Top
<   2006年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
心の闇
a0068930_18435535.jpg「心の闇」という言葉をよく耳にする。

思うに、女は誰でも「心の闇」を持っているのではないか、
そう呼ぶかどうかは別にして、そんな気がする。
結婚して別の家族を持ち、子どもが生まれ、育っていく中で、
いろんな困難にぶち当たる。
それは子どもの問題に限ったわけではない。
それぞれの立場が責任あるものに変わってゆき、
なすべきこと自体も大きいものになってゆく。

その中で、自分の無力さを感じたり、向かう相手の大きさを思い知らされたりする。
年をとると裏切られ方も受けたときのショックも半端でなくなる。
人間関係の難しさを垣間見たり、それでも避けて通れないときに、どうするだろう。

女はそういうとき、いったん心の中にある大きな暗い洞窟に閉じこもるのではないか。
そこで底知れぬ孤独感と向き合いながら、蘇生していくのを静かに待つのではないか。
表面上はいつもと変わらぬように過ごしながら・・・。

しばらくすると女は、知恵や努力や何より経験からコツをつかみ、
洞窟で過ごす時間が短くなる。入らなくて済むようになる人もいるだろう。

おそらく、多くの女性はそうやって、
自分の内側でかろうじてバランスを取っていきながら幸せに生きている。

決して「心の闇」などというたいそうな名をつけて、
その捌け口を外へ、ましてや他人に向けることがあってはならない。
どういう理由があっても肯定されてはならない。
「心の闇」のせいにしてもらっては困るのだ。

時折、女はその洞窟へ籠もりたいこともあるのだから。




このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-06-30 23:24 | こう思っています
プロフィールっぽいバトン
a0068930_13243016.jpg


広島市の敏腕ライター、カミガキ女史からバトンが回ってきた。
とってもベーシックな質問で、読んでいただいた方へのプロフィール代わりになるかな?と思ってチャレンジ。
長いけど最後までよろしくお願いします。 では、いってみよー!




---- s t a r t ! ---

1 回す人を最初に書いておく

何しろバトンは初めてでとまどいを隠せない松浦です。
以下、記入しながら少ないお知り合いの方にお願いをする心の準備をしようと思います。

2 お名前は

松浦 初実です。

はつみ、の「み」の字は「美しい」ではなくて「実のある」「実」です。

卒業証書まで「初美」と書かれた私。印鑑もクレーム返品。

自分の名前は正しく覚えて欲しいと切に願っています。

3 おいくつですか?

39才。バトンをいただいた神垣女史や、愛しい男に会いたいばかりに放火して捕らえられ火刑に処された「八百屋お七」と同じ丙午(ひのえうま)の女。
不惑の40まで100日を切りました。

4 ご職業は

グラフィックデザイナーです。
現在、 松浦デザイン事務所では商業デザインにまつわる、あらゆる事業を行っていますが商業印刷物のデザインから始めました。基本を怠らないように、初心を忘れないように、そういう思いでグラフィックデザイナーと名乗っています。

5 ご趣味は

難しい・・・熱しやすく冷めにくいので非常に多趣味です。
今は去年建てた事務所のインテリアを充実させたいのと着物でお出かけ。
深く知りたがりなので道草が多いです。
本読んで、キャンプして、映画観て、スキーで滑り降りて、ミシンかけて、勉強しています。

6 好きな女性のタイプは?

う、、、ルックスでいうと、佐藤友美とか高畑淳子みたいなカッコイイ人が好きです。
興味を持って見る人は、淡路恵子、小林聡美、余貴美子、かな?

聞かれてはいませんが、男性は・・・北大路欣哉。小学5年生頃から好きですね。
最近は若かりし頃の北大路欣哉作品を夜中にこっそり観ています。

7 特技は?

特に、特技と言っては見あたりません。社会人になっても続けた卓球?
おおよそ12年くらい習った茶道?
こういうのも特技でしょうか。

8 資格、何かもっていますか?

中学校教諭2級 社会科
社会福利主事任用資格
福祉住環境コーディネーター3級

来週、実務法務試験受けに行きます、受けに。

あ、あと、普通自動車

9 何か悩みがありますか

あります、いっぱい。成長の種だと思って大事に向き合っています。


10 好きな食べ物と嫌いな食べ物は?

好きなのは、お好み焼き(広島風、絶対マヨネーズはかけたらいけん。)、
オリオン製菓の栗栗甘栗、おいしいパン。

嫌いなのは、納豆とレーズン。でもレーズンパンのレーズンの味が染みたところは好きで、レーズンだけ外してそのまわりのパンを食べます。(娘には内緒。)

11 貴方が愛する人への一言

すみませんが末永くよろしくお願いします。

12 回す人5人を指名すると同時に、その人の他者紹介を間単に。

5人も回す人のいない悲しさ・・・。そんな中、私がお願いできる人は、

・ takagameさん (たかみの日々是好日)----
「 さん」って言っても実の妹。でも本当は姉かもしれない・・・
しっかり、ちゃっかり、堅実でおとぼけな毎日を楽しく賢く送っています。

・かかしさん (かかし日和) ----
数少ない私のブログ友達。なんとご近所さんで同業とは後から知った驚きの偶然なのです。
いつかはお会いしたいと心から願う方。

・やまぼうしさん(やまぼうしの花咲く) -----
やまぼうしのご縁でいつも訪ねさせていただいてます。バトンを回せるほどのおつきあいではないのですが
お知り合いになりたくて、ぜひ、やまぼうしさんのバトンの回答が知りたい私です。
どうか、受けてくださいますよう・・・・

・まりんさん (まりんにエッセンス) -----
ライターのまりんさん。HPはこちら。「書くことを仕事に」「裏の白い広告と鉛筆さえあれば幸せ」そんなまりんさん。
私にとってはこんな人です。いつでもその姿勢は私のお手本です。

・けいこさん (けいこの茶の間) -----
お仕事でご一緒させていただいているイラストレーターのけいこさん。HPはこちら。
私には、一生懸命でちょっとズッコケに見える、とっても可愛い可愛い女性です。


広島ブログに登録しました。ここ、ポチリと押してください。
このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-06-29 13:24 | プロフィール
先っちょ
a0068930_1544218.jpg「マツウラさん、あなたネー女も40越えたら、
先っちょに気をつけなくっちゃ、先っちょに!」

手入れをしていない私の指先を見て
仕事先で会った女性がそう言った。
見るとふたつ年上の彼女の爪は、上品なベージュのネイルの上に白い花びらを散らした模様が入っている。

中年になると何だかくすんで見えるのは、先っちょのせいなのだそうだ。

先っちょ、女性の体で言うならば・・・
・枝毛や切れ毛などの目立つ毛先
・逆にカラーの行き届いていない生え際
・気を遣っていない指先
・放りっぱなしのまつげや眉毛
・ほこりの付いたパンプスのつま先
・ひっかき傷のあるヒール
・カサカサのかかと

挙げるとキリがないな、こりゃ。

そして彼女の指摘に素直に頷いてしまった。

若い子は、それだけで十分魅力的だけれど、
おばさんともなると、何もしていなければ普通以下なのだ。
つまり、努力して普通。

しかし、もうおばさんなのか・・・確かに私は40才だ。

※注 写真の手は私の手ではありません。
   私の手はもっとごつく、指はもっと太いのです。


このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。





[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-06-28 15:19 | 日々のできごと
紋入れ、出来ました。
別にひとつ、ブログを持っていましたが、閉じることにしました。日にちを遡り、書いた記事をこのブログに残そうと思っています。一部ではアップ日の日付が表示されますが2〜3年前に書いたものです。この記事から入られた方、最新記事には下記クリックで飛んでいきます。読んでやってください。
「あ、松浦初実のブログ。」の最新記事へ
※フリーペーパー掲載用の原稿なので他と文体が違います。


b0094438_9432723.jpg紋入れが出来てきました。

紋を入れる方法は、刺繍などもありますが、私は描き紋を希望しました。色もうっすーい緑で。
この、色無地は本当にしっかりしていて「絹は軽い」という何の根拠もない私のイメージを砕きました。着ていてもちょっと重いので、いいのか悪いのか。

17年前に一度、、、友人の披露宴にこの色無地を着て出席しました。銀の袋帯を締め、伊達襟、半襟を思いっきり派手にして。でも、仲居さんに間違えられ、ビールを注文されたといういわく付き。

あと30年は着られるから、考えてみればお得かも。


2006年の記事ですが古い物の話なのであんまり古さは感じない?かな?
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-06-17 10:30 | 着物と和生活
メディアが変わる、ケーブルテレビが変える。
a0068930_17353758.jpg行って参りました。
ケーブルテレビ2006
久しぶりの東京ビッグサイト。

ケーブルテレビ会社の広告宣伝物をデザインさせていただいている。
第三セクターに組織変えしてからのおつきあいとなるが
この仕事を通じて、ケーブルテレビの数々の大切な役割を知った。
また、この先のケーブルテレビの可能性に惹かれ、知識欲は止まらない。

阪神淡路大震災の時、民放のテレビ局が震災の様子を撮り続けていた頃、
地元ケーブル局は「給水車の場所」「炊き出しの情報」「探し人」を流したそうだ。もちろん有線なのでケーブルが燃えてしまって、不通の地域もあったと言うが、地元の被災者には大きな力となったに違いない。


地元の局にしかできないことがある。
大きいことは大きいとこへ任せたっていい。
地域密着型のケーブルテレビは、
運動会も台風も祭りも火事もすぐ教えてくれる。

この先、高齢化が進んで独り暮らしの老人が増えたとき、
遠くに住む家族や公の医療機関との提携により、
安全や健康が守られる日が来るかもしれない。

楽しさを提供してくれる、ケーブルテレビ。

今日も彼らは走り回っているだろう。
「あ、えむにゃ号に乗ってきたんじゃろ。」
小学生の声が聞こえた気がする。



広島ブログに登録しました。ここ、ポチリと押してください。
このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-06-15 17:34 | 仕事場にて
カケヒキ
a0068930_1233778.jpg今名古屋を過ぎた辺り。
出張からの帰り。

あと2時間近くもあるというのに、読み終えてしまった。

『嘘をもうひとつだけ』 東野 圭吾


読み終えた私の感想は、本の選択ミス。理由は三つ。
ひとつめは、約4時間みっちり読み込める長編を購入したつもりが短篇集だった。
ふたつめは、自分の読書スピードの目論見が甘く、2時間近く余らせてしまった。
みっつめは、出来るだけ日常から掛け離れた、自分とは縁のない世界の話しが読みたかったのだが、どこにでもあるようなちっぽけな出来事から事件が起こってしまう作品だった。

私は読み始めるとフィクションだということをすっかり忘れてしまう。それどころか読後もその人物について、深く、深く考え込んでしまうのだ。
素晴らしい作品であればあるほどそういう状態を引きずり困惑する。だからといってつまらない作品に時間を費やすほどの暇はない。それで、できれば自分の所属しない種類の話を読みたかった。

被疑者と刑事の会話がメインの、いたってシンプルな五つの短篇。五篇とも同一の刑事なので事件自体に関連はないが、次の話にすんなりと入ることができる。そして、その刑事加賀と被疑者のやりとりが、嫌悪感を覚えるほどいやらしくもあり、それでも読み進まずにはいられない魅力も感じる。

私の選択ミスの理由は、言い換えれば、少しの時間があれば一篇だけでも読むことができ、入りやすい身近題材で、誰でも楽しめる。となる。

よって私は暫くの間、主役である五人の主婦について、考え込むことになるのだ。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-06-15 17:12 |
『庶民』のウタ。
a0068930_904959.jpg今、名古屋を過ぎた辺り。本日出張で東京まで。
消しゴムくらいの小さな箱に、音楽♪いっぱいつめこんで。

槇原敬之のアルバムを聴いている。
彼の定番ラブソングも好きだけど、今回のはちょっと違う。

確か、タイトルは『Life in downtown』。

下町ソングと言われるこのアルバムの曲たちは、
言い換えれば『近所の人たちと家族のラブソング』。

聴きながら、こどもの頃を思い出した。
道端で遊んでいるうちに、だんだん人数が増えていき、
窓から『よせーいってやれー』と、おっちゃんの声が飛ぶ。
じゃあ、と海に降りて貝割りで勝負、飽きたら石垣を突いて蟹を捕まえる。
一本十円のチョークを買い道路じゅうに落書き。
ひととおり遊んだら、子どもだけで銭湯へ飛び込んだ。

私は小学校に上がっても自転車に乗れなかった。
それじゃあいけん、と肉屋のおっちゃんと食堂のおっちゃんが
どこかからボロの子ども自転車を調達してきて、交代で教えてくれた。

今でも実家界隈では、夕方になるとおばちゃん方が、
おかずのおすそ分けが入った鍋やらタッパーを持って、行ったりきたりしている。
鯵がフライになって帰ってくる、タケノコはほうれん草に。
日常茶飯事というか、それが当たり前の世界。

若い頃、こんな町を疎ましく思ったころがあった。
何しろ前の晩の私の帰宅時間をよそのおばちゃんが当たり前に知っているのだ。
『ほっといて!』何度も口にしかけた。

思い出すと冷汗がでる。言わなくてよかったと本当に思う。
みんな人情味のあるいい人たち。
母はそんな中で暮らしていると思うから安心できる。

そうこうしているうちに、曲はKAT-TUN。新幹線はあと一時間で東京。
今日も一日、アゲアゲ(昨日のテレビで習った)で!

広島ブログに登録しました。ここ、ポチリと押してください。
このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。




〜曲目〜
01:いつでも帰っておいで
02:Naked
03:ほんの少しだけ
04:星の光
05:ゥンチャカ
06:月の石
07:親指を隠さずに
08:店じまい
09:明けない夜が来ることはない(Album Version)
10:チキンライス
11:尼崎の夜空を見上げて
12:ココロノコンパス(Album Version)
13:遠く遠く ~'06ヴァージョン
14:What A Wonderful World
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-06-14 11:14 | 音楽
紗の小紋、出来ました。
別にひとつ、ブログを持っていましたが、閉じることにしました。日にちを遡り、書いた記事をこのブログに残そうと思っています。一部ではアップ日の日付が表示されますが2〜3年前に書いたものです。この記事から入られた方、最新記事には下記クリックで飛んでいきます。読んでやってください。
「あ、松浦初実のブログ。」の最新記事へ
※フリーペーパー掲載用の原稿なので他と文体が違います。


b0094438_128352.jpg紗の小紋が仕立てから返ってきました。これ、化繊です。正絹の絽を買いに行ったのですが予定変更でこれに決めたのです。
私にしては、ちょっとした冒険です。花柄・・・どう考えても、おそらく誰に聞いても、私らしくない。

化繊と言えば「ガシガシ」したイメージを持っていた私ですが、触ってみると大違い。肌触りがよく、指の間をスルスルっとすべる生地にも満足です。そして何より薄紫色が少しさしてあるこの花がなんとも可愛かったのです。

待つこと一ヶ月。最初の予算にくらべれば、随分安く上がりました。帰り際に、目に留まった夏帯をお願いしてしまっては、安く上がったも何もないのですが・・・



2006年の記事ですが古い物の話なのであんまり古さは感じない?かな?
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-06-13 10:28 | 着物と和生活
毎日飲みます!
a0068930_12501580.jpg毎日、1.5Lのコントレックスを飲む。
硬度1551、ナトリウム9.1mg/Lの超硬水だ。

サントリーの「南アルプス天然水」が
硬度30、ナトリウム6.5mg/Lだから半端じゃない硬さ。

ダイエット効果があるとして、一時期話題になった代物だ。

どうにもこうにも、いかにゆうても、
もう何かの手を打たなければ、体がどんどんふくらんでいき、
行き着くところまで行ってしまう、と言うようなところまで来た私は、
とりあえずこの水を飲むことから始めることにした。

まるで、金属を飲むような重い感触。
「おえ〜、、、お〜え〜、、、」
と、えづきながら、何とか一日1.5L飲めるようになった。

肝心の効果は、今のところ見られないが、
日課になってしまい続けている。

そして、箱買いしたコントレックスがじゃんじゃん届いたので
止めるわけにはいかない。

あ〜神様、ちょっと元手がかかっています。
そこらへんを酌んでいただいて
どうか、どうか私のぜい肉を
2、3キロ持って行ってください〜。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-06-12 12:37 | 日々のできごと
日々是好日
a0068930_1862146.jpg「日々是好日」
ひびこれこうにち、と読むそうな

事務所の奥の小さな和室の小さな床に掛けてある。

この言葉、私にとってはけっこう思い入れの深いものだ。

33年前、私が六歳の時に両親は家を建てた。
今思えば、かつかつの予算で家を建てたのだろう、祖母と父は工務店の人に交じってセメントをこねたり、ブロックをついたりしていた。小さい家だが本家なので和室が要る。
一続きになる居間も床の間も仏間も、数年後に増築するまで私たち三姉妹がゴロゴロと遊ぶ場所だった。

父は生家から持ってきた一幅の軸を床の間に掛けた。

「日々是好日」

特別な日には、その日に合った掛け軸が飾られたが
33年間、普通の何でもない日にはいつもこの軸が掛けられていた。

ブログに載せようと小さい頃の写真を探したが
さて、この軸の写ったものが一枚もない。
妹に電話し探してもらったが答えは同じ。

「あんなに毎日見とったのに不思議じゃね」


「日々是好日」


事務所を建てたときに、この軸をもらい受けた。

今日を一生懸命生きる、すなわちそれが好日。
父の好きだった軸は、まだまだ私に語りかける。


追、

最近、妹がブログデビューした。タイトルは

 …… たかみの < 日々是好日 > ……

同じだけ見てきたんだから、思うこともやはり同じだ。


広島ブログに登録しました。ここ、ポチリと押してください。
このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-06-06 18:12 | 事務所へようこそ



(有)松浦デザイン事務所広島県福山市曙町5-4-29
by おはつ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
事務所へようこそ
仕事場にて
日々のできごと
行って来ました
こう思っています
ひと
プロフィール

映画
音楽
法律を勉強中
母として考える
モノと私
美味しいもの
手づくり
家族
好き
着物と和生活
たちまちケータイから
未分類
タグ
(196)
(133)
(72)
(58)
(57)
(40)
(35)
(34)
(32)
(32)
(30)
(28)
(24)
(24)
(21)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
mail:info@cox10.com
http://www.cox10.com
松浦初実 プロフィール
je-pu-pu 無料カウンタ

Facebookは随時更新しています。ぜひ、お立ち寄りください。

ランキングに参加しています。クリックをよろしくね↓広島ブログ
広島関係のブログを集めたブログ紹介サイトです。

--------------------
● 初めまして松浦初実です。
私のことが見えやすい記事を抜き出してみました。
仕事場ははこんな感じ。
「玄関あけたら・・・」
41歳で二人目の母に。
生まれました!
私のイカシた相棒。
新しい彼は・・・
40以降のKIKKAWAが好き。
燃やせ、パッション
いつも気持ちは卓球少女。
シューズさえあれば
ぜひ、ヒロシマに。
明日の神話
今、法律を勉強しています。
「便所の中でも…」
--------------------
最新の記事
風も吹くなり 雲も光るなり
at 2016-06-16 18:16
ポジャギ、始めます。
at 2016-06-14 10:23
2016年3月15日、かさこ..
at 2016-03-22 12:17
ただいま。
at 2016-03-19 14:07
私を作った、いくつかのモノ。
at 2012-04-20 08:38
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 03月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
最新のコメント
片想い様初めまして! ..
by おはつ at 15:11
はじめまして 三原の写..
by 片想い at 23:14
鍵コメ様 長いことブロ..
by matsuura-hatsumi at 16:01
ご無沙汰しております。 ..
by いりこ at 08:27
そうそう、私も幼稚園の頃..
by じゅんちゃん at 12:18
「自己中」という怪物が何..
by じゅんちゃん at 17:37
イイネ! よらんし..
by じゅんちゃん at 10:23
改めましておめでとうござ..
by じゅんちゃん at 21:19
乙女ちっくでいいと思いま..
by じゅんちゃん at 10:27
お姉ちゃん、ご卒業おめで..
by じゅんちゃん at 10:21
検索
画像一覧
ライフログ
映画なら
音楽って
私の10冊
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル