Top
<   2008年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧
お宮参り
a0068930_1115659.jpg生後100日ちょうど。
お宮参りに出かけ、その後にお食い初めも。
三原から母も来てくれ、総勢7名。
母に祝ってもらった産着をかけて(かけたのはお義母さんだけど)、すくすく育ってくれるよう、祈願。
密かに、私も着物で行こうと計画を練っていたのに、周囲の反対と、お乳の心配と、考えてみれば私が一番バタバタ動くんだったと思い出し、しょんぼりとスーツに・・・。
神社から写真館へ、記念写真を済ませて料理屋へと、忙しい1日だった。

こうやって、ひとつひとつ行事を終えながら、子どもの成長を見守っていくんだなぁと疲れて寝入った息子を眺め、自分もまた、両親に同じようにして育ててもらったことに感謝。
父が生きていたならば、息子の誕生をどんなに喜んでくれただろうと、厳しく、石頭で、融通の利かない、強くて恐い父が、目を細めて息子を見る姿を思い描く。
母はカバンの中に父の写真も忍ばせていた。

たくさんの人の愛情を受けながら、どうか元気に大きく育ってほしい。

わんぱく坊主の片鱗を表してます。

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-01-27 11:29 | 着物と和生活
タイヤキヤイタ
a0068930_15322860.jpg赤子の眠っている間、タイヤキヤイタ。
あんこはいつも買う鯛焼き屋さんで購入しておいた。
準備万端、時間が空いたらチャンス!

鯛焼きは、ビタントニオ(Vitantonio)のバラエティサンドベーカーで焼く。
毎朝のホットサンドもこれで作っている。
プレートを替えれば鯛焼きだって焼けるのだ!

去年の5月に買って鯛焼きはまだ二度目、ワッフルは未経験、だけどもう別売りプレートに目を奪われてしまっている。

ビタントニオとはずいぶん仲良しになりそうだ。

ごちそうさま。


おいしかった・・・

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-01-26 15:32 | 日々のできごと
手紙
a0068930_1711461.jpg広島市内に住む友人から手紙が届いた。
お互いに携帯電話もパソコンも持っていながら、
よく、手紙のやりとりをする。
美術館へ行けば、その時の作家のカードを買い求め、
旅行に出れば、その土地の絵はがきを。
長い封書の時も、たった一言の葉書の時もある。
切手を貼って宛てた人に届くまで数日、
メールのように瞬時には届かない。
でも、やっぱり、手紙が好きだと思う。
その人の触れた紙やインクから、温かさがにじみ出てくる。
中にはそうでない人もいるかも知れないが、
女は、自分一人で自分の友人に会いに出かける時間が無い。
ゆっくりとランチを取りながらお互いのことを話し合う、
そんな時間を取りづらい環境だ。
夜、用事を済ませ便箋を開くとき、しんとした部屋でペンを持つとき、
私にとって、それが友人との会話なのだろう。
手紙は、その行間も伝えてくれ、伝わってくる。

忙しい友人からの久しぶりの手紙には、
お正月に撮った着物姿の写真と、洋梨の小さなピンバッジが添えられていた。


手紙、書いてみませんか?

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-01-24 17:01 | こう思っています
3ヶ月(^-^)
a0068930_1732428.jpg息子が20日で満3ヶ月を迎えた。
出産から1ヶ月で職場復帰となったので、
あっという間に3ヶ月が過ぎたという感じだ。
親に似て頭デッカチなのか、まだ首がすわらない。

まだ、ゼンマイ仕掛けのような息子

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-01-20 17:03 | 日々のできごと
眉は女の…
a0068930_1043537.jpg眉毛って、顔の中ではあんまり役に立ってない方だと思う。
「汗が目にはいるのを防ぐ」という役割についても、なんだか後から付けたっぽい。
役には立っていないかもしれないが、形ひとつで「見た目」を大きく左右するという厄介なのが眉毛だ。私も毎朝、剛毛の眉と闘っている。
そういえばその昔、「眉毛のテンプレート」なるものも流行したなぁ・・・

資生堂のアイブローペンシルは210円。
私はもっぱらこれである。

かつて、安井かずみは毛皮のコートにルージュ1本入れてデートに出かけたと書いていたが、私の場合、口紅は忘れようとも眉ペンだけは持って出る。

少しでもカッコよく眉毛が描けるかと高価なものも買ってみたが、私にはこれが一番でとても描きやすい。
210円でこの書き味、実に優秀。この眉ペンよりコストパフォーマンスの高い商品はないのではないかと思うくらい。

私がデザイナーの腕を一番発揮しているのは、自分の眉を描くときなのだろうか?
もちろんそんなんじゃ、ダメだけど。

眉毛、女の永遠のテーマですね。

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-01-19 10:43 | プロフィール
ハコとカンカン
a0068930_10434886.jpgハコとカンカンが捨てられない。
どうしても、捨てられない。
というか、箱が欲しいために買ったりもする。
ビンもカンカンも。

「おぉ!これは携帯用の裁縫箱にちょうどいい!」
「こっちには布の切れっ端を」
「あぁ!これはMDを収納するためにあるような箱!」
「スゴイ!引き出しにピッタリ!」
とまあ、空箱・空カンカンは大活躍なのだ。

以前は洋菓子店の缶に夢中だったが、今、注目のジャンルは「和菓子の箱」。
和菓子の箱は、けっこう高価な紙(時には布)を貼っているものが多い。
お店で箱詰めを頼むときの箱代も和菓子店の方が高い。
私はそれを着物の小物用にしている。
半襟、帯締め、帯揚げ、かんざし、帯留め etc...
もう、出したり入れたり詰め替えたり、それが楽しくてしょうがない。

出番を待っている箱や缶や瓶もたくさんある。
「要るかもしれん」と取っているリボンや紐もいっぱいだ。
こんなものが部屋中にあるので、常に片付かない状態の部屋で暮らしている。

けど、絶対に捨てられないことだけは、確かなのだ。

「私も!」って方、クリックしてください!

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-01-18 10:43 | 好き
おはよう(^-^)
a0068930_8182421.jpg今朝は、通学路の旗振り当番。
白い息の中、子どもたちがくれるたくさんの
「おはようございます」が溜まった疲れによく効く。

子どもたちはスカート、半ズボン。元気だ!

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-01-17 08:18 | 日々のできごと
R35 Sweet J-Ballads
a0068930_11205490.jpgあまりに話題なのでレンタル。
「もう一度、妻を口説こう。」って、お気に入りの佐々木蔵之介にも言われたし。
特別好きな曲が入っているわけではないけど、続けて聴くとやはり懐かしい。
私が結婚したのは1994年。
あんな事があったり、こんな事もあったりで、泣いたり笑ったり。20代の私の感情は、けっこう忙しかった。
「R35」・・・90〜94年の16曲が収まったこのアルバムは、Amazonによると2007年で一番売れたコンピレーションアルバムだそうだ。
このCDを聴いている人は皆、その曲の向こう側にいる自分や自分を取り巻く環境を思い出しているんだろうな。

収録曲は、●CHAGE and ASKA / SAY YES(91年)●米米CLUB / 君がいるだけで(92年)● JAYWALK / 何も言えなくて…夏(92年)● 山根康広 / Get Along Together ~愛を贈りたいから~ (93年)●藤井フミヤ / TRUE LOVE(93年) ●シャ乱Q / シングルベッド(94年)●T-BOLAN / 離したくはない ●稲垣潤一 / クリスマスキャロルの頃には(92年)● 中西圭三 / Woman(92年)● class / 夏の日の1993(93年)●槇原敬之 / もう恋なんてしない(92年)● 財津和夫 / サボテンの花(93年)● オリジナル・ラヴ / 接吻 Kiss(93年)●徳永英明 / 壊れかけのRadio(90年)●藤谷美和子・大内義昭 / 愛が生まれた日(94年)● 中山美穂&WANDS / 世界中の誰よりきっと(92年)

私だったらどんな選曲をするだろうか。
洋楽へ傾いていた時期だけど、邦楽の中から選ぶのなら、こんな感じかな?

●真夏の夜の夢/松任谷由実-1993 ●MAKE UP SHADOW/井上陽水-1993 ●決戦は金曜日/DREAMS COME TRUE-1992 ●ごめんよ涙/ 田原俊彦-1989 ●あー夏休み/TUBE -1990 ●Show me/森川由加里-1994 ●チョット/大黒摩季-1994 ●じんじん/原由子 1991 ●桃色吐息/高橋真理子-1993 ●今すぐKiss Me/LINDBERG-1990 ●BOY MEETS GIRL/trf -1994 ●WON’T BE LONG/バブルガム・ブラザーズ-1990 ●GET CRAZY/プリンセス・プリンセス-1988  ●OH MY LITTLE GIRL/尾崎豊 -1994

うーん、これじゃあ「ジーン」とはこないかぁ・・・

ご存じの曲があれば、さぁワンクリック!

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-01-16 10:50 | 音楽
もともと太っている妊婦
、で検索して私のブログへ来た、そこのアナタ・・・・
ホントのことだけど、悲しすぎますぅ〜。

同情票でもいい・・・

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-01-15 17:16 | プロフィール
バブルへGO!! タイムマシンはドラム式
a0068930_11322546.jpg気になっていた映画、「バブルへGO」。
テレビで放映されていたので親子で鑑賞。
バブルのまっただ中に独身OLだった私は、小躍りしながら最後まで観てしまった。
スプレーで固めて上へ持ち上げた、不自然な女性の前髪、肩パットの入ったボディコンスーツは差詰め「JUNKO SHIMADA」か「Pinky&Dianne」だろう。
男性は男性で金ボタンの紺ブレ、髪の毛真ん中分けでローファー。肩にカーディガン羽織ったり。
な、な、懐かしいっ!
私の洋服ダンスには未だ健在だぞ、バブル時代の洋服。
もう着られないけど。

この映画のようにタイムマシンに乗って昔へ遡り、過ちを修正できれば、みんな「間違いのない」人生を送れるのだろう。
でもどうかな?私は要らないな・・・
そりゃ、ちょっとは覗いてみたいし、昔はいっぱい失敗もしたし、父がこんなに早く亡くなるんなら、もっと素直に接していればよかったとか、後悔することもあるけど、それでも自分の歩んで来た道を修正はしなくてもいいな。
躓いたから得たものを私は結構たくさん持っている。それを失いたくないから。

それを思い出したことも含めて、この映画、楽しかった。

うん、うん、ああやって踊ってた。

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2008-01-14 11:09 | 映画



(有)松浦デザイン事務所広島県福山市曙町5-4-29
by おはつ
カテゴリ
全体
事務所へようこそ
仕事場にて
日々のできごと
行って来ました
こう思っています
ひと
プロフィール

映画
音楽
法律を勉強中
母として考える
モノと私
美味しいもの
手づくり
家族
好き
着物と和生活
たちまちケータイから
未分類
タグ
(196)
(133)
(72)
(58)
(57)
(40)
(35)
(34)
(32)
(32)
(30)
(28)
(24)
(24)
(21)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
mail:info@cox10.com
http://www.cox10.com
松浦初実 プロフィール
je-pu-pu 無料カウンタ

Facebookは随時更新しています。ぜひ、お立ち寄りください。

ランキングに参加しています。クリックをよろしくね↓広島ブログ
広島関係のブログを集めたブログ紹介サイトです。

--------------------
● 初めまして松浦初実です。
私のことが見えやすい記事を抜き出してみました。
仕事場ははこんな感じ。
「玄関あけたら・・・」
41歳で二人目の母に。
生まれました!
私のイカシた相棒。
新しい彼は・・・
40以降のKIKKAWAが好き。
燃やせ、パッション
いつも気持ちは卓球少女。
シューズさえあれば
ぜひ、ヒロシマに。
明日の神話
今、法律を勉強しています。
「便所の中でも…」
--------------------
最新の記事
風も吹くなり 雲も光るなり
at 2016-06-16 18:16
ポジャギ、始めます。
at 2016-06-14 10:23
2016年3月15日、かさこ..
at 2016-03-22 12:17
ただいま。
at 2016-03-19 14:07
私を作った、いくつかのモノ。
at 2012-04-20 08:38
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 03月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
最新のコメント
片想い様初めまして! ..
by おはつ at 15:11
はじめまして 三原の写..
by 片想い at 23:14
鍵コメ様 長いことブロ..
by matsuura-hatsumi at 16:01
ご無沙汰しております。 ..
by いりこ at 08:27
そうそう、私も幼稚園の頃..
by じゅんちゃん at 12:18
「自己中」という怪物が何..
by じゅんちゃん at 17:37
イイネ! よらんし..
by じゅんちゃん at 10:23
改めましておめでとうござ..
by じゅんちゃん at 21:19
乙女ちっくでいいと思いま..
by じゅんちゃん at 10:27
お姉ちゃん、ご卒業おめで..
by じゅんちゃん at 10:21
検索
画像一覧
ライフログ
映画なら
音楽って
私の10冊
人気ジャンル
ファン
ブログジャンル