で。着物と襦袢は同素材だと馴染みがよいと聞いたので、そのようにした。汗かきなので「うそつき」(上下二部式に分かれていて、肌襦袢に長襦袢の袖だけ付けた物)の方がいい気もするが、あのシュルシュル感が好きなので・・・。
ケータイは色が出ないなぁ、、これは灰桜色と黒の市松模様。地模様が桜の花びらで可愛い。
今、寒すぎて着物のことが考えられないけど、春になったら着ようと思う。紺色で模様の入った黒い紬があったな。あれにしようかな。いや、黒に水色で細〜い格子の入ったたれもんがあったな。うん、黒字に紅型でちいちゃいカルタを染めたのは?・・・って結局ぜんぶ黒じゃんか!
次にお願いするなら、赤・・・にしようか?濃い濃い赤に芥子の帯なんてどうだろう?

こんな私を応援してほしい。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2010-01-09 16:14 | 着物と和生活
吹き初め会
a0068930_0293445.jpg本日1月4日は、吹奏楽団の今年初練習日、つまり吹き初め。
部員を応援する一番のファン、追っかけである保護者会「絆の会」が出動した(笑)。
本日の練習は午前中のみで午後から部員はレクレーションで楽しむらしい。「絆の会」はお昼ご飯のお手伝いだ。メニューは、お握りに豚汁と餅をつく。ついた餅は、いちご大福やあん餅、きなこ餅に。
夏合宿の手伝いで、まぁ量の凄さには免疫が付いているものの、炊きあがった米はナント8升だ。ドラム缶のような寸胴ふたつ分の具だくさん豚汁も野菜を切るまでの下ごしらえが勝負で終わってしまえば、ビニール手袋をしてみんなおにぎりを待ちかまえる。素振り?イメージトレーニング?両手をニギニギとエアおにぎり。1升で40個という指令の下(笑)、にぎる(ゆかり)、握る(こんぶ)、ニギル(おかか)、NIGIRU(小エビ)・・・・320個♪
お餅もこれまたナント4臼分。
最初は機械でいちご大福分を。その後は写真の通り子どもたちがついてくれる。

寒い寒い一日も、豚汁とみんなの笑い声・・・「あ、足先の感覚が失われていくぅ・・・」と鼻まで真っ赤だった同級生のお母さんも笑顔満開、気づいてみれば全員笑顔。
何とも和やかで楽しい一日だった。

a0068930_12551596.jpg最後に。写メる暇もなく底を尽きる寸前の豚汁画像(泣)。ギリギリセーフで。

集合時間通りに調理室へ駆け込むと、既に用意された材料がテーブルに振り分けられ、ホワイトボードにはレシピから後片付けまでの段取りが書き出され、一晩水に浸けられた餅米があり、休憩時間の茶菓子の差し入れまでもが用意されている。
今更改めて書くまでもないが、物事というのは計画と準備までが大仕事である。
所謂、裏方の先輩保護者に感謝感謝なのだ。


こんな私を応援してほしい。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2010-01-04 23:29 | 家族
寅年です
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

a0068930_121467.jpg


え、、、と。このトラさんは誰か、というコメントを頂きまして・・・「もしや、ご主人では?」なんて聞かれたもので・・・非常に言いにくいのですが・・・彼は、東方神起のリーダー、ユンホ君です。好きです。

こんな私を応援してほしい。
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2010-01-01 13:00 | 日々のできごと



(有)松浦デザイン事務所広島県福山市曙町5-4-29
by おはつ
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
事務所へようこそ
仕事場にて
日々のできごと
行って来ました
こう思っています
ひと
プロフィール

映画
音楽
法律を勉強中
母として考える
モノと私
美味しいもの
手づくり
家族
好き
着物と和生活
たちまちケータイから
未分類
タグ
(196)
(133)
(72)
(58)
(57)
(40)
(35)
(34)
(32)
(32)
(30)
(28)
(24)
(24)
(21)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
mail:info@cox10.com
http://www.cox10.com
松浦初実 プロフィール
je-pu-pu 無料カウンタ

Facebookは随時更新しています。ぜひ、お立ち寄りください。

ランキングに参加しています。クリックをよろしくね↓広島ブログ
広島関係のブログを集めたブログ紹介サイトです。

--------------------
● 初めまして松浦初実です。
私のことが見えやすい記事を抜き出してみました。
仕事場ははこんな感じ。
「玄関あけたら・・・」
41歳で二人目の母に。
生まれました!
私のイカシた相棒。
新しい彼は・・・
40以降のKIKKAWAが好き。
燃やせ、パッション
いつも気持ちは卓球少女。
シューズさえあれば
ぜひ、ヒロシマに。
明日の神話
今、法律を勉強しています。
「便所の中でも…」
--------------------
最新の記事
風も吹くなり 雲も光るなり
at 2016-06-16 18:16
ポジャギ、始めます。
at 2016-06-14 10:23
2016年3月15日、かさこ..
at 2016-03-22 12:17
ただいま。
at 2016-03-19 14:07
私を作った、いくつかのモノ。
at 2012-04-20 08:38
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 03月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
最新のコメント
片想い様初めまして! ..
by おはつ at 15:11
はじめまして 三原の写..
by 片想い at 23:14
鍵コメ様 長いことブロ..
by matsuura-hatsumi at 16:01
ご無沙汰しております。 ..
by いりこ at 08:27
そうそう、私も幼稚園の頃..
by じゅんちゃん at 12:18
「自己中」という怪物が何..
by じゅんちゃん at 17:37
イイネ! よらんし..
by じゅんちゃん at 10:23
改めましておめでとうござ..
by じゅんちゃん at 21:19
乙女ちっくでいいと思いま..
by じゅんちゃん at 10:27
お姉ちゃん、ご卒業おめで..
by じゅんちゃん at 10:21
検索
画像一覧
ライフログ
映画なら
音楽って
私の10冊
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル