Top
<   2007年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ヒサビサマフィン(^-^)
a0068930_2053423.jpg
30分、時間を空けて
マフィンを作った。
久しぶりのいい匂い〜
メープルと、ブルーベリー
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-04-26 20:05 | 日々のできごと
燃やせ、パッション!
a0068930_9232845.jpg朝から何だけど、いま私は「吉川晃司」に夢中である。
気になるとか、そんな半端なものではない。
久しぶりに、オトコに骨抜きにされた状態である・・・

彼がブレイクした頃、確か私もアイドルに熱を上げる年頃だったはずなのに、
たいしてカッコイイとも何とも思ったことはなかった。
私が好きなのは、今の吉川晃司だ。

彼を意識し始めたのは、映画「レディ・ジョーカー」を観た頃からだろうか。
私は他人がけっこうケチを付ける、一般的に失敗作と言われる映画でも、そこそこ愉しんで観ることができる。
「レディ・ジョーカー」もネット上のレビューでは、酷評ばかり。
それでも観たかったのは、常々新聞のコラムなどで、何をも恐れず自分の考えを述べる高村薫の原作という理由からだった。
見終わった後、やはり、「こんなもんではないはずだ」と未読の原作を買いに走ったわけだが、原作を読んでも、色褪せることのない人物がいた。
吉川晃司が演じる半田修平だ。
埃を含んだようなモサモサ頭とヨレヨレのコート、生きていくのも面倒だというような風体の犯罪者が、かっこいいはずはないんだけど・・・いいや、かっこよかった。
「吉川晃司」が演じたからか? だからか?
そう思うと気になって仕方がない。

若いスタッフに言わせると、「ただの背の高いオジサンにしか見えない。」彼だが、まだまだパワフル、エネルギッシュである。

芸能人に熱を上げるような余力が、まだ私にあったのかと少し驚きながら
彼の出る番組をチェックし、いたずら坊主のような素顔とクールでアブナい歌いっぷりに目を細めている今日この頃だ。

彼の最近の曲「サバンナの夜」の歌詞が頭をよぎる。

燃やせ、パッション
いまを忘れ、いまを踊ろう
本気でなくちゃ いつだってさ
明日は来ない

41歳でもこんな詞を書いて、こんな歌を歌う吉川晃司がやっぱりカッコイイ!

取り急ぎ、本日(4月26日) の19時からRCCの「神様の宿題」に彼が出るので、
魅力の再確認をしてみようと思う。

私も燃やせ、パッション!

うちのニューフェイスは、もう吉川晃司を知らない。

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-04-26 09:28 | 音楽
ドライブの友♪
a0068930_17444112.jpg
食いしん坊だから
車の中にこういうものが増える。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-04-24 17:44 | モノと私
女の意地
a0068930_12401576.jpgおしゃべりをする相手もなくて、何だか口寂しいとき
決まって出てくる鼻歌がある。
それも、最後まで歌詞を知らないので、
残りはハミングでごまかす。

小学生の時から歌っていたような気がするこの歌の題名を
私は、ついこの間まで知らなかった。

先日、iTunes music storeで「想い出まくら」をDLしていたところ、
ふと、目に付いたタイトルが「女の意地」。

視聴ボタンをクリックして、私は飛び上がった。
「あー、この曲、「女の意地」っていうんだ。」
なんだか、感慨深くしみじみとその曲を聴いた。

昭和40年に流行った歌、今は関口宏夫人の西田佐知子が歌っていた。
私はまだ、生まれていない。

こういう偶然に出会うのは、やっぱりインターネット世界のおかげ。
CDもとっくに廃盤で、題名も判らない、それでも忘れなかった昭和の歌謡曲が
私のIpodにはたくさん詰まっている。
素直に嬉しい。

もともと昭和歌謡の好きな私だけど、昔の歌謡曲って深いなぁ〜なんて思う。
今の若い子もJ-popと呼ばれる最近の歌を40年後に聞いて、
「いいなぁ」と思うのかな、ちょっと疑問。

--------

[女の意地]

こんなに別れが苦しいものなら
二度と恋などしたくはないわ
忘れられないあのひとだけど
別れにゃならない女の意地なの

二度と逢うまい別れた人に
逢えば未練の泪をさそう
夜風つめたくまぶたにしみて
女心ははかなく哀しい

想い出すまい別れた人を
女心は頼りないのよ
涙こらえて夜空を仰げば
またたく星がにじんでこぼれた


一度聴いてみてね。

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-04-19 12:40 | 音楽
保護者のモラル低下
まったく・・・出るのはため息ばかりなり。

授業参観に出かけて、明るい気分で学校を出ることが滅多にないなんて、
なんだか面白くない。
そして、その原因のほとんどが、自分と同じ立場の保護者のモラルの欠落に依るものであるから、まったくもって不愉快な訳なんだ。

子どもが進級して初めての参観日。
担任の先生にも興味があるし、クラス変えをした教室の雰囲気も気になる。
いつものように仕事を抜けて出かけると、始業時間に参観している保護者は私ひとり。
しばらくして、パラパラと増えてくる。

教室の後ろで参観する保護者が、なんであんなにおしゃべりするのか私には理解ができない。
もちろん全員ではない。でも、少数でもいてはならないと思う。
バタバタとスリッパを鳴らし、お辞儀もせずに教室へ入り、私語三昧。
挙げ句の果てには、違うクラスの保護者が入ってきて、そこで先生にお尻を向けておしゃべり。

私は、教室を出た。

先生と子どもに対して恥ずかしかったからだ。

授業を受けている子ども達と、授業を行う先生に対する礼儀は払わなくていいのか。

先生は、さぞかし不愉快だったと思うし、子ども達は授業に集中できなかっただろう。
申し訳ないなあと本当に思った。

私は、別に優等生保護者になりたいわけでもないし、
できることならクラスの保護者の方とは仲良くやっていきたいと心から思っている。
けれど、おかしい。絶対おかしい。

二年ほど前の懇談で勇気を出して、このことを発言したことがある。
学年便りのような手紙で、参観する保護者は私語を慎むようにと促してほしいとたのんだ。
その反応は意外なもので、驚いたことに先生がそれを躊躇したのだ。

授業中、参観している保護者の私語を先生が注意して何が悪いのか、そういう、保護者に対する無意味な遠慮がなぜ必要なのか、理解できない。

先生には毅然とした態度を執っていただきたいし、
保護者には、せめてルールとマナーだけでも守って欲しいものだ。

自戒の意味も込めて。

私がおかしいのかとつい思ってしまうけど・・・

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-04-18 18:35 | 母として考える
ファイキン・・・
a0068930_1016672.jpg人はどうして「ちょっとしか見えないもの」を「もっと見たい」と思うのだろう。

先日、実家に帰った際、次妹とゆっくり話す機会があった。
滋賀と広島に離れているので積もる話しもある。
が、話した内容のほとんどは、他人のブログ「木目町内会日報」についてだった。

↑勝手に拝借したファイキン町内会長の近影

私は以前にも「哀愁のまち、木目町を訪ねて・・・・」と言うタイトルでこのブログについて勝手に語ったのであるが、それでもまだ、書ききれず今に至る。

改めて言っておくが、私たち姉妹と「木目町内会日報」の管理人ファイキンとは一面識もなく、ましてや紹介したからと言ってアフィリエイトなども発生しない。
でも、書かずにはいられない。姉妹で夜中まで語るほど、それほど魅力的なブログなんである。
あんまり知らない、ネット上でしか知らないこの人の情報を、むさぼりあうように盛り上がる姉妹。

まず、右の帯を見てほしい。「物欲悶絶品」コーナーが私は好きだ。
すごいお洒落なものから、懐かしい逸品、おもしろグッズまで、不定期だけど毎回テーマを持って更新している。私もずいぶんな楽天市場ヘヴィユーザーだが、いくら楽天をうろうろしたところで一般人には到底たどり着けないような掘り出し物を紹介してくれている。何度PCの前で唸ったか知れない。
そして、「どうか私のクリックがファイキンの得になりますように・・・」といろんなところをクリックする。

「木目町内会日報」

肝心のブログ本文についてだが、それは、あなた自身の目で見て読んで感じていただくしかない。しかし、ひとつだけ書くとしたら、「私の人生をちょっと豊かにしてくれた」ブログだということ。

丑三つ時、妹とのファイキン談義は止まらない。

死ぬまでに一回会いたい、ファイキン。

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-04-11 10:18 | ひと
ぐちぐち・・・・
もし、酒が飲めれば、今頃はあおってふて寝だろう。

たとえば、独身の頃ならば、友人を呼び出して
居酒屋かなんかで、思いっきり不満を愚痴り、泣き
「わかった、わかった。よしよし。」
などと、なだめてもらうのだろう。

ひとりでショットバーへ行き、黙々と飲むのもいい。

こうやって書きながら、
そんな昔もあったなぁなんて、センチメンタルにもなる。

でも、もうそんなことはできない。

明日も朝がくるし、有給休暇などない。
上司が夫なら、家で上司への不満ももらせない。


せめて、ブログでくらい・・・ちょっと愚痴ってみる。

よしよし。a>

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-04-10 23:10 | 日々のできごと
あまり略して書くのも・・・
a0068930_11203931.jpgこれ、私の手帳に書いてあるのだが、
そして、もちろん私が書いたのだが、
先日、なんのことだか思い出せずに苦悶した。
「PBD」と書きながら、それが「Papa Birth Day」のことだと気付いたのも最近。
仕事も私用も一冊で賄わなければ、予定が立てられないので私用はなるべく、ぱっと見で解らないようにと気を遣うけど自分までもが解らないと意味がないな・・・

「母お笑い」

これは、母が漫才を見に行くという、私にはあまり関係のない予定(笑)。

予定は、解りやすく。

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-04-05 11:20 | 日々のできごと
事務所のストーブで…(その3)
a0068930_11424338.jpg今日は、どうしてもイモを焼く。
ゆうべから決めていた。絶対イモを食べるって。
滅多に食べないから、がっかりしないように
イモは超奮発して1本180円の徳島産だ。デカイ。
あー、昼ご飯には間に合わない。
3時のおやつだな。



a0068930_15563623.jpg

ただいま4時。
いい匂いの中、仕事をしたので
気持ち的にはおやつ終了。
温かいまま持って帰って、白ご飯の変わりに食べよう。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-04-04 11:42 | 仕事場にて
教育理念は?
a0068930_17235775.jpg私は、娘の担任教師が家庭訪問に来られた際、必ず「失礼ですが、先生の教育理念を教えていただけますか?」と尋ねる。

小学一年の時の担任の先生は「何からも逃げない。子どもと真正面から向き合うこと」とおっしゃった。
お孫さんもいらっしゃる先生に失礼を承知で勇気を出して尋ねたのだが、私はこの応えがとても嬉しく頼もしかった。そして、娘は「恐い恐いおばちゃん先生」と不満を漏らすこともあったが、私は、全面的にその先生を信頼していた。休憩時間にはベーゴマを回して見せてくれるような先生だった。

「特にありません。」
そう言われたのは、その翌年。私は返す言葉もなかった。
私はそれまで、どんな職業に就いても、そこで自分を活かすべく目標を立てるものだと思っていたので、ビジョンを持たない職業人、まして未知の可能性を持つ小学生が相手の教育者がいるなんて・・・
ただ、打ち拉がれた。

昨日、ちらりと見たテレビ番組で「ダメな教師を作ったのは、もっとダメな親たちだ。」と言っていた。
解らない訳ではないが、本当にそれだけなのか・・・
娘が入学してから一貫して私が守ってきたことは、「先生の言うことは正しい。」そう子どもに言い聞かせること。今の世の中、子どもは自分と同等に先生を扱う。それは、かつては存在した「家庭の中での上下関係」が無くなり、少子化が進んでからは「友達親子」といった関係がスタンダードになってきているからかもしれない。
けれど「先生は絶対正しいし、先生は子どもより偉い。」「先生は友達なんかじゃない。生徒よりずっと上の人。だからいっぱい大事なことを教えてくれる。」これがないと、教える側と学ぶ側のバランスが崩れると私は思っている。
正直なところ娘の話を聞きながら、先生の言動や行動に疑問を抱いたり失望することもあるが、それは私の問題として片づけ、「先生は、もっと先まで考えていて、生徒のために一番いい方法をとっているんだよ。」と言い聞かせる。本当にそうであってほしいと願いながら。

娘は、今年5年生。自分の中にある程度の判断材料を備えているだろう。

担任の先生は、せめて、せめて、教育理念くらい持っていてほしい。

広島ブログに参加しています。ぜひ、ワンクリックを!

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2007-04-03 17:24 | 母として考える



(有)松浦デザイン事務所広島県福山市曙町5-4-29
by おはつ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
事務所へようこそ
仕事場にて
日々のできごと
行って来ました
こう思っています
ひと
プロフィール

映画
音楽
法律を勉強中
母として考える
モノと私
美味しいもの
手づくり
家族
好き
着物と和生活
たちまちケータイから
未分類
タグ
(196)
(133)
(72)
(58)
(57)
(40)
(35)
(34)
(32)
(32)
(30)
(28)
(24)
(24)
(21)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
mail:info@cox10.com
http://www.cox10.com
松浦初実 プロフィール
je-pu-pu 無料カウンタ

Facebookは随時更新しています。ぜひ、お立ち寄りください。

ランキングに参加しています。クリックをよろしくね↓広島ブログ
広島関係のブログを集めたブログ紹介サイトです。

--------------------
● 初めまして松浦初実です。
私のことが見えやすい記事を抜き出してみました。
仕事場ははこんな感じ。
「玄関あけたら・・・」
41歳で二人目の母に。
生まれました!
私のイカシた相棒。
新しい彼は・・・
40以降のKIKKAWAが好き。
燃やせ、パッション
いつも気持ちは卓球少女。
シューズさえあれば
ぜひ、ヒロシマに。
明日の神話
今、法律を勉強しています。
「便所の中でも…」
--------------------
最新の記事
風も吹くなり 雲も光るなり
at 2016-06-16 18:16
ポジャギ、始めます。
at 2016-06-14 10:23
2016年3月15日、かさこ..
at 2016-03-22 12:17
ただいま。
at 2016-03-19 14:07
私を作った、いくつかのモノ。
at 2012-04-20 08:38
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 03月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
最新のコメント
片想い様初めまして! ..
by おはつ at 15:11
はじめまして 三原の写..
by 片想い at 23:14
鍵コメ様 長いことブロ..
by matsuura-hatsumi at 16:01
ご無沙汰しております。 ..
by いりこ at 08:27
そうそう、私も幼稚園の頃..
by じゅんちゃん at 12:18
「自己中」という怪物が何..
by じゅんちゃん at 17:37
イイネ! よらんし..
by じゅんちゃん at 10:23
改めましておめでとうござ..
by じゅんちゃん at 21:19
乙女ちっくでいいと思いま..
by じゅんちゃん at 10:27
お姉ちゃん、ご卒業おめで..
by じゅんちゃん at 10:21
検索
画像一覧
ライフログ
映画なら
音楽って
私の10冊
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル