Top
<   2008年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
GREEN DAYS
a0068930_15657.jpg槇原敬之の「GREEN DAYS」。
ちょっと古いけど、DRIVE MUSICはここ数ヶ月ずっとこれ。
リピートの嵐でヘヴィローテーション。
リピート係は助手席の娘。
運転中は私と二人で大合唱三昧。

「青春」って過ぎてから「あぁ、あの頃が私の青春時代だったのか」て気付くんだ。
100%の力で生きたか、と自分に聞いてみるけど答えることはできない。
やろうと思えば何でもできる時期を何となく過ごした後悔で口の中が苦い気がする。
過去の自分に会えるなら「今しかないんよ、めいっぱいやるんよ!」と
尻をたたき、ほっぺたをペチペチして叱咤叱咤叱咤激励するだろう。

この歌を大声で歌っていると、青春時代まっただ中の人がうらやましく思える。
11歳の娘が歌うのを聞くと、眩しすぎて胸が詰まる。

わからない事だらけでも
ホントの事だけ探していこう
そんな気持ちを誰もがきっと
青春と呼ぶのだろう
まっすぐにまっすぐに伸びる
この緑色の道を
歩きながら続いていく
僕らのGREEN DAYS

特に、ここのフレーズが好きだ。

娘のこれからを思いながら、私も気だけは若く持ちたいと願いながら、

もうしばらくは、DRIVE MUSICを「GREEN DAYS」のまま、
娘と大合唱を楽しみたいものだ。

いつまで一緒に歌ってくれるのか・・・

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-03-26 15:05 | 音楽
トビウオのぼうやはびょうきです。(明日の神話、誘致先「渋谷」に決定)
a0068930_1812089.jpg小学生のころ、夏休みの宿題は「夏休み帳」で。
低学年の読書は「トビウオのぼうやはびょうきです」。

上手に飛べるようにと、練習に出かけるぼうや。
青空に向かって、白い雲に向かって、高く上手に飛べるよう・・・
そして、「死の灰」を浴び被爆してしまう。
お父さんは死んでしまった。
頭が痛い、瞳は濁ってしまい、皮膚はブツブツだらけ・・・
一生懸命介抱するトビウオのお母さん。
ぼうやは言う。
「どうしてこんなに苦しいの?何にも悪いことしていないのに。」
ぼうやの病は不治の病。
「泣かないで、おかあちゃん。ぼくね、げんきになったらおとうちゃんを探しに行ってあげるよ。」

そして絵本の最後には、

だれか トビウオの 小さい ぼうやを たすけて やれる ひとは いないでしょうか。

こう、書かれている。

---------

私たち、広島県に住む子どもなら何度も読んでいる物語だ。
「夾竹桃の歌」「青い空は」「似島」そして「原爆ゆるすまじ」
原爆反対の歌はいくつも歌える。

戦争を知らない私の世代。
おばあちゃんやおじいちゃんや、原爆を体験した人たちからの話を聞いて、
平和公園でお弁当を食べて、原爆ドームの横を普通に通って、折り鶴を折って、
8時15分に黙祷して・・・

戦争未経験の人間で、戦争の悲惨さを、平和の大切さを一番知っているのは
ヒロシマの人間じゃないかな、そう思う。

「明日の神話」は他の絵とは違う大事な大事な役割がある。
「明日の神話」の絵が語りかけてくる、その意味を
ちゃんと後世に伝えることができるのは、
ヒロシマの子ども達じゃないかな、そう思う。


ただ、残念・・・

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-03-25 18:00 |
しりとりロックンロール♪
最近のCMを見ていると、クライアント側で決定権を持つ担当者も広告代理店の担当者も制作部の責任者も、みぃーんな同年代なんじゃないかな、と思えるものが多い。
もちろん、購買層のターゲットが私ら世代で、そこにキャッチーなCMを作ったものもあるかも知れないが、そうでないものもありそうだ。

たとえば…

キリンの缶コーヒー「FIRE」だけど、あの、
「♪挽きたてぇ〜挽きたてぇ〜、美味いファイヤー挽きたてぇ〜♪
美味さ承知で飲んでみな♪」
っていうのは、私ら世代は知っている、爆風スランプの「無理だ」のメロディー。
「腕立てぇ〜腕立てぇ〜♪無理だ、ワニの腕立て伏せ♪無理を承知でやってみな!」
と歌うんだ、ホントは。
もしかして、「挽きたて」をキーワードにしてCMを作るとき、
40もつれのコピーライターが、
「挽きたて、挽きたて…うーん、挽きたてかぁ…
挽きたて、挽きたて…ん?挽きたてー♪挽きたてー♪」
ってできちゃったのかも。

それからこういうのもあるよね、安田成美が
「マントヒヒ、ヒトコブラクダ、ダックスフンド、ドウモ♪」って歌うCM。
これまた、懐かしい!横浜銀蠅の「しりとりロックンロール(動物編)」。
私は、中学3年生。あの頃は真面目な女子もみんな、ちょっと不良に憧れる感じで横浜銀蠅を気にしてた。
元の歌には、まず、「アァァァ〜」とターザンの雄叫びがきて、
「アライグマ、マントヒヒ、ヒトコブラクダ、ダックスフンド、ドウモ♪」ってなる。


(動物編)と言うからには、他のバージョンもあるんだけど、メロディーは全部CMと同じ。

(お弁当編)っていうのは、
「アジフライ、炒り卵、五目うま煮、肉ダンゴ、ごちそうさま!」
お腹がすいたら歌ってたなぁ。

(女の子編)っていうもあった、
「あけみ、みさよ、よしえ、えつこ、今夜は帰さないぜ ★」
時代を感じる名前が微妙・・・

こうやって、CMを見ながら昔を懐かしむ四十代が日本中にいるのだろう。
皆、それぞれ責任あるポストに就き活躍しているはず(マークXの佐藤浩市みたく♡)。
そんな世代なんだ、私。
不惑の40、仕事も生活も充実させなくちゃ。


ホンダ ステップワゴン スパーダ(SPADA)のCM曲
『Don't Let Me Be Misunderstood(悲しき願い)』に思わず「ベイベーッ」と続けてしまう私。
Santa Esmeralda(サンタ・エスメラルダ)でなく、尾藤イサオなのが哀しい。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-03-24 11:10 | 音楽
朝日に夕日に
a0068930_829139.jpg墓参りへ。
父らの眠る場所からは、育った町のほとんどが見える。
海と山の間の細長い町、糸崎。
戦後栄えた、その当時は大きかった糸崎駅。
国道を跨いで小学校へ繋がる歩道橋。
今日は雨がぱらついて、はっきり映らないが、
いつもなら、海の先の島まで。
懐かしい眺めは、もう覚えていて、目を閉じてもみえる。

朝日に夕日に照り映ゆる
瀬戸内海の島々も
長井の浦のさざ波も
往き来の船も絵に勝る
美しさ優しさ、これ我が願い

父も母も私も妹たちも、みんなが通った糸崎小学校が見える。
いつもは頭の中で歌う校歌を今日は声に出して歌ってみた。
娘が私の顔を見ていた。
夫の方を向くのは、ちょっと気恥ずかしかった。


お墓参り、行かれましたか?

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-03-23 08:29 | 日々のできごと
怒っても?
なんだか変なコメントが、ひっきりなしに入ってくる。
消しても消しても入ってくる。
他のブログに行ったとき、同じようなコメントが入っていたから
無差別に何かの言葉が引っかかって入るようになっているのか・・・

うんざりだ。
削除するのに疲れる。

ブログはコメントをくださる方とのコミュニケーションが
取れてこそ、完成すると私は思っている。
せっかくくださったコメントが、そういう変なコメントと一緒に並ぶのが
ホンマに申し訳なくてたまらない!

そして削除作業で疲れて、なかなかコメントに返事が出来ない。
「っくっそぉ〜!この時間があったら返事できたのに!」
なんべん思ったかしれない。

誰に怒ったらいいのか分からないけど、私は怒っている。

同じ思いをされている方、いらっしゃいますよね?

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-03-10 09:55 | こう思っています
主婦の友、氷川きよし
--------------------------
前回の記事「達者でナ」を書いていて、以前書いた「氷川きよし」の記事をブログにアップしていないことに気づいた。
ちょっと恥ずかしいけど、記録として残しておこう・・・
2003年1月に書いたので私も30代半ば。笑って許してね(笑)。
--------------------------


a0068930_165826.jpg 昔のように“ちょっと気になる”くらいではTVの前に座れなくなりました。やってもやってもやらなくちゃならないことが次々にあるものですから。
きっと私だけではなく、母で、妻で、働くオンナである皆さんなら同じように毎日を忙しく過ごしているのでしょう。
 そんな私が厳選した、「できれば見たい番組」(厳選しても“できれば”と付くのが悲しいけれど)のなかに「NHK 歌謡コンサート」があります。演歌フリークなので全部見られずとも何人かの歌が聴ければプチ幸せ気分なのです。タイミング良くお目当ての歌手に当たればなお嬉し、です。
 最近だと、氷川きよし。そう、彼から目が離せません。
整った顔立ちとハキハキした受け答え、純情そうな笑顔に天然ボケが たまらなく可愛いらしい 。 意外にしっかりした歌唱力も手伝って今ではおばちゃん、おばあちゃんたちのトップアイドル、演歌界に輝く星の王子様なのです。

 しかし、私が彼を気にする理由はそんなことではありません。そう、私は気付いてしまったのです。
あれは、夕食後のひととき茶の間でくつろぎ、TVの中の彼をぼんやり眺めているときでした。

「泊まっていけよ、今夜。」
その声に振り向くと白いバスローブを羽織った彼が ソファにもたれて私を見ているのです。
彼の後ろには東京の、濃紺の夜景。戸惑う私にニコリともせず、
「好きなんだろ。」
と冷たく言い放つ彼。濡れた髪を掻き上げて、射るような視線を向ける彼の前に立ちつくす私。
“もう、後戻りは出来ない。”と大きく息を吸い込んで覚悟を 決め、ハンドバッグを床に落とした瞬間でした。

「ママぁ、やだねったらやだね~って何がいやなん?」

ふと気付くと隣では義母がお茶をすすっており、その横では義父が耳掃除、 娘の食べたミカンの皮を広告に包んでからTVに目をやると彼の出番は終わっていて、チェウニが「星空のトーキョー」を歌っています。
「何だったんだ、今のは?ちょっと疲れているのかな?」
私は胸の鼓動を抑えながら現実の世界と、つかの間の夢の世界をフラフラさまよいながら座卓を拭いていました。

 それ以来私は彼の出る番組は欠かさずチェックしています。私の中でいつしか想像は確信へと変わり、
「TVではこんなへらへら笑っていてもカメラが回ってなきゃ“脱げよ、”だもんなぁ~」
などとつぶやきながら彼を目で追うのです。

  実際のところ彼は母性本能をくすぐられて舞い上がっているおばさまたちを踏み台にしてスターダムへとのし上がっていくような、そんなしたたかな男らしさを持ち合わせているのでしょうか?
少なくとも私はそういう「悪い男」と信じてあげたいと思っています。
でなけりゃ世間様に踊らされている彼が滑稽であまりにも可哀想な気がするのです。


ガンバレ!私の王子様!ガンバレ!氷川きよし


今でもやっぱりそんな氷川君が好き。

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-03-08 22:00 | 音楽
達者でナ
a0068930_17165450.jpgはい、この「達者でナ」は、三橋美智也の曲。
1960年(昭和35年)の曲だから、私が生まれる6年前の歌。

実は(っていうほどの秘密じゃないけど)私は演歌好き。
ここのところずーっと低迷している演歌界の人気の回復に多大なる貢献をしてくれている、氷川きよし君も応援している。(こういう恥ずかしいブログを書いたこともあった・・・)
ドライブミュージックのレパートリーにも、しっかり氷川君が入っているが、
彼はアルバムのなかで、昔の歌のカバーをずいぶんと歌っている。
私の年でさえ、「どっかで聴いたことあるかな」というような古い歌だ。
オリジナルを聴いたことがない歌、満載だ。

なかでも私は「達者でナ」が好き。

周りに受け入れられないので、ipodや運転中など一人で聴くことが多いせいか、
いろんなことが頭に浮かぶ。ここからは私の想像で何の裏付けもないが・・・

仔馬を立派な馬に育て、売る。
少しでも高く売れるように一生懸命育てる。
たくましく育ったその馬は、買われた先で荷車を引いたり、人を乗せたりするのだろう。
馬を育てて売ることを生業にしているのだから、馬との別れは当然。
それでも、それでも殊のほか相性がよく愛情を注いだ馬との別れは、無条件に辛い。
町の暮らしに馴染むだろうか、可愛がってもらえるだろうか・・・・

その情景が目に浮かび、不覚にも涙がこぼれてしまう。

ああ、愛情って、温かいなぁ。


達者でナ

作詩:横井弘 作曲:中野忠晴

わらにまみれてヨー 育てた栗毛 今日は買われてヨー 町へ行く
オーラ オーラ 達者でな オーラ オーラ 風邪ひくな
離す手綱が ふるえふるえるぜ

俺が泣くときゃヨー お前も泣いて ともに走ったヨー 丘の道
オーラ オーラ 達者でな オーラ オーラ 忘れるな
月の河原を 思い思い出を

町のお人はヨー よい人だろが 変る暮しがヨー 気にかかる
オーラ オーラ 達者でな オーラ オーラ また逢おな
かわいたてがみ なでてなでてやろ


ちょっと、写真の馬のイメージが違いますけど・・・

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-03-06 17:19 | 音楽
夢。
a0068930_11385797.jpg中学校の頃からファンだった「なかにし礼」。
彼が小説を書くようになってから、ますます想いは募った。

市民大学の講演で彼が福山に来ると知り、飛び上がって喜んだ。家族に無理を言い、行かせてもらった。

講演後、著書を購入すると宛名のついた署名をしてもらえると知った。
もちろん、彼の本は既に持っていたが、サインがもらえるならと、一番好きな「長崎ぶらぶら節」を購入した。
小さな紙片に自分の名を書き列に並ぶ。私は平仮名で「まつうら はつみ」と書いて待った。

「ん?なんで平仮名なのかな?」
彼はそう言って私を見上げたが、
何と応えてよいか、また、何と答えか覚えていない。
そして、彼は脇目を振ったために書き損じてしまった。
「すみません、書き直します。」
スタッフが新しい本を用意している間に、

彼はその書き損じの横に、日付と「夢」の一文字を書き加えて私にくれた。

その、特別な「夢」が嬉しかった。
私は「長崎ぶらぶら節」という本を三冊持っていることになるが、
この「書き損じの横に「夢」と書いてある」本が一番大事だ。

人生一度きりだから、夢や目標を持って生きていきたい。
人生一度きりだから、夢や目標はたくさん持って生きていきたい。

そう思う。

けど、最近私はひとつ夢をあきらめた。
一人で生きているわけじゃないから、自分の欲だけを求めるわけにはいかない。
我を通せば周りを巻き込んで、結局自分が破滅する。
どうしても、立ちゆかなくなった。

夢をあきらめるのは、けっこう時間もかかり辛い決断ではあったけど、
代え難い宝物もたくさん持っている。
それに、また、新しい目標も出来つつある。

あきらめたり、捨てたり、見つけたり、拾ったり・・・
叶えられれば、それに越したことはないけど、そんなに簡単にはいかないのも「夢」
格好悪いな、と思うけど、

こうやって、生きていくんだな。

生きるって格好悪いことだ。そう誰かがいってたな・・・

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-03-04 11:38 |
ささやき橋
a0068930_15952.jpg
1mほどの橋。
「ささやき橋」なんてロマンチック。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-03-02 17:25 | 行って来ました
軒並み
a0068930_15101320.jpgひな祭り。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-03-02 14:45 | 行って来ました



(有)松浦デザイン事務所広島県福山市曙町5-4-29
by おはつ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
事務所へようこそ
仕事場にて
日々のできごと
行って来ました
こう思っています
ひと
プロフィール

映画
音楽
法律を勉強中
母として考える
モノと私
美味しいもの
手づくり
家族
好き
着物と和生活
たちまちケータイから
未分類
タグ
(196)
(133)
(72)
(58)
(57)
(40)
(35)
(34)
(32)
(32)
(30)
(28)
(24)
(24)
(21)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
mail:info@cox10.com
http://www.cox10.com
松浦初実 プロフィール
je-pu-pu 無料カウンタ

Facebookは随時更新しています。ぜひ、お立ち寄りください。

ランキングに参加しています。クリックをよろしくね↓広島ブログ
広島関係のブログを集めたブログ紹介サイトです。

--------------------
● 初めまして松浦初実です。
私のことが見えやすい記事を抜き出してみました。
仕事場ははこんな感じ。
「玄関あけたら・・・」
41歳で二人目の母に。
生まれました!
私のイカシた相棒。
新しい彼は・・・
40以降のKIKKAWAが好き。
燃やせ、パッション
いつも気持ちは卓球少女。
シューズさえあれば
ぜひ、ヒロシマに。
明日の神話
今、法律を勉強しています。
「便所の中でも…」
--------------------
最新の記事
風も吹くなり 雲も光るなり
at 2016-06-16 18:16
ポジャギ、始めます。
at 2016-06-14 10:23
2016年3月15日、かさこ..
at 2016-03-22 12:17
ただいま。
at 2016-03-19 14:07
私を作った、いくつかのモノ。
at 2012-04-20 08:38
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 03月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
最新のコメント
片想い様初めまして! ..
by おはつ at 15:11
はじめまして 三原の写..
by 片想い at 23:14
鍵コメ様 長いことブロ..
by matsuura-hatsumi at 16:01
ご無沙汰しております。 ..
by いりこ at 08:27
そうそう、私も幼稚園の頃..
by じゅんちゃん at 12:18
「自己中」という怪物が何..
by じゅんちゃん at 17:37
イイネ! よらんし..
by じゅんちゃん at 10:23
改めましておめでとうござ..
by じゅんちゃん at 21:19
乙女ちっくでいいと思いま..
by じゅんちゃん at 10:27
お姉ちゃん、ご卒業おめで..
by じゅんちゃん at 10:21
検索
画像一覧
ライフログ
映画なら
音楽って
私の10冊
人気ジャンル
ファン
ブログジャンル