Top
カテゴリ:家族( 49 )
予防接種
a0068930_1856345.jpg

痛いんだ!
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-08-04 18:56 | 家族
たそがれ、る。
a0068930_18515871.jpg

それ、走れ!やれ、泣くな!
さぁスーパーじゃ!カート転がすどぉ!
夕方5時半から6時半は怒涛の私に息子が付き合う。
買い物が済んで、ふと見る息子は…
遠くの空を眺めていた。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-08-04 18:51 | 家族
音楽が人にもたらす喜び
a0068930_135348.jpg
2009年6月12日晴れ。
娘の初舞台、年に一度の「第9回ミュージックフェスタ」。姉妹校の吹奏楽部が兵庫・大阪から3校、同じ音楽部のコーラス、OBの吹奏楽団が関西から2チーム、そして地元のボーイスカウト・ガールスカウトの子どもたち。恥ずかしながら、ちゃんと吹奏楽を聴くのは初めてで、3時間余りの上演に退屈しないか少し不安だったが「誰がそんな心配せえゆうた!」と叱られそうなくらいの楽しい時間だった。

ブラスバンドの伴奏で「ふるさと」を歌う子どもたち。歌詞を手話で振付けて、語りかけるようにまっすぐ歌ってくれて、その純粋さと「ふるさと」の歌詞がとても合っていて、思わず、、、うるっ!!!
カーペンターズやディズニーのメドレーなど心地よい曲が、耳を心を通り抜けてゆく。
大きな大きなほんとに大きな和太鼓を真ん中に据えての(和)吹奏楽も。

中でも驚いたのは、「今日は歌って踊れる吹奏楽を!」という指揮の先生の掛け声で出てきたのは・・・
なんと「矢島美容室」にそっくりな3人組!メンバーが演奏を始めたのは「ニホンノミカタ ―ネバダカラキマシタ―」!会場がドドっと沸く。こういうところ、さすが大阪の学校だなぁ、垢抜けてるなぁっ・・・
大きな手拍子の中曲が終わり、次はと言うと、また先生が「今度は、皆さんに踊ってもらいましょう!」ときた。
ステージの上から「矢島美容室」の三人が振り付けを観客に指導する。それがいちいち面白い。
「はい、ここで、うぃ~~~~~~!も一回こっち向いてぇうぃ~~~~~~!」
「両手を挙げたら、はい!ここで自分の一番のポーズで決めっ!」
と言った練習を交えながらのレクチャーが終わると本番。曲はご存知、「君の瞳に恋してる(CAN'T TAKE MY EYES OFF OF YOU)」。
ステージと客席のボーダーラインが消えて一体化したというか、参加したという実感があり、とても楽しかった。

そして、娘が所属する吹奏楽団の演奏。娘は出ていないんだけど、ついつい目はコントラバスに・・・
いつかあの場所で演奏する娘を想像しながら聴いた。意外だったのは最後に演奏した「和田アキ子セレクション」で曲目は「笑って許して」「古い日記」「あの鐘を鳴らすのはあなた」。ヒットした歌謡曲を歌無しで聴かせることはそんなに簡単なことではないだろう。でも、私の肌はザワザワと毛羽立ち胸の鼓動は高鳴ってゆく。素晴らしい!力強いソウルフルな演奏。一人ひとり、みんなが主役だ。
そして、ぜひ書きたいのは、演奏している人たちの溢れんばかりの大笑顔。演奏するのが楽しいって体が叫んでいるようだ。厳しいつらい練習の結果だろう。その苦労の末の大大笑顔だ。

フィナーレは、全楽団でハッピ着ての「SORAN」。「ソーラン節」を現代風にアレンジした曲だ。
ここでやっと娘の登場。会場の通路で「ソーラン!ソーラン!」と踊るのだ。
ステージからはみ出した楽団は、マエストロの「どっこいしょぉ~!どっこいしょぉ~!」という掛け声にあわせ体を揺らす。その度に右へ左へと大きなうねりが起こり、心臓のドキドキがマックスになる。

音楽は素晴らしい!拍手!拍手!拍手!
私のレポートが下手すぎて情けない。音楽はそれに携わる人、耳を傾ける人に大きな喜びをくれる。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-06-13 13:04 | 家族
コントラバス
a0068930_15571389.jpg中学校に入学して、娘は音楽部吹奏楽団に入部した。同じクラスのお母さん方の噂で、学校一大変なクラブだと聞いていた。
何が大変なのかも知らないが、とにかく心配した。
慣れない通学に加えてのクラブ活動、毎日ぐったりだが本人はどうも楽しいらしい。
中学高校合わせて100人を超える部員、土曜日まで練習しては日曜日は訪問演奏会や発表会。
もちろん1年生はまだまだ楽器に触らせてもらえない。それでも楽しいらしい。それは単に「音楽が好き」という気持ちからくるものではなく、初めて経験する「ブカツ」という空間にある、違う学年・クラスの子と共有する時間とか、先輩の厳しさ、憧れ・・・新しいものに挑戦する緊張感。いろいろな思いが彼女を動かしているのだろう。

パートが決まった。「コントラバス」だ。

先輩が言ったそうだ。
「毎年、希望のパートになれなくて、がっかりしたり泣いたりする子がいます。でも一生懸命練習していると、きっとその楽器が好きになるから心配しないで。」
すばらしい言葉だと思った。

ピアノも何にも習ったことのない娘。初めての「自分の楽器」はコントラバス。
彼女は既にコントラバスを愛し始めている。


娘が演奏する日を心待ちにしている母です。
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-06-12 15:52 | 家族
お熱、下がりました。
a0068930_11533559.jpgみんなに心配かけて、ごめんなさい。
ようやく、熱が下がりました。
まだまだ咳と鼻水が出るけど、食欲が出てきたのでもうひとがんばり。
月曜には、保育所に行きたいな。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-04-18 11:52 | 家族
ひこうき雲
a0068930_18334757.jpg

39℃を越える熱が続く5日目、小児科の帰りに駐車場でひこうき雲を見た。
ずいぶん前に飛んだ時の雲だろう、短く、もうぼやけている。
泣きそうになった。
上の子を入れると、もう13年も母なのに、子どもの高熱の前にオロオロするばかりだ。
今夜は下がるだろうか。腕の中の息子は、火の玉のように熱い。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-04-16 18:33 | 家族
仰げば尊し
a0068930_10204286.jpgとうとう卒業式。
「泣いたら他人のふりするけぇ」「泣かんわ!」
そんな会話をしていたが、やはり涙が出た。いろいろ、いろいろ、本当にいろいろあっても、長い人生を思うと6年なんてあっという間だ。2クラス50名、小さな学校なので団結力は固かった。いつも「みんなのための自分」を考えているような学年だった。
まさに学校目標の「夢が語れ、誇りを持ち、社会貢献できる子」たちだ。

校歌を伸びやかに歌う子どもら一人ひとりの顔を見ながら思い出を手繰る。みんな新しい環境の中で、たくさんの友達を作り、体を鍛え、勉学に勤しんでほしい。中学生にしかできないことを中学生のうちにやり遂げてほしい。そしてまた、一回り大きくなってほしい。
母は、こんなに澄みきった歌声の、こんなに清々しい歌いっぷりの「仰げば尊し」を初めて聴いた。
これから娘の人生に関わっていく中で、きっと何度もこの歌声を思い出すだろう。


福山市立川口東小学校校歌

歌おうよ 歌おうよ この大地に 萌えるいのちの 歌がある
ゆたかな希望を 抱きしめて あかるい明日へ 伸びていく

川口東 なかよしの たしかな意志の歌がある

歌おうよ 歌おうよ この胸に はずむいのちの 歌がある
大きな希望を 抱きしめて かがやく未来へ 呼びかける

川口東 なかよしの たしかな力の 歌がある

歌おうよ 歌おうよ

川口東 なかよしの いのちの歌声 たからかに



今日の記念に小学校の校歌を。
広島ブログ
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-03-23 10:21 | 家族
卒業
a0068930_16105111.jpg

今朝、通勤途中のカーラジオから、松田聖子の「卒業」が流れてきた。ん?「制服」っていうんだったっけ?後で調べよう。

娘も一番通いたかった学校から合格をもらい期待で胸を膨らませている。

雨上がりの空に、夢が飛んでいる気がした。

----------
やっぱり、タイトルは「制服」。私は確か中学生ではなかったか・・・

♪ 卒業証書抱いた傘の波にまぎれながら
    自然にあなたの横
      並ぶように歩いてたの ♪

よくよく聴いてみると、あんまりいい歌詞じゃないのね。「卒業」って寂しいけれど、羽ばたいて、旅立って、成長する。留まっている訳にはいかない。自分のために。新しい出会いもたくさんあるし、卒業しても変わらない大切な絆もある。

娘が入学する中学校には、誰一人知り合いがいない。それは娘にとって大きな試練だろう。もしかすると娘にとっては、この学校を受験することよりもしんどいことかもしれない。今通っている小学校からは娘しか行かないから説明会などで友達同士で話す子を見ながら、少しうつむいてしまう。ため息をついていたかも知れない。不安で仕方ないのだ。
「大丈夫!きっとすぐに気の合う子が見つかるよ。」
そんな無責任な励ましも、あまり効果がない。

でももういっぺん。「大丈夫!すぐに友達ができるから。」と励まそう。
友達を作るのは容易なことではない。だからこそ大切な存在に、宝物になるんだって、そう話そう。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-03-06 16:10 | 家族
記念日
a0068930_11493860.jpg
今年もやってきました、記念日。ホントは2月1日なんだけど・・・
去年は息子が生まれたてほやほや2ヶ月で。(2008.2.3)
おととしは、娘が私の子どもの頃の着物を初めて着て。(2007.3.4)
今年はガンバって、私も先日手許に来たてのウールで。
慌ててきたので背中心が左に寄ってしまい、右の襦袢がチラチラとはみ出る始末。落ち着いて着付けないと1日ブルーだ。とは言っても2年ぶりくらいの着物にウキウキしてしまった。
10年前に娘に縫った夏の甚平を息子に着させてみた。
来年は、息子も着物でね。
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-03-01 11:47 | 家族
合格祈願
a0068930_2341513.jpg
娘が受験の真っ最中だ。
親のしてやれることがこんなに少ないなんて思いもせず、そりゃ本人の受験だからか、と妙に納得したり・・・

もうひとふんばり、あともうちょっと、ガンバレ娘!
[PR]
by matsuura-hatsumi | 2009-01-17 23:41 | 家族



(有)松浦デザイン事務所広島県福山市曙町5-4-29
by おはつ
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
全体
事務所へようこそ
仕事場にて
日々のできごと
行って来ました
こう思っています
ひと
プロフィール

映画
音楽
法律を勉強中
母として考える
モノと私
美味しいもの
手づくり
家族
好き
着物と和生活
たちまちケータイから
未分類
タグ
(196)
(133)
(72)
(58)
(57)
(40)
(35)
(34)
(32)
(32)
(30)
(28)
(24)
(24)
(21)
(19)
(13)
(13)
(12)
(11)
mail:info@cox10.com
http://www.cox10.com
松浦初実 プロフィール
je-pu-pu 無料カウンタ

Facebookは随時更新しています。ぜひ、お立ち寄りください。

ランキングに参加しています。クリックをよろしくね↓広島ブログ
広島関係のブログを集めたブログ紹介サイトです。

--------------------
● 初めまして松浦初実です。
私のことが見えやすい記事を抜き出してみました。
仕事場ははこんな感じ。
「玄関あけたら・・・」
41歳で二人目の母に。
生まれました!
私のイカシた相棒。
新しい彼は・・・
40以降のKIKKAWAが好き。
燃やせ、パッション
いつも気持ちは卓球少女。
シューズさえあれば
ぜひ、ヒロシマに。
明日の神話
今、法律を勉強しています。
「便所の中でも…」
--------------------
最新の記事
風も吹くなり 雲も光るなり
at 2016-06-16 18:16
ポジャギ、始めます。
at 2016-06-14 10:23
2016年3月15日、かさこ..
at 2016-03-22 12:17
ただいま。
at 2016-03-19 14:07
私を作った、いくつかのモノ。
at 2012-04-20 08:38
記事ランキング
以前の記事
2016年 06月
2016年 03月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
more...
最新のコメント
片想い様初めまして! ..
by おはつ at 15:11
はじめまして 三原の写..
by 片想い at 23:14
鍵コメ様 長いことブロ..
by matsuura-hatsumi at 16:01
ご無沙汰しております。 ..
by いりこ at 08:27
そうそう、私も幼稚園の頃..
by じゅんちゃん at 12:18
「自己中」という怪物が何..
by じゅんちゃん at 17:37
イイネ! よらんし..
by じゅんちゃん at 10:23
改めましておめでとうござ..
by じゅんちゃん at 21:19
乙女ちっくでいいと思いま..
by じゅんちゃん at 10:27
お姉ちゃん、ご卒業おめで..
by じゅんちゃん at 10:21
検索
画像一覧
ライフログ
映画なら
音楽って
私の10冊
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル