Top
<   2006年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
おんな紋(女紋)
別にひとつ、ブログを持っていましたが、閉じることにしました。日にちを遡り、書いた記事をこのブログに残そうと思っています。一部ではアップ日の日付が表示されますが2〜3年前に書いたものです。この記事から入られた方、最新記事には下記クリックで飛んでいきます。読んでやってください。
「あ、松浦初実のブログ。」の最新記事へ
※フリーペーパー掲載用の原稿なので他と文体が違います。


b0094438_17411010.jpg東日本の方には、馴染みのない響きかもしれませんね。
私の生まれ育った地方で言う「おんな紋」は、通常辞書などに載っている「替え紋」「通紋」のことではなく、ましてや「お洒落紋」等の類ではありません。私の紋は「揚羽蝶」。母から譲り受けた紋です。母はその母から、その母はそのまた母から、と代々母系に譲られる紋で、女の子が産まれないと絶えてしまいます。
「悪いものは後ろからやってくる」といわれたその昔、母は、嫁に出す娘の着物の背にどんな思いでおんな紋を入れたのでしょう。

実家の紋は「丸に抱き茗荷」、婚家の紋も違います。まさに、私の紋です。
嫁ぐときに支度してもらった着物にも揚羽蝶紋が付いています。

昨日呉服屋に行き、色無地の着物に紋入れを頼みました。たしか、20代半ばに母に誂えてもらったものです。「もう少し年をとったら紋を入れよう」とその時には入れませんでした。地味な緑色(海松色)なので独身時代に一度着たきりですがどっしりとした立派な着物を手にして改めて親への気持ちがあふれてきます。


もともと色無地は格の高い着物です。背に紋を入れれば、正装として着て出ることができます。仕上がったら、また見てくださいね。

2006年の記事ですが古い物の話なのであんまり古さは感じない?かな?
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
ポ、ポチッと!

広島ブログも変わらずヨロシク
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-04-27 14:20 | 着物と和生活
「長いお別れ」  レイモンド・チャンドラー
a0068930_18111754.jpgずいぶん昔の話になるが、私にはたいそう憧れた人がいた。
女性を寄せ付けないようなイメージのある人だった。親しくなりたいと思いながら、何の共通点も持たない私は、遠くからその彼を見つめていた。
ある日、彼の持ち物に文庫本がのぞいていた。
私は本屋へ走り、いつか話す機会があったら「好きな本だ」と言って彼に運命的なものを感じさせられないか、などと姑息なことを考えながらその本を購入した。
「長いお別れ」レイモンド・チャンドラー。ハヤカワ文庫だ。

「タフでなければ生きていけない。やさしくなければ生きている資格がない。」

本のタイトルを知らなくても、この台詞を耳にする人は多い。
実際、ハヤカワ文庫の訳では、
『しっかりしていなかったら、生きていられない。
やさしくなれなかったら、生きている資格がない。』
となっている。そして「長いお別れ」というドラマの中で、この台詞は痛いほど切ない。

厚い文庫本を読み終えた私は、私立探偵 フィリップ・マーロウに恋をした。
そして、「さらば愛しき女よ」「プレイバック」と続けた。

フィリップ・マーロウのかっこよさといったら、たとえようがない。
彼の語る切ない台詞は、まだまだあるけれど勿体なくて書けない。
いったん胸に納めたその台詞をときどき出してきてじっくり味わう、牛のように。
あこがれの彼も同じようにフィリップ・マーロウに恋をしていたのだろう。
彼のようになりたかったのだな、と思えた。

ハードボイルド小説はこれっきり。
外国文学を避けていた私は、最初に最高の小説を読んでしまったような気がした。

以来18年、この文庫本が手許にあるということは、まだ彼に恋をしたままなのだろうか?もちろん、いかした私立探偵のフィリップ・マーロウに。

広島ブログに登録しました。ここ、ポチリと押してください。
このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-04-26 18:11 |
今日は 赤 米 …
a0068930_13274556.jpg今日は何となく赤米にしてみた。水が多すぎたか、ちょっと柔らかめ。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-04-21 13:29 | 日々のできごと
ググっとくるぅ〜
a0068930_9223533.jpg今日のグーグル、ミロ風ですねぇ。

20世紀美術を代表するスペインの巨匠ジョアン・ミロ。1893年4月20日生まれ、今日はミロの誕生日なんだ。

グーグルのこういう遊び心がとてもイイ。
オリンピック時期もずいぶん楽しませてもらった。
無機質な箱の中から、季節を感じ、人を感じ、温かいものを感じる。

ん〜ググッとくるぅ〜。


広島ブログに登録しました。ここ、ポチリと押してください。
このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-04-20 09:22 | 仕事場にて
W C !
a0068930_16174385.jpgいま、水仙が盛りです。

いい匂いがトイレいっぱいに広がります。
芳香剤、の代わりというわけではないのだけれどトイレのカウンターに活けてみました。事務所の庭の水仙は4種類。花が一番大きいタイプです。

どの水仙も実家で母が増やしたものをおすそ分けでもらいました。

やはり生花が活けてあるといいですね。活気があります。

広島ブログに登録しました。ここ、ポチリと押してください。
このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-04-19 16:25 | 事務所へようこそ
黒米のおにぎり
a0068930_13561583.jpg今日のお昼は、炊きたて黒米のおにぎり。黒ごまかけてます。

ヌーおぢさんも書かれていましたね。

お昼に事務所でご飯を炊くときは、必ず黒米を入れます。三次の米です。お米三合にティースプーン一杯くらいの割合です。
古代米はもち米なので安いお米を買ってもご飯がぐぅ〜んと美味しくなります。

赤米は、少し茶色っぽいご飯に、黒米は赤飯に似ています。
よく、「何かいいことあったんですか?」って聞かれます。


広島ブログに登録しました。ここ、ポチリと押してください。
このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-04-19 13:59 | 日々のできごと
真夜中詩集 〜ろうそくの消えるまで〜  カルメン・マキ
a0068930_1395756.jpg勧酒について書いてから、
改めて「さよならだけが人生だ」について考えてみた。

私はカルメン・マキの「真夜中詩集 〜ろうそくの消えるまで〜」というCDを持っている。
このCDはカルメン・マキのアルバムというよりも寺山修司の詩集のようだ。
かといって歌い手はカルメン・マキでなくてはならない。
淡々とした口調で語り、また淡々と歌う。
曲と曲の間に短い詩の朗読も入っていて聞かせる。

寺山修司の詩は、いろいろな宿題をくれる。
忘れた頃、「あぁ、そういうことだったんだ」と思うこともあるが
大半の宿題は解けないままだ。


-------------------------
さよならだけが人生ならば 
又来る春はなんだろう
はるかな はるかな地の果てに
咲いてる野の百合なんだろう

さよならだけが人生ならば 
めぐり逢う日は何だろう
やさしい やさしい夕焼と 
ふたりの愛はなんだろう

さよならだけが人生ならば 
建てた我家は何だろう
さみしい さみしい平原に 
ともす灯りはなんだろう

         〔原文ママ〕

-----------------------

歌では、詩集にある

さよならだけが 人生ならば
人生なんか いりません。

の二行がない。

私はそれだけで、ほんの少し救われた。





広島ブログに登録しました。ここ、ポチリと押してください。
このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-04-17 13:07 | 音楽
ムシムシパンパン
a0068930_13165723.jpg仕事のネタ切れで悶々。で、蒸しパン作ってみました。抹茶味&プレーンにチョコ乗せ。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-04-14 13:18 | 日々のできごと
みまもり隊
a0068930_9464158.jpg小学校の下校時間になると、通学路付近にたくさんの大人が立ってくれるようになった。
いわゆる「みまもり隊」である。
その大半は児童の祖父母世代の方で、「こどもを犯罪から守りたい」という気持ちで集まったボランティアの方々だ。福山市では、各学区ごとに明るい色のジャンパーを揃えている。

物騒な世の中で、子どもは帰りに寄り道や脱線も出来なくなってしまった。
近所の人が「こんにちは」と声をかけても返事は期待できない。
よく知らない人と話をしてはいけないからだ。

昔の話をしても仕方がないけれど、ランドセルを放り投げて枇杷の木へ登り、実を食べらながら家へ帰ったこと、ジャンケンで負けて五歩下がり、勝って十歩進んで、なかなか家へたどり着けなかったこと。
大人の知らない「基地」があって、そこでしばらく過ごしてから帰ったこと。

防犯ブザーのぶら下がったランドセルは汚れることを知らない。命を守るために、今の子どもたちはそんな経験も出来ないのだ。

そして親の私たちは、「寄り道せず、声をかけられても話をしない」と言い聞かせ、そろいのジャンパーを着た「みまもり隊」を心からありがたいと感謝し、安心して働くことが出来る。


広島ブログに登録しました。ここ、ポチリと押してください。
このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-04-14 09:45 | 母として考える
さよならだけが…
a0068930_14232549.jpgコノサカヅキヲ受ケテクレ

ドウゾナミナミツガシテオクレ

ハナニアラシノタトエモアルゾ

「サヨナラ」ダケガ人生ダ


唐の于武陵が作った五言絶句「勸酒(勧酒)」に井伏鱒二がつけた名訳だ。
おそらく訳詞の方が有名で、特に最後のフレーズは
誰もがどこかで耳にしたことがあるだろう。
寺山修司も好きだと聞いたことがある。
「ダイセンジガケダラナヨサ」という歌を書いていた。

私は長い間この詩を別離に詠んだ詩だと思っていた。
さよならだけが人生なんて寂しいなぁ
そう思っていた。
別れを惜しんで、最後のお酒を注いでいるのだと思っていた。

最近、これは出逢いの詩なんじゃないかと感じるようになった。
何がきっかけかは解らないが、私の中では確信に近い。

出会った人とは必ずいつか別れる。
どんなに愛おしくても、離れたくなくても
いつか別れはやって来る。

だから、一緒にいる時を精一杯生きよう。
出逢ったことを喜んで、なみなみとお酒を注ごう。
その瞬間を大切にしよう。

都合のいい解釈かもしれないが、私はそう思う。

だからこの詩は、3月ではなくて4月に口ずさんでみたい。


広島ブログに登録しました。ここ、ポチリと押してください。
このブログは、広島県福山市にある(有)松浦デザイン事務所のグラフィックデザイナーが
個人的に感じたことを書いています。


[PR]
by matsuura-hatsumi | 2006-04-07 14:23 | こう思っています



(有)松浦デザイン事務所広島県福山市曙町5-4-29
by おはつ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
事務所へようこそ
仕事場にて
日々のできごと
行って来ました
こう思っています
ひと
プロフィール

映画
音楽
法律を勉強中
母として考える
モノと私
美味しいもの
手づくり
家族
好き
着物と和生活
たちまちケータイから
未分類
タグ
(196)
(133)
(72)
(58)
(57)
(40)
(35)
(34)
(32)
(32)
(30)
(28)
(24)
(24)
(21)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
mail:info@cox10.com
http://www.cox10.com
松浦初実 プロフィール
je-pu-pu 無料カウンタ

Facebookは随時更新しています。ぜひ、お立ち寄りください。

ランキングに参加しています。クリックをよろしくね↓広島ブログ
広島関係のブログを集めたブログ紹介サイトです。

--------------------
● 初めまして松浦初実です。
私のことが見えやすい記事を抜き出してみました。
仕事場ははこんな感じ。
「玄関あけたら・・・」
41歳で二人目の母に。
生まれました!
私のイカシた相棒。
新しい彼は・・・
40以降のKIKKAWAが好き。
燃やせ、パッション
いつも気持ちは卓球少女。
シューズさえあれば
ぜひ、ヒロシマに。
明日の神話
今、法律を勉強しています。
「便所の中でも…」
--------------------
最新の記事
風も吹くなり 雲も光るなり
at 2016-06-16 18:16
ポジャギ、始めます。
at 2016-06-14 10:23
2016年3月15日、かさこ..
at 2016-03-22 12:17
ただいま。
at 2016-03-19 14:07
私を作った、いくつかのモノ。
at 2012-04-20 08:38
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 03月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
最新のコメント
片想い様初めまして! ..
by おはつ at 15:11
はじめまして 三原の写..
by 片想い at 23:14
鍵コメ様 長いことブロ..
by matsuura-hatsumi at 16:01
ご無沙汰しております。 ..
by いりこ at 08:27
そうそう、私も幼稚園の頃..
by じゅんちゃん at 12:18
「自己中」という怪物が何..
by じゅんちゃん at 17:37
イイネ! よらんし..
by じゅんちゃん at 10:23
改めましておめでとうござ..
by じゅんちゃん at 21:19
乙女ちっくでいいと思いま..
by じゅんちゃん at 10:27
お姉ちゃん、ご卒業おめで..
by じゅんちゃん at 10:21
検索
画像一覧
ライフログ
映画なら
音楽って
私の10冊
人気ジャンル
ファン
ブログジャンル