Top
<   2006年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧
世の中、キャッチーなものが…
a0068930_16211140.jpgブログのタイトルは、本当に難しいと思う。

タイトルだけ表示されることも多い中、
いったい何人の人が、
そのタイトルを見て(読んで)クリックし、
ブログの本文へたどり着いてくれるのだろうか?


広告宣伝デザインのド真ん中にいて、必ず結果が出る現実を酸っぱいほど知っている。
まして、そのコピーを書くのは私だ。コピーひとつで、人の集まりに差が出る。

以前、知的財産法の教授が意匠の講義で

「世の中ねー、何だかんだ言っても結局、キャッチーなものが勝っちゃうんだよ。」

と仰った。

「キャッチー(CATCHY)」とは、覚えやすい、わかりやすい、
と言う意味で、人目を引いたり、人に「イイナ」と感じさせたりすることだ。

たとえば、コンビニにコーヒー飲料を買いに入る。
好みの銘柄を決めてなければ、自分の感性に任せて購入する。
キャッチーなパッケージなら、たとえ中味が同じでも
買われる数が多いということだろう。

ブログなら、キャッチーなタイトルはクリックされて、
そうでないものは見過ごされる、ということだ。

今日もまた、一人でも多くの人に本文を読んでもらうべく、
キャッチーなタイトルに頭をひねる私なのだ。


広島ブログに登録しました。ここ、ポチリと押してください。
このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-05-31 16:20 | こう思っています
太郎漬け
a0068930_17151986.jpgこれだけは、どうしても娘と一緒に観たかったので
最終日の日曜を選んだ。

広島市現代美術館

【岡本太郎・誇らかなメッセージ
   「明日の神話」完成への道 展】

エントランス真正面に見えるのは「太陽の塔」
娘はじっと見つめていた。

展示室を入ってすぐには「若い夢」。
私は同じものを「午後の日」と聞いていたので
学芸員の方に訪ねると、大きいものが「若い夢」、
その「若い夢」と同じもので口から水が流れているのが「若い泉」、
そして幾分か小さいものが「午後の日」なのだそうだ。

「見た目は同じだけれど、太郎にとっては別物なんですよ」
と答えてくださった。

メインの「明日の神話」は実はレプリカ。
今、修復のための募金と準備が始まっている。
私もささやかながら参加してみた。

やはり、本物が観てみたいので楽しみだ。

さすがに最終日、予想通り図録は売り切れで残念。
娘は「太陽の塔」のポストカードと一筆箋を希望。

外で記念写真を撮ろうとすると、それをそっと胸に抱いた。


広島ブログに参加しています。ワンクリックをお願いします。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-05-28 17:14 | 母として考える
便所の中でも・・・  (マスター キートン)
a0068930_1735082.jpg 以前に書いたことがあるように、私の趣味に読書があるが、実はマンガもたいそう好きで小学校の頃からずんぶんと読んできた。
私は気に入ったマンガを何度も読み返すタイプなので、手放さずに持っているものもいくつかある。その中でも「MASTER キートン」(マスターキートン) は、「おそらく一生手放さないだろう本」に分類されるマンガだ。

 考古学者であり続けようとする平賀キートン太一は、学会で認められない自説を持ち、いつか、その発掘を夢見て研究を続けている。考古学者としての地位はなく、月3万円程度の報酬で大学の講師と研究と生活のために副業として保険の調査員をしている。
その調査中に起こる様々な事件を「自分を見つめ直すために」志願して入ったイギリス軍隊時代の経験と考古学の知識で見事に解決していく。そんなストーリー。

 私がキートンに出逢ったのはいつ頃だろう・・・。
単行本の周りが茶色く変色しているのを見て、
けっこう長いつきあいだなぁと感慨に耽ってしまった。
思えば、この本からたくさんの勇気をもらっている。

 数年前、私は悩んでいた。身の回りでいろいろなことがあり、法律の勉強をしたいと考えるようになったのだ。
しかし、どう考えても私には時間がない。無理に決まっている。
まず、嫁。で、母。そして仕事を持っている、しかも自営。いっぱいいっぱいの毎日で、いったいいつ勉強できるというのか。
誰にも言わず、一年近くそんな葛藤を続けていたある日、
キートンのお父さんが私にこう言った。

「学問はどこででもできる。便所の中でもな…」

勉強を始めてから今年で6年目になる。
自分の志さえしっかりしていれば、
たとえ少しずつでも学ぶことはできるのだ。

 去年、私は勉強にのめり込み、仕事、家庭、子育て…
すべてのバランスを崩してしまった。
「大切なものたちを失う前に、勉強を諦めた方がいいのかもしれない。
私が勉強することで家族に負担がかかっては本も子もない。
途中で止めたからといって何の不都合もない、今まで通りの生活が待っている。」
考えた末、しばらくの間早朝に起きて2時間だけ勉強するという方法をとってみた。
案外に事が上手く進んで狐につままれたような気持ちになった。

 年が明けた時に、私の決めたミッションステートメントは「均衡・調和」。
牛歩でもいいから確実にコツコツと積み重ねていこうという気持ちは、
もちろん今も変わらない。
挫けそうになったときは、キートンのお父さんに励ましてもらおうと思っている。

 メンターとは、必ずしも「実在の人」とは限らない。
「MASTER キートン」のなかには私にとってのメンターが何人も存在する。
キートン、キートンのお父さん、そしてキートンの恩師であるユーリー・スコット教授。
教授はこんな言葉を残している。

「人はいつでも、何からでも学ぶことができる。」





「MASTER キートン」 全18巻   勝鹿北星 浦沢直樹


広島ブログに登録しました。ここ、ポチリと押してください。
このブログは、広島県福山市のグラフィックデザイナーが個人的に感じたことを書いています。中央大学 法学部 法学科 通信教育課程 社会人大学生 通信制大学 憲法 民法 刑法 知的財産法 戸川初実 レポート スクーリング

[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-05-24 18:00 | 法律を勉強中
グーグルは、今日もまた・・・。
a0068930_12251059.jpgコナン・ドイル(1859-1930)のお誕生日だそうな。

小学生の頃は、シャーロック・ホームズのシリーズを図書館で借りては読んでいましたっけ。
図書館にないものは、父に買ってもらったりも。

今は娘が「名探偵コナン」に夢中(関係ないか)。

思えば、コナン・ドイルやシャーロック・ホームズにインスパイアされた作品の多いこと。
偉大なる推理小説作家だったのだな、と改めて思う。

今日は、少し早めに上がって本屋へ行こう。
久しぶりにシャーロック・ホームズが読みたくなってしまった。

グーグルは、時々こういう風に私をいろんな世界へと旅立たせる。
そういうグーグルが好き。



広島ブログに登録しました。ここ、ポチリと押してください。
このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-05-22 12:25 | 仕事場にて
今度はイチタロー!
a0068930_16311432.jpg「『明日の神話』に利益を寄付するコイン、TARO MONEY二次販売が5000セットに増えた。
第一回販売分の寄付金を手渡す糸井氏の画像もアップされている。
初めは、壁画を運ぶための木箱と筆になるそうだ。
TARO MONEYを手にした人は、パッケージに付いたシリアルナンバーと自分の名前を登録でき、「芸術の保存に一役買った」感で胸がいっぱいになるオマケ付き。
その登録された名前で、徐々に太郎氏の顔ができあがってきている。
2000名でひとつの絵ができあがるのだそうだ。

私もタロマネ、届くのが楽しみだ。

このタロマネ、お金みたいなモノなんだけど、お金じゃない。
でも、いちおう「10TARO」という単位がある。

で、次は「1TARO」というのを作るらしい。
「10TARO」が100円玉に似てるから「1TARO」は十円玉っぽく銅のの色。
刻印は太郎氏のこれまた有名な「午後の日」。「午後の日」は、太郎氏の墓標にもなっている。

とってもかわいい。「午後の日」。
「1TARO」が待ち遠しい。


広島ブログに登録しました。ここ、ポチリと押してください。
このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-05-19 16:06 | こう思っています
あー、やってしまったー
かかしさんとこで見て、我慢できずに「トレンド」にダッシュしてしまった私。

a0068930_11584089.jpg
「ロータスカラメルビスケット」。
陳列棚に大きいのと小さいのが並んでいて、止めときゃいいのに大きい方を購入した。
「一日5枚ずつくらい食べようかな〜。10日くらいあるなぁ〜」
なんて思いながら・・・

a0068930_11591094.jpg




美味しいわ〜本当に。
もし、食べたことがない人は是非、是非、一度食べてみて。

気づけば、ゴミ箱はビスケットの袋の山。
5日、持ちませんでした。反省。


広島ブログに参加しています。ワンクリックをお願いします。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-05-18 11:54 | 日々のできごと
ウド
a0068930_1757797.jpg三次市に住む、ご縁のある方からたくさんのウドが届いた。70代のご夫婦で、「黒米」「菊」を作っておられる。ウドは天然の物と栽培の物と両方送ってくださった。

お米ができればお米を、紫イモが採れれば入れたお餅を、そのご夫婦のおかげでいつも美味しく素朴な、懐かしい味を口にすることができる。
私は、海端で風に揺れるサヨリやレトロバスの前で写真を撮り、3月に鞆の浦でサヨリの一夜干しや保命酒のあめ玉などを送った。

日めくりカレンダーの裏にマジックで近況が書かれてあったり、土の付いた野菜が新聞紙にぐるぐると大切に包まれている様子は、学生時代に母から届いていた荷物を思い出す。本当にありがたいご縁なのだ。

天ぷらと酢味噌和えにして、いただく前に写真を撮った。
ハガキにプリントしてお礼状を今日投函した。

実は、私はこのご夫婦のお顔を存じ上げない。
いつか、このご夫婦との出会いを書きたい。


広島ブログに登録しました。ここ、ポチリと押してください。
このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-05-17 18:10 | 日々のできごと
初めて、咲きました。やまぼうしです。
a0068930_11391475.jpg2年近く前、事務所新築の記念にシンボルツリーを植えることになったとき、私が迷わず選んだのは「やまぼうし」。「山法師」と書くのだそうだ。
ハナミズキに似ているが、やまぼうしは昔からの日本の花。
どちらもミズキ科ミズキ属。

ハナミズキが、葉のない木にたくさん花を咲かせるのとは逆で、やまぼうしは緑の葉の茂る中に花を咲かせる。
「花を咲かせる」と書いたけれど、花びらに見えるのは実は、総苞片で、本当の花はとても小さく、真ん中の緑の球のところに20〜30くらい咲く。

私は、この花に見える真っ白な総苞片に一目惚れをした。
スゥーっと伸びていて、なんだか潔い。

うちのはまだ赤ちゃんで、大きさも小さく、色もクリーム色だけど年月を経ると大きく真っ白になりそう。「やまぼうしの花咲く」というブログで大きくて白い素敵なやまぼうしを紹介されている。
こんなりっぱなのが庭に咲くと嬉しいな。素敵なお庭のお宅。

総苞片の中の緑の球は、やがて赤くなり美味しい実になります。
私はこの実で「やまぼうし酒」を作るのが楽しみで仕方ない。


このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-05-17 11:57 | 事務所へようこそ
おんなの浴衣姿について思うこと
別にひとつ、ブログを持っていましたが、閉じることにしました。日にちを遡り、書いた記事をこのブログに残そうと思っています。一部ではアップ日の日付が表示されますが2〜3年前に書いたものです。この記事から入られた方、最新記事には下記クリックで飛んでいきます。読んでやってください。
「あ、松浦初実のブログ。」の最新記事へ
※フリーペーパー掲載用の原稿なので他と文体が違います。


b0094438_1720840.jpg夏到来!といった天気が続いています。備後地方では、各地で土曜夜市が始まりました。どこの商店街も不況の中、手作りのゲームやストリートミュージシャンの演奏会など、知恵をしぼった催しで毎年にぎわいます。

だけど、だけど、ここ数年の夜店の風景に私は多大なる不満を持っているのです。その原因は、若い女性の出で立ちにあります。2、3年前から浴衣(ゆかた)にヒョウ柄やらハイビスカス柄を見かけるようになりました。
「せっかくの浴衣なんだから、日本情緒を楽しめばいいのにな〜」
なんてちょっと残念に思っていましたが、今にして思えばヒョウ柄やハイビスカス柄なんてまだまだ可愛いもんでしたね。去年の夏は黄色にオレンジ、スカイブルーと、まあ 目の覚めるような原色のオンパレード。驚いたのは、20歳前後の女の子たちがなんとトロピカル柄の甚平を纏っているのです。そう甚平、じんべいさんは小さな子どもかおじいちゃんのものではないのでしょうか。 おまけに袖を肩までまくり上げ脇の下も丸見えなのです。自転車に二人乗りをして通りすぎる彼女らを、あんぐり口を開けて見送った次第です。
そうそう、浴衣の裾を膝上まで切っていた人もいましたね。 その浴衣は多分彼女の母親の物なのでしょう、紺地に可憐な桔梗の花がいくつもちりばめられています。黄色い帯でも文庫に結んで、髪をまとめて飾りを付ければ本当に可愛らしい女の子のできあがりなのに…と、ついつい余計なことまで考えてしまいます。

  私は浴衣が大好きです。夫や娘の浴衣もチクチクと縫いました。だけど普段は穴だらけのジーンズも履くし、迷彩やゼブラのカーゴも持っています。ラメ入りシルバーのアイラインを引いて大きなピアスも付けちゃったりします。
でもそれは洋服の時だけ。浴衣を着るときは出来るだけ浴衣のルールにあわせたいと思っています。

理由は【それが一番かっこいいと思うから】。

それだけです。

浴衣を着るなら夕涼みをイメージしてみたりします。化粧は最小限にして、でもアイラインは黒できちんと。爪も短く切ってエナメルはつけません。背筋はしゃんとのばして。
お気に入りの浴衣は藍にトンボ柄で自分サイズにお誂え。それに合う団扇(うちわ)を探しに尾道まで出かけました。値札の3600円には少々悩みましたが、思い切って買いました。以来10年、その団扇を使っています。下駄は絶対白木の桐芳町。若い頃には渋めのグリーンの塗り下駄や少しかかとの高い草履なども履いてみたけれど、結局は桐の木目が見えて、歩くとカタン、カタン、と二本の歯の音がする昔ながらの物に落ち着きました。こうやってひとつひとつ道具をそろえるのも楽しみのひとつです。

あなたがもし、浴衣を着てみようと思うなら、洋服の時の自分を忘れて浴衣美人を気取ってみてはいかがでしょうか? いつもと違う自分に会えるかもしれませんし、透明のネイルに淡いピンクの唇をして金魚すくいに興じるあなたを見て、彼は二度惚れするかもしれませんよね!


2006年の記事ですが古い物の話なのであんまり古さは感じない?かな?
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-05-16 14:22 | 着物と和生活
か、からだが、重い。
別にひとつ、ブログを持っていましたが、閉じることにしました。日にちを遡り、書いた記事をこのブログに残そうと思っています。一部ではアップ日の日付が表示されますが2〜3年前に書いたものです。この記事から入られた方、最新記事には下記クリックで飛んでいきます。読んでやってください。
「あ、松浦初実のブログ。」の最新記事へ
※フリーペーパー掲載用の原稿なので他と文体が違います。


b0094438_13354711.jpg最近からだが重い気がします。
気がするのではなくて、重くなっているのです確実に。何をするにも「ヨッコイショ」と声が出るような・・・
第一、自分の着物姿に納得がいかなくなってきました。考えてみると、コツコツと脂肪を貯め始めて、早10年。たまった脂肪はいつのまにか12kgに。

アルバムを見ながら、「あ〜これくらいに戻りたいなぁ〜」と思わずため息が漏れてきます。
もちろん、若さは取り戻せないだろうけど、せめて、キビキビしたおばさんにはなれるでしょう?
で、ダイエットを決意しました。
何回も失敗しているので、ブログで明言しておきます。引っ込みがつかなくなるように・・・

そして、失敗しても笑わないでね。


2006年の記事ですが古い物の話なのであんまり古さは感じない?かな?
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-05-13 14:25 | 着物と和生活



(有)松浦デザイン事務所広島県福山市曙町5-4-29
by おはつ
カテゴリ
全体
事務所へようこそ
仕事場にて
日々のできごと
行って来ました
こう思っています
ひと
プロフィール

映画
音楽
法律を勉強中
母として考える
モノと私
美味しいもの
手づくり
家族
好き
着物と和生活
たちまちケータイから
未分類
タグ
(196)
(133)
(72)
(58)
(57)
(40)
(35)
(34)
(32)
(32)
(30)
(28)
(24)
(24)
(21)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
mail:info@cox10.com
http://www.cox10.com
松浦初実 プロフィール
je-pu-pu 無料カウンタ

Facebookは随時更新しています。ぜひ、お立ち寄りください。

ランキングに参加しています。クリックをよろしくね↓広島ブログ
広島関係のブログを集めたブログ紹介サイトです。

--------------------
● 初めまして松浦初実です。
私のことが見えやすい記事を抜き出してみました。
仕事場ははこんな感じ。
「玄関あけたら・・・」
41歳で二人目の母に。
生まれました!
私のイカシた相棒。
新しい彼は・・・
40以降のKIKKAWAが好き。
燃やせ、パッション
いつも気持ちは卓球少女。
シューズさえあれば
ぜひ、ヒロシマに。
明日の神話
今、法律を勉強しています。
「便所の中でも…」
--------------------
最新の記事
風も吹くなり 雲も光るなり
at 2016-06-16 18:16
ポジャギ、始めます。
at 2016-06-14 10:23
2016年3月15日、かさこ..
at 2016-03-22 12:17
ただいま。
at 2016-03-19 14:07
私を作った、いくつかのモノ。
at 2012-04-20 08:38
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 03月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
最新のコメント
片想い様初めまして! ..
by おはつ at 15:11
はじめまして 三原の写..
by 片想い at 23:14
鍵コメ様 長いことブロ..
by matsuura-hatsumi at 16:01
ご無沙汰しております。 ..
by いりこ at 08:27
そうそう、私も幼稚園の頃..
by じゅんちゃん at 12:18
「自己中」という怪物が何..
by じゅんちゃん at 17:37
イイネ! よらんし..
by じゅんちゃん at 10:23
改めましておめでとうござ..
by じゅんちゃん at 21:19
乙女ちっくでいいと思いま..
by じゅんちゃん at 10:27
お姉ちゃん、ご卒業おめで..
by じゅんちゃん at 10:21
検索
画像一覧
ライフログ
映画なら
音楽って
私の10冊
人気ジャンル
ファン
ブログジャンル